ホーム >  カンボジア > 【カンボジア】レユニオン島料理とクラフトラム酒を楽しめる!シェムリアップのカジュアルフレンチレストラン

【カンボジア】レユニオン島料理とクラフトラム酒を楽しめる!シェムリアップのカジュアルフレンチレストラン

LINEで送る
Pocket

カンボジアでまさかのレユニオン島料理!?

georges_01

店内

インド洋に浮かぶフランス領の島、レユニオン島をご存知ですか?
マダガスカルとモーリシャスの間に位置する島と言うと、イメージしやすいのではないでしょうか。

日本の方にはあまり馴染みがないかもしれませんが、火山や渓谷、美しい海に囲まれた自然豊かなレユニオン島は、世界各地から多くの観光客が訪れるリゾート地です。

多様な民族が住む国際的な島としても有名で、様々な国・地域の影響を受けた独自の文化が発展している点も特徴的。

そんな環境で生み出されたのが、ヨーロッパ、西アフリカ、南北アメリカの食文化が融合した、「クレオール料理」と呼ばれる郷土料理。

なかなか食すことができない「クレオール料理」ですが、なんとカンボジアで本場の味を堪能できるレストランがあるのです。

オーナー夫妻の真心がこもった料理と空間

georges_main

オーナー夫妻のSebastien さん(右)、Aiさん(左)

アンコールワットを有する、カンボジアの観光地シェムリアップ。
市内中心地からトゥクトゥクで5分ほど走ったところに「Georges French Restaurant Siem Reap」があります。

落ち着いたインテリアに温かい雰囲気が漂う店舗で迎えてくださったのは、2代目オーナーで料理長のSebastien Fevrierさん(以下、Sebastienさん)と、奥様のAiさん。
Sebastienさんはレユニオン島、Aiさんは日本出身です。

店舗は、Sebastienさんのお父様であるGeorgesさんが約5年前に開業。
レユニオン島と同じく元フランス領であり、南国の雰囲気を持つカンボジアの風土に親しみを覚えたことがきっかけだったといいます。

georges_02

テラス席

2015年からは、ご夫妻が中心となって店舗を運営。
Sebastienさんは元々、鉱業などまったくの異業種に従事していましたが、代々受け継いだ伝統の味を守り、現在では料理長として腕を振るっています。

店内のアットホームな雰囲気は、まさにご夫婦による丁寧な接客の賜物。
料理を提供する際には、ご夫婦がそれぞれ席に現れて説明をするなど、お客様とのコミュニケーションを欠かしません。

取材に訪れたのは、月曜日の夜。
定休日明けは特に混雑するとのことで、室内席、テラス席、バーカウンター席ともに満席でした。

georges_03

テラス席、バーカウンター席

欧米のお客様が多いように思われましたが、中国の方なども多いそう。

在住者のみならず観光客にも大人気のお店です。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。