ホーム >  ベトナム > ベトナムローカルスーパーへ行こう!

ベトナムローカルスーパーへ行こう!

LINEで送る
Pocket

最近、日本でベトナムが旅行先として非常に人気が高いせいか、平日にも関わらず日本人観光客の姿を多く見かける。

しかし、いざホーチミン市を散策してみても、どこに行けばいいか分からないといった声を聞く。

そこで、今回はまだ観光スポットとしては有名ではないが、地元ホーチミンの余すことなく楽しむことができるローカルスーパーをご紹介したい。

IMG_1289

こちらはホーチミン市内に32店舗も展開しているcoop martだ。

ホーチミン市1区周辺にも数店舗あるため、町の中心からならタクシーで10分ほどとアクセスも非常に良い。

IMG_1288

まず店内に入る際は、カバンなどの荷物をロッカー係に預ける必要がある。

万引き防止のために行われているようだが、荷物が多い旅行者にとってはありがたい。

IMG_1272

こちらはベトナムのインスタントラーメン。

棚に陳列されえているものだけで優に50種は超える。

実はベトナムは世界有数の即席麺消費国。

2015年に行われた世界ラーメン協会の調査では、年に50億食もの即席麺が消費されており、世界で4番目に消費量が多い国だという。

IMG_1274

そんな即席麵大国で圧倒的な支持を集めているHao Haoである。

ベトナムでは定番中の定番として多くのベトナム人に愛されているベストセラーだ。

しかもこの即席麺、なんと日本企業であるACECOOKが現地で製造販売をしているというのだから驚きである。

日本の商品がベトナムの庶民にまで深く浸透していることはとても誇らしい。

IMG_1302

こちらはフルーツコーナー。

日本にはない南国のフルーツが100円以下の値段で売られている。

IMG_1303

こちらは青マンゴー。

実はベトナムではマンゴーはフルーツであるのと同時に野菜のような使われ方もする。

特にマンゴーの野菜炒めは酸味がきいており、クセになる味なので是非ともご賞味いただきたい。

IMG_1304

日本でも少しずつ知名度を伸ばしているドラゴンフルーツ。

果肉はスイカのような触感と、さっぱりとした味が南国での疲れを癒してくれる。

IMG_1305

日本ではめったにお目にかかれないバレイシン。

形が「お釈迦様の頭の形」に似ているため、漢字文化圏では「釈迦頭」と呼ばれている。

パイナップルとバナナの中間に近い味をしており、ベトナムではシャーベットやアイスにして食べられることが多い。

IMG_1284

こちらはベトナム米の陳列コーナー。

2012年に米の輸出量世界1位の座に輝いたベトナムだけに、米の価格も非常に安価である。

大半の米が5kgで10万ドン(500円ほど)と非常にリーズナブル。

IMG_1265

こちらはベトナムの牛乳。

写真のとおり、ベトナムでは牛乳は「冷蔵庫」ではなく「一般の棚」に陳列される。

IMG_1266

しかも、牛乳には最初から砂糖が入っているため、購入の際には注意が必要だ。

IMG_1291

こちらは大量の油が陳列されている油コーナー。

実は多くのベトナム人には大の揚げ物好きが多く、各家庭にはこのタイプの大型ボトルがストックされている。

IMG_1293

こちらの油は5ℓ で700円と非常に安い。

 

スーパーは現地の人々の生活も垣間見れるため、2年も在住する私でも足を運ぶたびに多くの発見をする事ができる。

皆さんにも、ベトナムにお越しの際は是非ともローカルスーパーを楽しんでもらいたい。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介