ホーム >  カンボジア > 【カンボジア】“クメール正月”がやって来る!お正月に気をつけたい3つの注意点

【カンボジア】“クメール正月”がやって来る!お正月に気をつけたい3つの注意点

LINEで送る
Pocket

unnamed (1)

1年に3回もあるカンボジアのお正月とは?

多くの日本人が聞いて驚く、1年に3回もあるというカンボジアのお正月。
今回は、そのカンボジア独特の文化について、そしてクメール正月で気をつけるべき3つの注意点について解説します。
もうすぐやってくるクメール正月に向けて、今から準備をしておきましょう!

まず1回目のお正月は・・
★インターナショナルニューイヤー

こちらは1/1、世界共通のお正月ですね。
筆者がカンボジアに住み始めた8年前は、インターナショナルニューイヤーはほとんどカンボジア人に認知されておらず、皆が普段通り仕事や学校へ行っていた記憶があります。
今でも大きな祝祭日という認識ではありませんが、それでも1/1は仕事が休みになる工場や会社が多くなってきました。
若い世代がカウントダウンを楽しむ様子も見られています。

2回目のお正月
★中国正月

中国正月はカレンダー上は祝日ではありませんが、主に中華系カンボジア人によって祝われる旧暦のお正月で、毎年2月頃に祝われています。
線香を立てお供え物をし、紙でできた100ドル紙幣が軒先で燃やされ、爆竹が鳴り響き、大々的に祝われます。
カンボジアは古くから中国人の移民が多くいるため、「おばあちゃんが中国人で・・」「さかのぼるとお父さん方が中国系で・・」という中華系カンボジア人はかなり多いです。
やはり商売上手な血筋だからなのか、中華系カンボジア人はお店や商店を営む人が多く、中国正月にはそのほとんどのお店が閉まってしまいます。

最後の3回目のお正月
★クメール正月

こちらは毎年4/14~4/16(陰暦により多少異なる)に祝われるカンボジアのお正月。
中華系カンボジア人にとっても大切な、カンボジアで最も大きな祝祭日です。
4/13が大晦日、4/14が新年、4/17は振替休日となり、前後約一週間はお正月期間となります。
毎年占いによって新年の時間が決められ、その時間に降りて来ると言われている女神をお供え物を用意して迎え、家族親族一同でお寺を幾つも巡り、線香をあげて経を唱え、徳を積みます。
ほとんどの人が田舎へ帰省し、家族と共にご馳走を食べ、お酒を飲み、カラオケで歌い、毎日がお祭り騒ぎとなります。
多くのカンボジア人が、クメール正月を待ちわびています。

unnamed (5)

クメール正月に気をつけたい3つの注意点
①お店が開いてないため、買い物に注意

クメール正月はカンボジアで一番大きな祝祭日のため、大型連休となり皆が田舎へ帰省します。
そのため、プノンペンはほとんどのお店がお休みとなり、街はシャッターだらけでゴーストタウンのように閑散とします。
普段は常に大渋滞しているプノンペンですが、この期間は車もバイクもまばらに。
ローカル市場で開いているお店もほんのわずかで、品揃えも期待できません。
そして正月準備が始まる頃から、急に全ての物価が上がり始めます。
飲食店などで使用する食材は、早めに確保しておくことが懸命でしょう。
今はイオンなど年中無休で営業しているお店もあるので、さほど困らないかもしれませんが、自炊派の方は食材の買い溜めを、外食派の方も食料の確保をしておくと便利かもしれません。

unnamed (3)

②泥棒やひったくりが急増!正月前後は犯罪が増える

クメール正月の少し前から、お正月費用を稼ごうと夜間の泥棒や昼夜問わずのひったくりなど、犯罪が急増します。
外国人は標的になることが多いので、クメール正月前は十分注意が必要です。
また、正月中は朝からお酒を飲む人が多いため、酔っ払った人とトラブルにならないよう、注意を怠らないことが肝心です。
思い切って、クメール正月期間中は日本へ帰国したり、近くの国に出かけて休暇を楽しむのも、ひとつの手かもしれません。

unnamed (4)

③多発する交通事故に注意!

クメール正月期間中は、とにかく交通事故が多発します。
田舎に帰省するバスや、アンコールワットなど観光地に向かう車やバスが増えることや、飲酒運転が増えることが原因として考えられます。
交通警察は、「2018年4月13~17日までのクメール正月中、91回の交通事故が発生し、47人が死亡した」と発表しています。
飲酒運転者の無理な追い越しやスピード過多による事故は、注意していても防ぎようがありません。
クメール正月中の長距離移動や旅行には、いつもとは違った危険が伴うことを十分理解した上での計画が必要でしょう。

unnamed (2)

 

今回は、近づくクメール正月に向けて、3つの注意点をお伝えしました。
生じかねない危険を理解し、十分注意を払い、クメール正月に備えていきましょう。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介