ホーム >  マレーシア > 【マレーシア】日本食進出の余地を残す避暑地キャメロン・ハイランドとは

【マレーシア】日本食進出の余地を残す避暑地キャメロン・ハイランドとは

LINEで送る
Pocket

キャメロン・ハイランドとは

熱帯の国マレーシアだが、高原避暑地と呼ばれる場所がいくつかある。
そのうちの一つがクアラルンプールから北へ約200km、車や長距離バスで4~5時間程の標高約1500mに位置するパハン州キャメロン・ハイランド(Cameron Highlands, Pahang)だ。

キャメロンハイランド日本食
マレーシアを代表する避暑地のキャメロン・ハイランド

イギリス植民地時代に開拓されたため、当時のヨーロッパの雰囲気を今なお残しつつ、のんびりとした山あいの田舎といった風景が魅力の地である。

気候は年間を通じて20度前後と涼しく、高級茶葉のボー紅茶(Boh Tea)の産地としても知られている。

やや古い統計ではあるが、2010年の国勢調査によると人口約3万8,000人(※1)に対し、年間ビジター数(旅行者など)は30万人とのことである。

※1…参照URL:WWW.CITYPOPULATION.DE

キャメロン・ハイランドにはいくつかの小さな街が点在するが、中心となるのは長距離バスの発着ターミナル「ターミナル・フリージア(Terminal freesia)」があるタナー・ラタ(Tanah Rata)。
アクセスが良いため、ツーリストが最初に立ち寄る街でもある。

キャメロンハイランド日本食
旅行客で賑わうタナー・ラタの街

年間を通じて常に人であふれ、活気があるのだが、今まで日本食レストランはなかった。
正確には2018年には日本&韓国レストランが1軒あるだけだった。
2019年現在はもう2軒増えたが、日韓料理のレストランと、弁当やタピオカドリンクを扱う店となり、やはり純日本食レストランとは言えない。

一見の客が多いとはいえ日本食のニーズは高い

実はタナー・ラタ周辺には日本人が意外と住んでおり、日本人会(キャメロン会)もある。
というのも、気候が良く物価が安いため、ロングステイヤー(日本人は主に長期滞在ビザ所有のリタイアメントの方たちなど)が年間を通じて訪れるからだ。

ところで、キャメロン・ハイランドへのアクセスで主流はクアラルンプール、イポー(Ipoh)、ペナン島(Penang)からの高速バスとなる。
ここで上げた街はどこも観光地で、日本食レストランには困らない。
ところがキャメロン・ハイランドでは、コンビニでおにぎりも売っていない。

滞在者が多く、日本食の需要がありそうなのにもったいないとも思える。

現段階で純日本食レストランの供給

キャメロンハイランド日本食
高原のステーキ丼セット

タナー・ラタには、バスターミナルから続くメインストリートに日韓料理レストラン「高原(KouGen)」がある。
以前は日本食を扱うレストランがここ1軒のみだったため、ディナーの時間帯は人があふれていた。

しかし、2018年に開業したばかりの四つ星ホテル「アビリオンキャメロンハイランド(Avillion Cameron Highlands)」に、冒頭でお伝えした2店舗がオープンした。
山小屋やロッジなどをイメージし築年数を経た周囲の宿泊施設と比べると、新しさが際立つホテルの階下には、ショッピングモールキャメロンフェアショッピングコンプレックス(Cameron Fair Shopping Complex)」が併設されていて、キャメロン・ハイランドの注目スポットになりそうだ。

2店舗目となる日韓レストラン

キャメロンハイランド日本食

キャメロンハイランド日本食
日本をイメージした赤提灯などが目立つ、ミソキムチの店内装飾
キャメロンハイランド日本食
ミソキムチの日本食メニューの一部

そのキャメロンフェアに2018年11月にオープンした日韓料理レストランミソキムチ(Misokimchi)」
日本式のお弁当、すきやき鍋、韓国式の鍋、ビビンバや焼き肉など、日韓料理がメニューに並ぶ。
前菜にはたこ焼きや枝豆など、定番の日本食も。
実は、系列店のイタリアンレストランがすぐ近くにあり、そちらのメニューのオーダーができる。
もちろん、上記のイタリアンレストランで、ミソキムチの料理を注文することも可能だ。

日本で高原リゾートというと価格が高いイメージがあるが、バックパッカーが多いことからか意外にも抑え目である。
一例として照り焼きチキン弁当RM24.9(約655円)、すき焼き鍋1人前RM36.9(約970円)、キムチチャーハンRM16.8(約442円)

個人的な印象ではあるが、クアラルンプールやマラッカ、ジョホール・バル、ペナン、イポーなどの地方都市における日本食レストランと比較すると、そのクオリティーが高いとは言い難いように感じられた。

周辺は西欧からのツーリスト向けなのか酒も提供するウェスタン、ローカル向けの鍋料理、中華料理、インド料理、カフェが多くあるのだが、2軒のみの日韓レストランは競合があまりなく強みになっているのではないだろうか。

人気のタピオカドリンクと日本式弁当ショップ

キャメロンハイランド日本食
チャットはジョホール・バル発のタピオカミルクティーチェーン
キャメロンハイランド日本食
店頭には日本食をイメージした、持ち帰り弁当メニューの看板がある

ミソキムチの隣には、こちらも日本を意識したタピオカドリンクショップ「チャット(Chatto/茶杜)」がある。
店の看板には「手作ティー専門店」と日本語での表記があるほどだ。
2017年にジョホール・バル(Johor Baharu)でスタートした同店は、日式(日本式)だというお弁当も販売していた。

お弁当の種類としては「お好み焼きチキン弁当」など、いわゆる海外で目にする日本食といった内容。
それでも気軽に持ち帰れる日本食としてお弁当に興味を持ち、足を止めたり、実際に注文していた人がみうけられた。

日本食進出が期待されるエリアも

キャメロンハイランド日本食
高原で提供されてい緑茶(有料)は中華風の茶器でサーブ

マレーシアではビーチや高原などのリゾートエリアに、ローカルのみならず欧米諸国、日本、韓国、中国本土などから多くのツーリストが訪れる。

クアラルンプールなどでは日本食全般の人気が高く、実際に「日式(日本式)」というワードがあるだけで注目度が高い。
だがすでに定着期に入っていると考えられるため、アイディアが試される激選区でもある。
しかし都市や地域によっては、日本食自体の需要と供給のバランスがよいとはいえない。
今回ご紹介したキャメロン・ハイランドも市場として今後が期待できるエリアの一つであると感じた。

【記事内のレストランやショップ情報】
店舗名:高原(KouGen)
住所:35 Main Road, Tanah Rata 39000
電話:012-377 0387
Facebook:
https://www.facebook.com/pg/KouGen-168561333223794/about

店舗名:ミソキムチ(Misokimchi)
住所:Cameron Fair, C-G-9, Jalan Camelia, Tanah Rata 39000
電話:012-500 8589、05-485 1249
Facebook:https://www.facebook.com/Misokimchi.ch

店舗名:チャット(Chatto/茶杜)
住所:Cameron Fair, C-G-8, Jalan Camelia, Tanah Rata, 39000
URL:https://www.chatto.com.my/

※1マレーシアリンギット=約26.3円で計算

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介