ホーム >  マレーシア > 【マレーシア】行列ができる日本スタイルのしゃぶしゃぶ店SUKI-YA(すき屋)

【マレーシア】行列ができる日本スタイルのしゃぶしゃぶ店SUKI-YA(すき屋)

LINEで送る
Pocket

赤道に近い熱帯の国・マレーシアの人気料理といえば、マレーシア風鍋とも呼ばれるスチームボート(Steam Boat)。
出汁(主に鶏を使用したもの=チキンブロス)に肉や魚介、野菜や練りものなどを入れて煮込み、とうがらしなどの薬味をつけて食べる、いわば寄せ鍋だ。

以前取材したKuro Japanese Steamboatローカルが提供する本格派しゃぶしゃぶ店!マネージャーが語る極意とはでは、現在、主力メニューのブランド豚のみならず、マレーシアでも人気の和牛を提供。
高級感をアピールすることに功を奏して人気となっている。

suki-ya(すき屋)食べ放題日日本食

suki-ya(すき屋)食べ放題日日本食

suki-ya(すき屋)食べ放題日日本食

今回ご紹介するのは、日本のスタイルを踏襲しながらも、マレーシアの民族ごとに異なる食習慣や味の好みを当地にローカライズしたことで人気店となった鍋料理専門店SUKI-YA(すき屋)
※日本から進出もしている牛丼チェーンと似ているが日本語表記の屋号が異なる。

クアラルンプールの中心にあるショッピングモール「パビリオン(Pavilion KL)」。
6階には日本食レストランやラーメン店、100円ショップ、日本の雑貨店などのお店が並ぶ「東京ストリート(Tokyo Street)」がある。
この一角にあるのがSUKI-YAで、週末に行くと30分~1時間待ちの長い行列ができる人気店だ。

肉以外はセルフサービスのビュッフェ形式

suki-ya(すき屋)食べ放題日日本食

suki-ya(すき屋)食べ放題日日本食

suki-ya(すき屋)食べ放題日日本食

SUKI-YAの一番の特徴はビュッフェ形式ということ。
肉はテーブルオーダーで、野菜や寿司、薬味、フリードリンク(麦茶、アイスティー)はセルフというスタイルになっている。
さらに別料金となるが、アラカルトメニューがあり、枝豆、刺身、天ぷらなどもオーダー可能だ。

suki-ya(すき屋)食べ放題日日本食

肉は牛肉、羊肉、鶏肉の3種類、鍋スープは下記の5種類がある。

すき焼き…煮詰まった時を想定してあるのか、日本と似たやや薄めの割り下。ただしみりん、酒類不使用。
しゃぶしゃぶ…ベースは昆布だしだが、特に香り立つほどではなく、あっさり。
キムチ…見た目からすると辛そうだが、マイルドで辛いものが苦手な人もいけそうな味。キムチというよりもみその香りがたっている。
みそ…みそ本来の濃い味わいや独特の香りは抑えめ。ただマレーシア人の好みに合わせて、やや甘みが強いように感じられる。
トマトスープ…やや洋風のトマトスープに近く、酸味はあまりない。

これらは店舗によって提供される内容が若干異なることも。

マレーシア人の食文化に対応できるSUKI-YA

多民族・多宗教のマレーシアでは食習慣もさまざま。
そのため、職場などで会食をする場合は、各人の食習慣に合わせて食事を選定するのが難しいこともある。

例えば、マレー系であるイスラム教徒はポークが、インド系のヒンドゥ教徒はビーフが禁忌なので避けなければならない。
また、インド系はベジタリアンなどが多いとされているため、すべての条件を満たすのは、なかなか難しい。

suki-ya(すき屋)食べ放題日日本食

だが、SUKI-YAなら前述の条件を満たせる。
鍋スープは二人以上の場合、写真のように二つに分かれている鍋で提供されるので、食習慣の違う二人でも一つの鍋でいただける。
またポークフリーのため豚肉は扱っておらず、ハラル認証も取得。
つまりマレーシアの三大民族であるマレー系(ムスリム)、中華系、インド系が一つのテーブルにつけるのが魅力である。

suki-ya(すき屋)食べ放題日日本食

またマレーシア人はとうがらし、にんにく、ハーブ、ライムなどを合わせて、自分好みの味に調節しながら食事をする。
薬味コーナーの充実は、マレーシア人が味に飽きないためにも不可欠だ。

日本式でちょっと贅沢がキーワード

ローカルのスチームボートは直火で、しかも屋台街などで供されることが多い。
しかしSUKI-YAの店舗はすべてショッピングモール内にあるため、エアコンの効いた屋内で食事ができる。

この食事環境は日本では当たり前だが、マレーシアにおいては「ちょっとだけ贅沢」な気分にさせてくれる。
さらに、「日本式のスチームボート」というのが高級なイメージで、少し豪華な食事をしようとやってくる客層にぴったりなのだ。

suki-ya(すき屋)食べ放題日日本食

食事をする場所にもよるが、マレーシアでは店内に食材や調理の匂いが充満していたり、床にごみが落ちていたり、テーブルがべとべとしていたりすることも多い。
Suki-Yaは日式(日本風)を標榜するだけあり、これらの不快さをほぼ感じない。
例えば、鍋の具材の野菜や魚介、練り物があるセルフのエリアは、スタッフが常に目を配っているため、なくなるとすぐに補充される。
具材が落ちたり、混ざったりしないように常に管理も行われている。

マレーシアでは珍しいコスパのよさ

価格帯はランチでRM34.8(約940円)、ディナーでRM41.8(約1130円)。
※週末と祝日は上記料金に+RM3。
ただし税・サ別で時間制限は120分。
この金額は、他の標準的な日本食レストランで提供されている定食と、ほぼ同じ金額。
SUKI-YAでは鍋だけでなく、寿司やドリンクまで食べ放題という内容の充実さも人気の理由と言える。

というのも、マレーシアの食事でよく言われるのが「値段相応」。
日本でいうコスパの良さを感じられることが少ない。
確かに個人的な感想ではあるが、値段の差がそのまま味に現れていることが多いように思われる。

suki-ya(すき屋)食べ放題日日本食

見た目は中華料理だけど味はスパイシーなマレー系というニョニャ料理など、歴史的にみてもマレーシアではもともと他国の食文化をフュージョン(融合)させた料理が多い。

そしてマレーシアの日本食レストランで見かける「日式」という言葉。
純日本食ではなく、日本料理にインスパイアされた料理という意味を含むことも多い。

スチームボートという鍋料理があるマレーシア。
スープ(出汁)で提供するしゃぶしゃぶ、すき焼きが定着しやすい要素が十分にあったと考えられる。
そしてSuki-Yaの鍋料理も、純日本食ではなく日式に近いためすんなりと受け入れられたのではないだろうか。

店名:SUKI-YA(すき屋)
住所:Level 6, 168 Jalan Bukit Bintang, 55100 Kuala Lumpur
2008年に1号店をオープンして以来、今やマレーシアとシンガポールで10店舗以上も展開
URL:http://www.suki-ya.com/
営業時間:11:30-17:00(ランチ)、17:00-22:00(ディナー)

※1マレーシアリンギット=27円で計算

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介