ホーム >  インドネシア > 【インドネシア】ジャカルタで営業の日系コンビニ「ローソン」に行ってみた

【インドネシア】ジャカルタで営業の日系コンビニ「ローソン」に行ってみた

LINEで送る
Pocket

asean181205lowson6インドネシアに限らず、外国を訪れたらまず行くべきはコンビニエンスストアである。

コンビニは、その国の縮図である。
現地でしか売られていないものがたくさん売られている。
一方で日本のコンビニにもよくあるもの、または日系企業の製品も置いてある。
海外のコンビニに1時間いるだけで、いくつもの発見を目の当りにできる。

今回筆者は、インドネシアのマンガブサール地区のローソンに足を運びました。

ローソンの店内は……

asean181205lowson7インドネシアに展開する日系コンビニは苦戦している、と言われている。

去年はセブンイレブンの撤退が大きな話題になった。
これは経営陣の失策に起因するものでは一切なく、中央政府の政治方針に終始悩まされた結果と言うべきだ。
小規模小売店に対する外資規制と、アルコール飲料販売の厳格化がセブンイレブンにとっての足枷になった。
これらは言い換えれば外的要因である。

だが、インドネシアに進出している日系コンビニはセブンイレブンだけではない。
asean181205lowson3
ジャカルタのローソンは、日本と全く同じ看板である。
ブルーのカラーに見慣れたロゴ。
店内は現地系コンビニよりも広々としている。
飲食スペースが設けられているのは、日系コンビニ独特の仕様だ。
asean181205lowson4
さて、海外のコンビニでまず注目したいのは飲み物。
コンビニにとっての基本単位は飲料だ。
棚や冷蔵庫を見てみるとインドネシア特有の商品もあるが、このローソンでは伊藤園の『おーいお茶』も売っている。
お馴染みの黒パッケージのウーロン茶もあることには驚いた。
asean181205lowson2
次にインスタント麺のコーナー。
インドネシアのカップラーメンといえば『Pop Mie』が一番有名だが、ここでは日清食品の『カップヌードル』や『U.F.O.』が置かれている。
カップヌードルは他のコンビニにもあるが、U.F.O.はそれよりも見かける機会は少ない気がする。

このローソンに行けば、どちらも買うことができる。

レジ前におでんが!

それよりも驚くべき光景がレジ前にあった。
asean181205lowson5
そこにあったのはおでん。
そう、あのおでんである。
熱帯のインドネシアでおでんを食べるとは何とも不思議な気分だが、現地市民にとっては手軽に日本の料理を味わえる場でもある。

特に魚肉を使った練り物は、インドネシアでは日本ほど見かける機会がない。
意外なことであるが、インドネシアはASEAN諸国の中でも水産物の消費割合が低い国である。
また、インドネシアは主食過多の食習慣で、副菜が少ない。
しかしおでんというのは「副菜の集合体」のようなもののため、その意味からもインドネシア人にとっては新鮮な食べ物なのかもしれない。

改めて、コンビニというのは便利な拠点だと感じる。
日本の料理を現地で普及させるには、高級レストランよりもコンビニを生かしたほうが大きな効果が見込める。

Pontaが利用できる!

もうひとつ、筆者の目に飛び込んだ光景がある。

それが以下の写真だ。
asean181205lowson8
画面の右、おにぎりやサンドイッチが置かれている棚の上にぬいぐるみが置かれている。

これはポイントサービスネットワーク『Ponta』のマスコット。
そう、インドネシアのローソンはPontaに対応しているのだ。
しかもポイントの利用は日尼両国でできるようになっている。
asean181205lowson1
Pontaは現地系コンビニ『Alfamart』でも利用できる。
インドネシアのローソンとAlfamartは、実は同じ企業グループのブランド。
だからこその互換性であるが、これは意外に知られていない事実だ。
インドネシアを旅行したことのあるPontaユーザーは損をしてしまっているのでは……とも邪推してしまう。

ローソンの「可能性」

インドネシアのセブンイレブンは、撤退という結末を迎えたとはいえ現地の若者から根強い支持があった。

そうでなければ「Sevel」という略語で呼ばれるはずはなく、またセブンイレブン撤退のニュースが現地で大きく報道されることもない。

日系コンビニ独自の形態やサービス、商品ラインナップがインドネシア市民にまったく受け入れられていないとしたら、ローソンの命運も既に尽きているはずだ。
そうなっていないのは、現地系コンビニとのある種の棲み分けができているということではないか。

インドネシアの日系コンビニには、まだまだ大きな可能性が秘められている。

【参考・画像】
Ponta公式サイト

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介