ホーム >  カンボジア > 【カンボジア】レユニオン島料理とクラフトラム酒を楽しめる!シェムリアップのカジュアルフレンチレストラン

【カンボジア】レユニオン島料理とクラフトラム酒を楽しめる!シェムリアップのカジュアルフレンチレストラン

LINEで送る
Pocket

カンボジアでまさかのレユニオン島料理!?

georges_01

店内

インド洋に浮かぶフランス領の島、レユニオン島をご存知ですか?
マダガスカルとモーリシャスの間に位置する島と言うと、イメージしやすいのではないでしょうか。

日本の方にはあまり馴染みがないかもしれませんが、火山や渓谷、美しい海に囲まれた自然豊かなレユニオン島は、世界各地から多くの観光客が訪れるリゾート地です。

多様な民族が住む国際的な島としても有名で、様々な国・地域の影響を受けた独自の文化が発展している点も特徴的。

そんな環境で生み出されたのが、ヨーロッパ、西アフリカ、南北アメリカの食文化が融合した、「クレオール料理」と呼ばれる郷土料理。

なかなか食すことができない「クレオール料理」ですが、なんとカンボジアで本場の味を堪能できるレストランがあるのです。

オーナー夫妻の真心がこもった料理と空間

georges_main

オーナー夫妻のSebastien さん(右)、Aiさん(左)

アンコールワットを有する、カンボジアの観光地シェムリアップ。
市内中心地からトゥクトゥクで5分ほど走ったところに「Georges French Restaurant Siem Reap」があります。

落ち着いたインテリアに温かい雰囲気が漂う店舗で迎えてくださったのは、2代目オーナーで料理長のSebastien Fevrierさん(以下、Sebastienさん)と、奥様のAiさん。
Sebastienさんはレユニオン島、Aiさんは日本出身です。

店舗は、Sebastienさんのお父様であるGeorgesさんが約5年前に開業。
レユニオン島と同じく元フランス領であり、南国の雰囲気を持つカンボジアの風土に親しみを覚えたことがきっかけだったといいます。

georges_02

テラス席

2015年からは、ご夫妻が中心となって店舗を運営。
Sebastienさんは元々、鉱業などまったくの異業種に従事していましたが、代々受け継いだ伝統の味を守り、現在では料理長として腕を振るっています。

店内のアットホームな雰囲気は、まさにご夫婦による丁寧な接客の賜物。
料理を提供する際には、ご夫婦がそれぞれ席に現れて説明をするなど、お客様とのコミュニケーションを欠かしません。

取材に訪れたのは、月曜日の夜。
定休日明けは特に混雑するとのことで、室内席、テラス席、バーカウンター席ともに満席でした。

georges_03

テラス席、バーカウンター席

欧米のお客様が多いように思われましたが、中国の方なども多いそう。

在住者のみならず観光客にも大人気のお店です。

定番クレオール料理のほか、自家製ソーセージ料理も人気

「Georges French Restaurant Siem Reap」の料理の特徴は、多様な食文化を折衷して生まれたクレオール料理をベースとし、さらに独自のエッセンスを加えたフュージョン料理。

「レユニオン島料理」や「クレオール料理」と言ってもイメージが湧かない方のために、島のおすすめメニューをAiさんに教えて頂きました。

・ROUGAIL SAUCISSE($8.5)

georges_04

ROUGAIL SAUCISSE($8.5)

ポークソーセージをトマト風味とスパイスが効いた「ルガイユ」というソースで煮込んだもの。
クレオール料理の定番で、一番人気のメニューでもあるそう。

辛すぎないものの、スパイスの香りがしっかりと効いていて、ご飯が進みます。
付け合わせのシャキシャキとしたサラダが箸休めにも。

・VINDAIL FISH($9.5)

georges_05

VINDAIL FISH($9.5)

白身魚の切り身を粒マスタード、ニンニク、唐辛子、玉ねぎ等で味つけしたもの。
ほのかな甘みにマスタードの酸味が効いており、白ワインに合いそうです。

その他、自家製のソーセージを使った「CREOLE CASSOULET($12.0)」「SAUCISSE AND BACON PUREE ($14.0)」といったメニューも人気があるそう。

georges_07

自家製のジャムとチリ

南国ならではのフルーツや香辛料をたくさん使って頂くのがクレオール風。
料理の味を引き立てるジャム、チリもすべて自家製です。

料理は、3種類のジャムと3種類のチリをつけ、お好みで甘さと辛さを調整しながら頂くことができます。

カンボジア産の原材料で作るクラフトラム酒も人気の秘密

「Georges French Restaurant Siem Reap」の特色は料理のみにあらず。

店舗裏手にラム酒の蒸留所があり、オリジナルのクラフトラム酒を味わえる場所としても有名なのです。

georges_10

ラム酒の製造工程を説明するSebastienさん

サトウキビ栽培が盛んなレユニオン島では、ラム酒が名産品となっていますが、実はカンボジアもサトウキビが豊富に収穫される国の一つ。

カンボジアで採れたサトウキビを原材料とし、レユニオン島およびFevrier家に伝わる秘伝のレシピを元に作られる、香り高く濃厚なラム酒を楽しむことができます。

計12種類のラムフレーバーに使用されているのは、いずれもカンボジア産の天然のフルーツやスパイス。

試飲セット($5.0)では、あっさりとしたフレーバーからデザート系の甘いものまで、全種類を少しずつ、じっくりと味わえます。

georges_08

クラフトラム酒の試飲セット($5.0)

さらに、店舗横にはラム酒の製造工程を展示しているスペースがあり、Sebastienさん自ら説明をしてくださいました。

georges_09

 ラム酒の製造工程を説明するSebastienさん

クラフトラム酒は店内のお土産物コーナーで購入可能であるほか、好みのフルーツやジャムを入れ、自作のラムを作ることができる体験ツアー($15.0)も。

georges_12

店内のお土産物コーナー

観光客にとっては、とっておきのカンボジア土産になりそうです。

georges_11

好みのフルーツやジャムを選び、自作のラム酒を作れる体験ツアー($15.0)

人気の秘訣は、ユニークなメニューとフレンドリーで抜群のおもてなし

所在地は、いわゆる飲食店密集地ではないにも関わらず、口コミで評判が広がり大人気の「Georges French Restaurant Siem Reap」。

観光地シェムリアップらしく、観光客もよく訪れます。
少し長い滞在の場合、毎日カンボジア料理を食べていると飽きてしまうもの。

そんな時に、ウエスタン、イタリアンでも中華でもないレユニオン島料理は、新鮮なオプションとなるのでしょう。
島特有の稀有なメニューと期待を裏切らない味で、旅行中の「食」の充実に一役買っているのです。

さらに、なんといっても注目すべきなのは、オーナー夫妻の人柄と満席時にも一切手を抜かない心温まる接客。

笑顔を絶やさず、必ずテーブルで1品1品料理の説明をしてくださいます。
レストランの口コミサイトでも、お二人が作り出す居心地の良さへの評価がずらりと並んでいるのです。

カンボジア産の原材料を使用した、ここでしか楽しめないラム酒やカクテルも高評価。

ゆっくりと食事を楽しみながらオーナー夫妻のホスピタリティに触れれば、人気の理由がすぐに分かるでしょう。

———————————————-
■Georges French Restaurant Siem Reap
【電話】+855 (0)96 861 7448
【定休日】日曜日
【営業時間】16:00-22:00(L.O 21:30)
【ホームページ】https://www.georges-rhumerie.com/
【Facebookページ】https://www.facebook.com/frenchrestaurantsiemreap/

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介