ホーム >  タイ > 【タイ】バンコクOLのニーズがつまった”OL市場”とは?

【タイ】バンコクOLのニーズがつまった”OL市場”とは?

LINEで送る
Pocket

バンコクのオフィス街で働くOLの必需品がぎっしり詰まった”OL市場”をご存知ですか??
今回は観光客にあまり馴染みのないOL市場についてご紹介します。

”OL市場”はどこにある?

OL01

昼休みビルの中から続々とOLが出てきました。
行き止まりにしか見えないその先は・・・

OL02

進んだ先を右に曲がるとOL市場がありました。
通常OL市場はこのように目立たない場所にあります。

売っている商品は?

会社勤めの女性が必要とするものは、ほとんど揃っています。

OL03

洋服はもちろん。

OL04

通勤用の靴。

OL05

バッグやアクセサリー。

OL07

化粧品。
他にもスマートフォンケースなども多種多様に取りそろえております。

食事もできます

OL08

OL市場の奥は広いフードコートになっていることが多いです。

OL09

フードコートを取り囲むように様々な飲食店が出店しています。

なぜOL?

「OL市場」と呼ばれるように、お客さんのほとんどが女性会社員です。
フードコートや食品売り場には男性の姿もありますが、圧倒的に女性客が多いのです。
「男性はどこで買い物をするのだろう?」と思いますよね?
バンコクの男性会社員は高価なスーツや靴をデパートなどで購入するため、昼休みに衝動買いはあまりしないようです。
それに比べると女性服は安価なものが多く、いくらでも欲しくなってしまう方が多いのではないでしょうか。
ついつい衝動買いをしがちですね。
朝、メイクをしている時に「眉ペンシルがなくなりそう!」と気がついたら昼休みにOL市場で購入できますし、そのついでに新色のアイシャドーも、という女心をついた市場、それがOL市場です。
現在、タイ人女性に大人気の「ぐでたま」などのグッズはデパートに入っているショップで販売されていますが、こういった場所に出張販売所を作ればさらに売れるのではないかと思います。

チェーン店の出店もあり

OL11

タイでは有名なカフェチェーン「CHAO DOI」や「Ochaya」も出店しています。
路面店やデパートに比べると出店料が安いので、海外進出や起業を考えている方はまずはこういった市場からスタートするのも良いかもしれません。
実際に「パッタイ アーリー」という伝説のレストランがあります。
最初はBTSアーリー駅前の屋台でパッタイ(タイ風やきそば)を売っていて、その味が人気となりどんどん支店が増えました。
4年ほど前に全店閉鎖した模様ですが、一時はグランドハイアットホテル地下のフードコートに入っていたほど大人気でした。

OL市場を探そう!

バンコクで女性のニーズを知るには、OL市場を訪れると手っ取り早く情報が得られます。
バンコク市内には無数のOL市場がありますが、そのほとんどが見つかりにくいところにあります。
たとえばこちら。

OL12

一見市場に見えますが、奥に深く伸びていてこちらもOL市場です。
ほとんどの入口が小さくて「ウナギの寝床」のように奥が深い形状が多いです。
また高架下など建物が建てづらい場所にあるのも特徴です。
昼休みのOLがターゲットですから、営業時間は11時頃から14時頃まで。
土日祝日はお休みです。
ですから、夕方に通ると「この広い空地は何?」と不思議に思うかもしれません。
もちろんgoogleマップにも載っていません。
オフィス街を歩いていて偶然見つかることが多いので、ぜひ実際に街を歩いて探してみてください。

●BTSアソーク駅周辺のOL市場●
BTSアソーク駅下車徒歩10分、スクンビットsoi21のsoi3
BTSアソーク駅下車徒歩10分、ラチャダピセーク通り沿い、MADUZIホテル並び
BTSチットロム駅下車、BTSナナ駅方面に徒歩5分、スクンビット通り沿い
など

営業時間:午前11時頃~午後2時頃
電話:なし
休日:土日、祝日、タイ正月、年末年始

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介