ホーム >  マレーシア > 【マレーシア】マレーシアで食べられるお茶漬け?日本のお茶漬けとどこが違うの?

【マレーシア】マレーシアで食べられるお茶漬け?日本のお茶漬けとどこが違うの?

LINEで送る
Pocket

何かあっさりとしたものを食べたいときやちょっと小腹が空いた時、日本人である私たちは「お茶漬け」を食べることがありますよね!?

マレーシアの華僑の間でもいわゆる「お茶漬け」が存在します。
その名も「擂茶(れいちゃ )」。
今回は、日本人の考える「お茶漬け」とはちょっとかけ離れたお茶漬けについてご紹介します。

擂茶とは?

IMG_7982

マレーシアの擂茶は、華僑(中国系マレーシア人)によって食べられている食事です。

擂茶専門店で食べることができます。
クアラルンプールなどの都会ではショッピングモール内にあるレストラン街に擂茶の専門店が入っていることが多いです。

擂茶を注文すると、豆や葉物などの緑黄色野菜が細かく刻まれたものの上にピーナッツなどがトッピングされたものと緑のスープが一緒に提供されます。

この一見青汁のようにも見える緑のスープが擂茶と呼ばれるマレーシアのお茶なんです!

 

どうやって食べるの?

IMG_7983

食べ方は日本のお茶漬けと同じ!
擂茶を野菜の上にかけ、しっかりと混ぜて食べます。
混ぜていくと中からご飯が出てきます。

擂茶を一旦混ぜてしまうと、お世辞にも「美味しそう」と言うには程遠い見た目に・・・

「本当に美味しいの?」と、疑ってしまう人もいるかもしれません。

食べた感想は?

食べてみるとびっくり!あっさりとしていて美味しいんです!擂茶はお店によって味付けが少しずつ違いますが、基本的に少し苦味があり、野菜との相性が抜群です。

細かく刻まれた野菜には、塩で薄く下味がつけられていて、シャキシャキとした食感もしっかりと残っています。

そしてこのあっさりとした味に、ピーナッツの香ばしさがよいアクセントになっているんです!

ちょっと疑ってしまうような見た目を、見事に良い意味で裏切ってくれるあっさりとしたお茶漬けです。海外ではなかなか日本人好みのあっさりした食事を見つけられない・・・そんな方々にもおすすめです!

擂茶の起源は?

擂茶はもともと客家(ハッカ)と言われる中国の民族によって食べられていたと言われています。
客家がマレーシアに移住し、マレーシア人として住むようになってからも、擂茶は食べられていました。

マレーシアで収穫される葉物の野菜を取り入れるなど、マレーシアらしさを少しずつ出しながら、今でも愛されています。

今や客家にかかわらず、他の民族(広東人、福建など)の華僑たちも擂茶を食べています。

擂茶をどうして食べるの?

IMG_8050

擂茶を煮出している様子

華僑たちはどうして擂茶を食べるのでしょうか?たまたま隣で食べていたローカルに聞いてみることにしました。

彼によると、「体の毒素を体内から排出するために擂茶を食べている」のだそう。

中国料理を始め、マレーシアで食べられる料理の多くは油をたっぷりと使い、濃いめの味付けです。
擂茶を食べることにより、体内の調子を整えようとしているのでしょう。

確かに、とても体に良さそうな食べ物です。

肉類を一切使わないのでベジタリアン料理としても人気です。
何より、とても暑いマレーシアであっさりとして栄養のあるものを食べたいと思う時には、擂茶はぴったり!

日本人にもオススメ?

マレーシア在住や旅行中の日本人にとっても、暑くて食欲がわかない時に、食べやすいご飯だと思います。

日本のお茶漬けとマレーシアで食べられているお茶漬け(擂茶)。
見た目も食べる目的も微妙に違いますが、お茶漬けが愛される食べ物であることには変わりません。

その見た目にびっくりしても躊躇せず、騙されたと思って一度試してみるのはいかがですか?

 

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。