ホーム >  カンボジア > 【カンボジア】外国人も起業しやすい!カンボジアで起業から物件契約まで

【カンボジア】外国人も起業しやすい!カンボジアで起業から物件契約まで

LINEで送る
Pocket

カンボジアは外国人が起業しやすい国と言われています。
なぜなら、カンボジア人が起業するのも外国人が起業するのも、手続きは同じだからです。
違いはカンボジアで働くためのビザを取得すること、労働許可証を取得することくらいです。

a02

なぜカンボジア?

お隣のタイはというと、法人設立の際には日本人(タイ以外の外国人)1人に対してタイ人を4人雇用しなくてはいけない、資本金はタイ人51%以上、外国人49%以下の割合で出資しなくてはいけない、という制約があるためにタイ人パートナーを見つけなければなりません。
もちろんタイ人を4人雇用するわけですから、人件費も発生します。
日本人が起業し日本人を1人雇うとしたら外国人が2人になるので、タイ人を8人雇う必要があります。
そうなると経理も煩雑になるので、経理は会計士にお願いすることになります。

しかし、カンボジアではそういう規制は一切なし!
外国人1人だけで会社を作ることができ、出資も外国人100%でも問題ないので、カンボジア人のビジネスパートナーを探す必要がありません。
具体的にカンボジアで法人を設立する流れを簡単に見ていきましょう。

a03
シェムリアップではおしゃれなカフェやレストランが急速に増えています。

まずは物件探し

カンボジアの不動産会社のサイトで物件を探します。
筆者は以前カンボジアで法人を設立し、宿泊業の資格を取得して、ゲストハウスを経営していました。
以下は筆者がシェムリアップでゲストハウス用の物件を探す時に利用した不動産会社のサイトです。
物件数も多く、英語も通じるので日本人でも利用しやすい会社です。

https://www.realestate.com.kh/properties/real-estate-for-sale-in-city-siem-reap/
http://www.siemreapproperties.com/
https://ips-cambodia.com/locations/siem-reap/

このようなサイトで気になる物件があったら、不動産会社にメールをして内見の予約を入れましょう。
立地が良く、賃貸料が手頃な物件はすぐに借り手がついてしまうので、10軒くらいピックアップしておいた方が安心です。
内見の予約をしても、カンボジアに行く前にすでに借り手が決まってしまうケースが多いです。

残念なことにシェムリアップには日本人経営の不動産会社はありません。
筆者が調べた限り、日本語が話せるスタッフがいる不動産会社もありませんでした。
プノンペンには日系不動産会社がありますが、シェムリアップの物件は取り扱っていないようです。
<プノンペンにある日系不動産会社>
スターツ プノンペン
センチュリー21富士リアルティ カンボジア

不動産会社は複数利用で

物件が良くても、不動産会社が頼りないと契約もスムーズにいきません。
例えば、10軒候補を見つけたら1つの不動産会社で探さずに、不動産会社Aで3軒、Bで3軒、Cで4軒、と分けましょう。
そして、不動産会社が信用できるか?担当者が知識豊富で、契約後もサポートしてくれるか?など、物件を選ぶ時と同様に不動産会社に対しても吟味して下さい。

不動産会社がビザ手続き?

カンボジア人がwebで物件探しをすることがあまりないので、不動産会社を訪れるのはほとんどが外国人です。
そのため、不動産業者はその後の手続きもワンストップサービスとして行っていることが多いです。
ビザや法人設立、各種資格取得の手続きも安心して任せられる会社を見つけることができたらスムーズに事が進みます。

入国にはビザが必要

何度もカンボジアに物件の内見に行くと、そのたびに観光ビザ代として30ドル(約3,300円)を支払わなくてはなりません。
そのため、1年間有効の観光ビザを取得することをお勧めします。
1年間何度でもカンボジアに入国できて(1回の滞在は30日まで)7,500円ですから、2回以上行くならこちらの方がお得です。
ただし観光ビザはカンボジア入国時にドルで支払い、数次ビザは在東京カンボジア大使館で円のみのお支払いとなります。

 物件契約

何度か下見に訪れ、信頼できる不動産会社と希望通りの物件を見つけることができたら契約です。
この際に注意すべき点は、現在シェムリアップやプノンペン、シアヌークビルなどの大都市では家賃が上昇し続けていることです。
1年契約の場合更新時には家賃が2倍になることもあるので、多くの日本人は5年や10年と長期契約をしています。
10年契約をしても借り続けないといけないというわけではなく、期間内に解約した場合にはデポジット(敷金)が返金されないだけなので大きな損害はありません。
契約の際は、契約期間内は家賃が変わらないこと、契約期間内解約時のペナルティはデポジット返金不可だけ、と契約書に書いてもらいましょう。
通常不動産会社は契約書の雛型を用意しており、この2点は最初から記載されているケースが多いのですが、契約書は英語で書かれているのでしっかり確認してください。

a06

筆者が契約した物件はこちら。
この荒れ果てた庭がどのように変化するかは以降のお楽しみに。
次回は施工業者についてお伝えします。

※2019年1月時点の情報です。
カンボジア総選挙以降は、外国人の不動産取引が困難になる可能性があると言われていますので、物件契約の前に最新情報を入手して下さい。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介