ホーム >  インドネシア > 【インドネシア】オンライン配車サービスと連携も!ジャカルタのイオンモールに行ってみよう

【インドネシア】オンライン配車サービスと連携も!ジャカルタのイオンモールに行ってみよう

LINEで送る
Pocket

asean190208aeon3インドネシアの都市部は、もはや自動車がなければ生きていけない。

故に、市民にとっては恩恵と弊害がもたらされている。
弊害はやはり交通渋滞だろう。
10年前まで「ASEANの渋滞都市」といえばタイのバンコクだったが、今やその不名誉な称号がインドネシアの首都ジャカルタに移っている。

しかし、物事には何でもプラスとマイナスが存在する。
車が普及していることで、郊外型商業施設を建設しても採算が取れるようになったのだ。
当然のことではあるが、車の普及していない国にそのような施設を作ったところで客は訪れない。
ジャカルタではそれが可能である。

今現在、ジャカルタで最も注目されている郊外型商業施設は、日系イオンのショッピングモールだ。

見慣れたフロア設計

ジャカルタ中心部から車もしくはバイクで1時間程で、イオンモール・ジャカルタガーデンシティに行くことができる。

ここはジャカルタの東端に位置しており、西ジャワ州との州境がすぐそこにある。
しかし、高速道路が通っているため、運と時間帯によってはジャカルタ中心部から向かっても1時間はかからない。
「運と時間帯」というのは、それだけこの都市の交通渋滞が深刻化しているという意味だ。

もちろん、ここに行く価値は大いにある。asean190208aeon21Fエントランスをくぐると、そこに広がるのは食料品売り場。
その設計は、日本人にとっては見慣れたものだ。
とても広いが、驚きよりもむしろ安心感がこみ上げる。

日系の食品メーカーも、多数がインドネシアに進出を果たしている。
あくまでも筆者の主観であるが、ASEAN諸国で日本ブランドがその真価を発揮するのは飲食分野ではないか。
これには外食産業のみならず、食品小売も含まれる。

このイオンモールでは、寿司の小売コーナーがあった。
インドネシアでは極めて珍しいものだ。asean190208aeon1ここで購入した寿司は、すぐ横にある喫食コーナーで食べることができる。
イオンモールに限らず、インドネシアのショッピングモールはこうした喫食コーナーが随所に配置されている。
それについては後述したい。

大きな買い物のあとは

いくら高速道路があるとはいえ、利用客の大半は遠方から来た人々である。

郊外まで出向き、寿司だけを数巻購入しその場で食べて帰宅、ということはあまりないだろう。

つまり利用客は、ある程度大きな買い物をしに来ているということだ。asean190208aeon4イオンモールには、日系家電量販店のベスト電器が入居している。
このベスト電器は、インドネシアでは随分と知られた存在。
店員は法被を着ていて、日本式の接客で我々を迎えてくれる。
その雰囲気は、日本国内の店舗とほぼ同質だ。

家電量販店は、ある意味でその国の状況を反映している。
どのメーカーのどのような製品が売れ筋なのかを一目で判断できるからだ。

たとえば、洗濯機。
インドネシアでは二槽式洗濯機の人気が根強いと言われてきたが、それでもドラム式洗濯機の存在感が徐々に大きくなっている。
時代の流れは、この国にも及んでいるようだ。

さて、ベスト電器で大きな買い物をした利用客は、その後どこへ行くだろうか。
そのまま駐車場に戻ることはない。
喫茶店で一息つこうと考えるのが人情というもの。asean190208aeon5イオンモールがフロアの各所に飲食店や喫食コーナーを配置しているのは、つまるところそうした理由である。
ディナーを楽しめるレストランから喫茶チェーン店、アイスクリーム店、ファストフード店、たこ焼き屋まで入居しているのがインドネシアのイオンモールの特徴だ。

それと並行して、オンライン配車サービスGo-Jekが展開する飲食関連イベントもこのイオンモールで開催されている。

Go-Jekとの連携

Go-JekがフードデリバリーサービスGo-Foodを運営していることは、既に教えてASEAN.NETで配信している。
そのGo-Foodが、フードコートイベント『Go-Food Festival』を開催しているということも既報の通り。asean190208aeon6このGo-Food Festivalに出店しているのは、いずれも現地の中小零細業者。
Go-Jekのキャッシュレス決済サービスGo-Payと連携させることで、中小事業者に店舗拡大のチャンスを提供しようという試みだ。

Go-Food Festivalでは、決済はGo-PayのQRコード認識のみ。
しかし、現金をGo-Payの残高にするカウンターも設けられている。asean190208aeon7現地系キャッシュレス決済サービスは、日系企業にとってももはや見過ごせない存在となった。
Go-Food Festivalに限らず、イオンモールに入居する各店舗でGo-Payを利用できるようになった。
帰宅する際も、イオンモールにGo-Jakを呼び出すことができる。

これはインドネシアを訪れる日本人にとっては、非常にありがたい要素でもある。
インドネシアはジュネーブ道路交通条約に加盟しておらず、故に日本との国際運転免許証が発行されない。
そのため日本人は市内の移動を公共交通機関かタクシーに頼るしかない。
会計が明瞭なオンライン配車サービスは、外国人にとっても極めて重要な足なのだ。

インドネシアでのビジネスは、オンライン配車サービスの存在なしには考慮できない状況になっているといえる。

【住所】
イオンモール・ジャカルタガーデンシティ店
Jl. Boulevard Jakarta Garden City
Jakarta Garden City, Cakung
East Jakarta , 13910, Indonesia

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介