ホーム >  タイ > 【タイ】「和のテイスト」が人気のカギ

【タイ】「和のテイスト」が人気のカギ

LINEで送る
Pocket

先日エレベーターに乗っていた時に聞いたタイ人女子大生同士の会話です。
「タピオカミルクティー買ってから行くね」
「タピオカ抹茶ミルクの方が美味しいよ」
「本当?じゃあ今日は抹茶ミルクにする!」

バンコクで抹茶はもはや一時の流行ではなく、定番と化していてスイーツを選ぶ際の選択肢のひとつとして定着しています。

アジアと和のコラボレーション、タピオカ抹茶ミルク

タピオカミルクティーの本場は台湾と言われていますが、今や東南アジアや東アジア全域、もちろん日本でも飲むことができます。
日本では最近約20年ぶりにタピオカブームが到来していますが、どこに行ってもっているというほどメジャーではなく、毎日学校帰りに飲む人も少ないでしょう。
しかし抹茶の本場は日本。
タピオカ抹茶ミルクはアジア食材と和食材の見事なコラボレーションです。

タイではフレンチも和風が人気

先日プラザアテネホテルへ食事に行った際のメニューです。

0025

フレンチなのにまるで懐石料理のような盛り付け。

0026

メインは和牛。
メニューには「beef」ではなく「wagyu」と記載されていました。

0027

デザートはゆずのクリームロールとゆずシャーベット。

このコースは特に「日本風」としてメニューに載っているわけではなく、シェフが和食にインスパイアされて作り出された、正統派フレンチです。
しかも、シェフはオランダ人。
オランダ人シェフが和のテイストを盛り込んだフレンチを高級レストランでサーブしているという、人種のるつぼと呼ばれるバンコクを象徴するような食事でした。

逆に言えば、日本人だからと言って和食にこだわる必要はなく、日本人がタイに和のテイストを取り入れたハンバーガー店やイタリア料理店を出店しても成功の可能性はあるわけです。

和菓子よりも和風アフタヌーンティー

続いて欧米人に人気の和風アフタヌーンティーをご紹介します。
バンコクのほとんどの5つ星ホテルではアフタヌーンティーを提供していますが、目立って欧米人に人気があるのは日系ホテルであるオークラ・プレステージバンコクのアフタヌーンティー。
本場ヨーロッパのホテルよりも日系ホテルのアフタヌーンティーが人気とは、意外な感じがしますね。

一般的にアフタヌーンティーは、きゅうりのサンドイッチ、スコーン、プチケーキ、と1年中同じ内容のものを供するのが普通ですが、オークラ・プレステージバンコクでは2か月ごとにテーマを変えて、異なる内容のスイーツを提供しているのです。
テーマは例えば、2月は雪、4月は桜、6月は北海道のラベンダー、8月は海、10月は紅葉というように、日本の季節をコンセプトに据えています。
タイの季節は、2月は冬、4月は夏、6月は雨期の始まり、8月は連日大雨ですから、オークラ・プレステージバンコクのアフタヌーンティーのテーマがタイの季節ではなく日本の季節であることは一目瞭然。
それが日本好きな欧米人に人気の理由となっています。

0022

重箱を重ねたように見えますが、下段は引出しになっています。
スコーンの上には桜の塩漬けが載っています。
和菓子が苦手な人でも、これなら和風スイーツを楽しむことができます。

世界中の人に愛される「和のテイスト」

外国人の中には、生の魚が苦手でお刺身やお寿司は食べられないという人も多いでしょう。
また、和菓子は外国人にとってハードルが高く、こしあんが苦手な外国人はたくさんいます。
しかし、食べ慣れた料理が少し和風にアレンジしてあるものは多くの国の人に受け入れられるようです。
和食に限らずどんな料理でも、日本人の感性を活かして「和のテイスト」を盛り込んで提供すると成功しやすいのではないでしょうか。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介