ホーム >  タイ > バンコクで9店舗とんかつMAiSENを展開するS&Pグループ

バンコクで9店舗とんかつMAiSENを展開するS&Pグループ

LINEで送る
Pocket

「日本食レストラン、バンコクで飽和 競争激しく」「タイ日本食レストラン競争激化 閉店年間271店」、最近のバンコクの日本食レストラン事情について新聞などのメディアで見られた記事のタイトルである。

そんな日本食激戦地区といわれるバンコクにあって2012年にバンコク1号店オープン後、順調に店舗数を伸ばし9月5日には9号店をオープンしたとんかつMAiSENをフランチャイズ展開するS&Pインターナショナルフーズのライバ・ティラコーン氏(35歳 以下、ニックネームのジェムさんと表記)にインタビューを実施した。

ライバ・ティラコーン氏(ジェムさん)
ライバ・ティラコーン氏(ジェムさん)

記者)母体のS&Pシンジケートについて教えて下さい。
ジェムさん)親会社のS&Pシンジケートは1973年に私の祖母がスクンビット23にアイスクリームパーラーをスタートしたのがはじまりです。のちに子供達、私の父とその兄弟が加わり、現在タイ全土に約450店舗のS&Pレストランなどを展開、また冷凍食品の製造販売やケータリングサービスなど多角経営しています。

S&Pレストラン ドンムアン空港店
S&Pレストラン ドンムアン空港店

S&P Syndicate Public Co.,Ltd.
http://www.snpfood.com/th/
(S&Pシンジケートは2015年の売上高76億バーツを超えるタイ外食大手で中国でのレストラン展開も発表している。)

記者)とんかつMAiSENをはじめたきっかけは
ジェムさん)アメリカの大学を卒業後、2003年から1年間東京の日本語学校に通った後、2008年まで日本で働きました。コンピューターサイエンスを専攻し、職場もその方面でしたが、家業がレストランということもあり、やはり食べること、特に日本食が大好きでいろんなお店を食べて廻りました。

「美味しくて口の中でとろけるとんかつ」と友達から噂を聞いて初めてMAiSENに行ってから、タイから家族や友達が訪ねてくる度にMAiSENに連れて行きました。
(余談であるが、日本では「箸で切れるとんかつ」で知られるMAiSENのキャッチコピーについて、タイ人は箸を使わないためピンとこず「美味しくて口の中でとろけるとんかつ」として知られているとのこと。)

美味しく口の中でとろけるとタイ人から評判のMAiSENのとんかつ
美味しく口の中でとろけるとタイ人から評判のMAiSENのとんかつ
LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。