ホーム >  インドネシア > 【インドネシア】高速道路完全キャッシュレス化を実現!手軽な電子決済カード「e-money」とは

【インドネシア】高速道路完全キャッシュレス化を実現!手軽な電子決済カード「e-money」とは

LINEで送る
Pocket

asean181217emoney3
インドネシアでの生活に必要不可欠なものがある。

それは『e-money』だ。

もっとも、このe-moneyという呼び名は、もともとはマンディリ銀行発行のキャッシュカードを指す固有名詞だった。
しかし今では、他行のキャッシュカードに対しても適応される普通名詞になっている。

e-moneyは非接触式カードである。
電車、バス、高速道路等の交通機関での利用や、コンビニ、レストランでの電子決済にも用いることができる。

外国人にとっても、このe-moneyは必ず持っていなければならないものである。
そう断言できる理由を、以下に書いていきたい。

高速道路では必須のe-money

筆者が配車サービス『Go-Car』を利用した時である。

このサービスはアプリを通じてドライバーと連絡できるようになっているが、その際に「カードを持っているか?」と質問された。
それがなければ、高速道路を使うことができないという。

ここで言う「カード」とは、冒頭のe-moneyを指す。
asean181217emoney1
去年、インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は各都市で慢性化する渋滞の解消策として、このような方針を打ち出した。
「高速道路の完全キャッシュレス化」だ。
2017年10月31日以降は、高速道路での現金利用は一切できなくなった。

しかし、インドネシア市民の乗る自動車にETC端末を搭載しているものは決して多くない。
もちろん、だからといって中央政府が強制的にETC端末を市民に買わせるわけにもいかない。

そこでe-moneyという手段が出てくる。
僅か2万ルピア(約150円)で購入できるこのキャッシュカードは、インドネシアのキャッシュレス化を急加速させた。


ジョコ大統領の高速道路に関する決断は、いささか強引にも感じるが、開始から今に至るまで大きな混乱が発生していないのはe-moneyの効果である。

交通機関から飲食店まで

asean181217emoney2ジャカルタ市内の鉄道や路線バス『トランス・ジャカルタ』を利用する際も、e-moneyが不可欠だ。

使い方は日本の『Suica』とほぼ同様である。
改札機にある認識パッドにe-moneyをかざす。
残高がなくなってきた場合は、駅の窓口かコンビニ、ATMでチャージする。

飲食店でも利用可能だ。
たとえばレストランチェーン『Solaria』は、e-moneyでの支払いに対応する。


e-moneyは、現時点において最も手軽な電子決済と言えるだろう。
クレジットカードのような審査もなければ、スマホを所有する必要もない。
インドネシア人でも外国人でも、2万ルピア出せば買うことができるのだ。

都市のキャッシュレス化

e-moneyは、いずれも銀行系のカードである。

インドネシアの人口は約2億6000万人だが、そのうちの半分は銀行口座を保有していない。
だがe-moneyは口座の有無にかかわらず、誰でも銀行が提供するキャッシュレス決済の恩恵に授かることができる。

この仕組みは、都市部はもとより農村部でも有益なものになるはずだ。
今後のさらなる普及が期待される。

【参考・動画】
Mandiri
Biar Kamu Nggak Salah, Ini Cara Tapping e-Money yang Benar-YouTube
Eating Fried Shrimp at Solaria in Malioboro Mall | Indonesian Food-YouTube

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介