ホーム >  タイ > 【タイ】バンコク郊外のローカルカフェはコスパが良い

【タイ】バンコク郊外のローカルカフェはコスパが良い

LINEで送る
Pocket

バンコクはカフェ天国と言われるほど、低価格で質の高いカフェが多くありますが、バンコク郊外では、よりコスパの良いカフェを見つけることができます。
今回は、バンコク郊外に住む日本人にも人気のローカルカフェについてレポートします。

バンコク郊外のローカルカフェの実態

バンコク市内でコスパの良いカフェを見つけるのは難しい

プロンポンやサイアムなど、人が多く集まる市内では、ローカルカフェの中でも比較的価格の高いカフェ(コーヒー1杯60バーツ(約204円))が多いため、低価格でコスパの良いカフェを見つけるのが困難ですが、バンコク郊外になると比較的そのようなカフェを見つけやすくなります。

質の高いコーヒーが25バーツ(約85円)から飲める

バンコク郊外のローカルカフェでは、平均的に25~30バーツ(約85円~102円)ほどでコーヒーを頼むことができます。
ほぼ全てのカフェでホット・アイス・フラッペの3種類を選択することができます。
コーヒー、エスプレッソ、モカ、キャラメルマキアート、抹茶、ココア、チョコレート、フルーツスムージー(バナナ・いちご・パッションフルーツ・スイカ・キウイなど)など様々なメニューがあります。

Wi-Fiや電源があり作業に最適なカフェもある

全てのローカルカフェに共通ではないのですが、Wi-Fiや電源があり、作業するのに最適なカフェもあります。
日本では、Wi-Fiと電源がほぼ確実にあるということでスターバックスなどのチェーン店が人気ですが、バンコクのローカルカフェにもそのような設備が揃っています。

美味しいカフェを見分けるコツは豆から挽くコーヒーメーカーがあるかどうか

美味しいと言われているカフェを見分けるコツは「豆から挽くコーヒーメーカーがあるかどうか」です。
そうすれば、淹れ立てのコーヒーを飲むことができるからです。
他には、フルーツスムージーを注文する場合、シロップではなく、生のフルーツを使用しているかの確認も必要です。
多くのカフェを巡った感覚では、スイカ、バナナ、パイナップルは市場で安く手に入るためフレッシュなものを使用していますが、イチゴ、パッションフルーツ、ブルーベリーなど比較的材料費が高いものはシロップを利用していることがあります。

Home milk coffee barがバンコク郊外に住む日本人に人気

バンコク郊外のローカルカフェ

ローカルカフェの中でバンコク郊外に住む日本人に人気なのが、Home milk coffee barです。
ドンムアン空港から車で20〜30分ほどの場所にあります。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介