ホーム >  マレーシア > 【マレーシア】【2019年旧正月】販売商戦の立役者アンパオとは?その宣伝、訴求効果とは?

【マレーシア】【2019年旧正月】販売商戦の立役者アンパオとは?その宣伝、訴求効果とは?

LINEで送る
Pocket

訪日旅行客が増えたことで日本でも認知度が高まった中華圏の旧正月(春節)。
東南アジアでもシンガポール、マレーシア、インネシア、タイなどで旧正月(Chinese New Year)は祝日となっている。

旧正月は太陰暦に基づくため、毎年日程が変わる。
マレーシアでは2019年は2月5日、6日が祝日となった。
中華系マレーシア人にとって新年を迎えるだけではなく、旧正月は一年を通じてもっとも消費が活発となるため経済的にも重要な期間となる。

angpao販促事例

小売業、飲食店関連は各種プロモーションを実施する中、よく見かけるのがアンパオ(紅包=Ang Pao)を使ったもの。
アンパオとは旧正月の期間、(主に)赤いぽち袋の中に少額のお札を入れて配るという習慣だ。

よく日本のお年玉に似ていると言われることもあるが、異なる点は会社内からガード(コンドミニアムなどに在駐するセキュリティ)まで配る相手がかなりの広範囲に及ぶことだ。

アンパオを使ったプロモーション事例

このように風物詩ともいえるアンパオだが、旧正月商戦には欠かせない重要なアイテムとなっている。
実際にどのような形で展開されているか以下プロモーション事例をお伝えする。

ウタマショッピングセンター

angpao販促事例

angpao販促事例

マレーシア最大のショッピングモールと言われる1ウタマ・ショッピング・センター(1 Utama Shopping Centre)
旧正月直前の1月16日〜2月4日までRM300(約8,135円)以上をモール内で利用しレシートを持参することでもらうことができる。
このアンパオは、シールや飾り紐などがついた豪華セットとなっており人気だ。

サブウェイ

angpao販促事例

angpao販促事例

世界一の店舗数を誇るサンドイッチのサブウェイ(Subway)
サンドイッチを購入すると先着順で5枚入りのアンパオを配布。
さらに中には、次回来店時に使用できるクーポンが入っていた。
フットロングサイズのサンドイッチをRM15(約405円)※、6インチのサンドイッチとドリンクを買うと、6インチのサンドイッチに使用できる。

※単品の通常価格は半分のサイズの6インチでRM12(約324円)前後。

ナンドス

angpao販促事例

南アフリカ発のピリ辛チキン料理を中心としたファミリーレストランチェーンのナンドス(Nando’s)
通常は5枚セットになっていることが多いアンパオだが、配布しているのは1枚。
これは来店客に対してのものである。
中には次回から使える割引クーポンが入っており、RM88(約2,386円)以上の会計からRM18(約488円)割引くというもの。
「8」は中華系の間で縁起がよい数字とされていて、商売関連で使われることが多い。
クーポンの使用期限は2019年3月17日まで。

宣伝効果にも一役買うアンパオの袋

旧正月前には中華系住民の多いエリアでもマーケットが多くたつ。
アンパオももちろん売っているのだが、冒頭でもお伝えしたように日本のお年玉とは違い、とにかく誰彼構わず渡すことになる。
つまり何枚あっても困らないし、なるべくお金をかけずに調達したい。

また、ショッピングモールや飲食店の名前を入れられるアンパオをプロモーションで配布するのは、宣伝効果に繋がったり、クーポンを封入することで販売に繋げることができる。
また品質やデザインの良いアンパオは、ブランドやショッピングモールにとってはイメージアップにも繋がる。

このように旧正月商戦において、アンパオを使ったプロモーションというのは双方にとってメリットがあるのが特徴である。


angpao販促事例

日本では昔から二八(にっぱち)と言われ、俗に消費が下がるとされている2月であるが、マレーシアでは逆に商機となっている。
一見地味にも見えるアンパオを配布するプロモーションだが、意外にも訴求効果が高いかもしれない。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介