ホーム >  ASEAN > 【ASEAN】日系飲食店、食品メーカーが取り入れられそうな東南アジアフード

【ASEAN】日系飲食店、食品メーカーが取り入れられそうな東南アジアフード

LINEで送る
Pocket

今回の記事は少し変わった趣向で、日系の飲食店や食品メーカーが、料理やスイーツ、スナック菓子などを和風にアレンジできそうなローカルフードを紹介したいと思います。

筆者が住むシンガポールは、東南アジアの真ん中あたりに位置しているため、シンガポールのローカルフードに似た料理が東南アジアの他の国にも多くあります。

今回は、そんな東南アジアフードを取り上げました。以下、広く参考になれば幸いです。

地域ごとに違う味付け。もちもち麺に濃厚スープのラクサ

「ラクサ」は、様々な具の入ったスープに太くてもちもちとした米粉の麺を入れた料理です。
シンガポール、インドネシア、マレーシア、タイ南部と、広い地域で食べられており種類も多いです。

シンガポールとインドネシアでは、ココナッツミルクに香辛料をたっぷり入れた「カレーラクサ」という種類が多く食べられています。

マレーシアのラクサは、ココナッツミルクを使用せず、魚を出汁にしたスープに、タマリンドなどを入れた酸っぱい「アッサムラクサ」などが多いようです。

シンガポールのフードコートのアッサムラクサ
シンガポールのフードコートのアッサムラクサ

「カレーラクサ」「アッサムラクサ」というのは大きく分けたカテゴリーで、さらに地域ごとに「ご当地ラクサ」がたくさん存在します。

例えば、シンガポールではカレーラクサの中の「カトンラクサ」という種類のものがポピュラーです。
しかし、シンガポールにはマレーシア発祥のものも数多くあるので、それぞれ好みや気分で選べます。

日本の飲食店なら、ラクサは麺類なので、うどんやラーメンなどにアレンジしたり、また菓子メーカーなら、スープの味をおかきやポテトチップスなどスナックのフレーバーにできそうですね。

東南アジアと南アジアではなくてはならない食材!甘い香りのパンダン

「パンダン」は日本でタコノキと呼ばれていますが、沖縄地方の一部などで見られ本土にはない植物のようです。

しかし、タイからフィリピンにいたる東南アジア全域と、インドやスリランカなどを含む南アジアという広いエリアで、パンダンの葉は香り付けや色付けのために使用されています。

真ん中の緑の葉がパンダン

真ん中の緑の葉がパンダン

 

東南アジアのお菓子は緑色のものが多いですが、それらのほとんどはパンダンが添加されたものです。

ローカルのスイーツショップをのぞいてみると、パンダンが現地でいかに浸透しているのか分かると思います。

IMG_8602 - Copy

シンガポールのスーパーには、パンダンが必ず置いてあります。
生の葉は強い匂いを持ちますが、料理に入れるとほんのり甘い香りになり、他の食材の引き立て役といった感じ。

料理ではカレーや蒸し料理など、様々な伝統料理に使用されます。
また、ご飯にほんのりと甘みを加えたい時は、米を炊く時にパンタンを鍋に入れることもあります。

パンダンは生の葉の他に、冷凍やパウダー状のものもあり加工がしやすい食材です。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。