ホーム >  ベトナム > ホーチミンの屋台居酒屋、「満まる」(日本式居酒屋)

ホーチミンの屋台居酒屋、「満まる」(日本式居酒屋)

LINEで送る
Pocket

01

201541日、ホーチミン1区のMAC DINH CHI通りに、ど派手にライトアップされた大型の日本食店が開業した。串カツを売りにした屋台居酒屋「満まる」である。間口12m12階合わせて約500平米に140席。41日のグランドオープン以来、助走期間なしに、日本人やベトナム人のお客様で連日満席が続く繁盛店となっている。

「満まる」を運営するのは、大阪府寝屋川市に本社を構えるイートファクトリー株式会社(山口社長)だ。関西を中心に、「満まる」業態など、直営FC合わせて45店舗を展開している(20159月末時点)。海外出店は、このベトナム・ホーチミン店が第一号店舗である。

山口社長によると、アジアを幾度も視察して回った結果、ベトナムは他の国と比べ非常に活気があり、まだ完成されていない市場であることが、参入を決める主な理由になったとのこと。そして視察の度にベトナム人と触れる機会が増え、その純粋さや成長意欲の高さに感銘を受け、将来的にベトナムと日本の人材交流を進めたいとの思いを持ちながら店舗を運営している。

その山口社長が出店を決めたホーチミン1区のMAC DINH CHI通りとは。ホーチミン日本人街であるレタントン通りから車で78分の場所に位置しており、近くでもないが遠くもなく、日本人街から何人かでタクシーに乗れば気軽にお店に寄れる、そんな立地である。この通りには、うどんと焼き鳥で有名な「えびす」やバッテラ寿司が人気の「さかい」など日本レストランが増えているエリアだ。タイミングがあえばレタントン通りより比較的安い賃料で、間口が広い大型物件を狙える。

02

満まるの内装の特徴は、一言で言うと日本の大衆居酒屋そのものである。入り口では巨大な「ビリケン」がお客様をお出迎えする。キビキビ動くスタッフの大きな声の挨拶が店内を飛び交い、壁一面にメニューが張られ、オープンキッチンから客席までぐるりと見渡せる。肩肘張らずに仲間と大きな声で団欒できる雰囲気に仕上がっている。2階は一転、まったく違うコンセプトになっており、中央にある枯山水をあしらった日本庭園を取り囲むように個室が配置されている。明るい1階と違い暗めの照明で、接待やデートに人気だ。

来店客比率は日本人とベトナム人で半々程度。欧米人の姿もチラホラ。特にベトナム人には2階の個室が人気で、ほとんどの日で予約しないと入れない状況になっている。繁忙時はウェイティングが出る日も珍しくない。客単価は250,000300,000VND(推定)。売上は予想になるが順調な様子である。

メニューは、人気の串カツだけでなく、刺身や寿司、焼き物、丼もの、鍋、一品物も多数用意。子供から大人まで、また刺身や寿司が食べられないベトナム人でも十分に楽しめるメニュー構成になっている。またランチ用定食も充実している。メニュー合計数は、260点で、内訳はドリンク63、フード193、デザート4となっている。20159月末現在)。

グランドオープンからすぐに繁盛店の仲間入りをした同店の強みだが、メニュー、価格、接客、立地、内装&物件に注目したい。メニューは既に述べたよう総合メニューとなっており嗜好が人によって大きく分かれるベトナム人を喜ばせられる構成になっている。価格が特徴的で、レタントン通りの日本食レストランと比べ2割程度は安い価格なっている。特にサッポロビール生23,000VNDはダントツの最安値である。この非常にフレンドリーな価格が日本人駐在員はもちろん、ベトナム人に支持されている。

接客についてもおおむね評価が高い。現地スタッフへの教育が行き届いている印象がある。どちらかと言うと恥ずかしがりのベトナム人スタッフが多いのだが、同店のスタッフは、声がよく出ているし動きも早い。これは1度や2度のトレーニングで実現できるレベルではなく、駐在している若い日本人店長が日々手を抜かず自ら実践し、背中で現地スタッフを引っ張り続けている賜物と言える。

03

立地は、日本人街ではないが、ベトナム人にとってはストレスなく通える場所であり、日本人にとってもわざわざ感はそれほどなくさくっと立ち寄れる立地と言えよう。内装&物件だが、ベトナム人は「浦江亭」や「SUSHI BAR」、「北海道幸」など繁盛店を見ても分かるように大型物件を好む傾向があり、同店舗の規模感はベトナム人にとって十分に魅力的なようだ。内装は賑やかしい1階と落ち着いた日本庭園がある2階をそろえ、様々な利用動機を捉えている。

04

今後について。競争が激しく、新規参入が続くベトナム外食マーケット。その中で同店舗が位置する「寿司居酒屋」業態は「北海道幸」、「SUSHI TEI」アッパー業態の「SORAE」、そして現地大横綱のブランドを持つ「SUSHI BAR」など強豪がひしめき、そして新規参入が多いジャンルである。現在、「満まる」がお客様に喜ばれている味や価格や接客、オペレーションをどのように維持向上させていくのかに注目したい。また新規参入してから助走期間なしで繁盛店の仲間入りを果たした「満まる」の取組みは、これから新規参入を考える企業の参考になることが多いと思われる。

【店舗情報】

店名:満まるMANMARU
資本:日本資本
住所:71 MAC DINH CHI ,DIST1,HCMC
営業時間:11:00-24:00
WEB: https://www.facebook.com/manmarusaigon

【メニュー】

*価格単位はすべてVND(ベトナムドン)。10,000VNDは約50円。

ドリンクメニュー(63点)
サッポロビール生23,000
タイガービール25,000
桜酒38,000
ハイボール60,000
ペプシ20,000

フードメニュー(合計193点)
一品(11点、どてやき79,000
揚物・天ぷら(22点、鶏の唐揚げ50,000
串かつ(16点、豚15,000
炭火焼(15点、さんま塩焼き90,000
焼き物(11点、ネギ焼50,000
刺身(17点、満マル盛り合わせ120,000
握り寿司(17点、まぐろ18,000
巻き寿司(9点、鉄火巻き40,000
麺・汁・ごはん(12点、焼きうどん79,000
サラダ(6点、シーザーサラダ69,000
鍋(3点、和風鍋190,000
鍋トッピング(15点、エビ98,000
定食(19点、唐揚げ定食98,000
おすすめメニュー(20点、海鮮納豆120,000

デザート(合計4点)
アイスクリーム(4点、抹茶アイス35,000

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介