ホーム >  タイ > 【タイ】日本の「喫茶店」の味をバンコクで提供するThe UCC Oriental

【タイ】日本の「喫茶店」の味をバンコクで提供するThe UCC Oriental

LINEで送る
Pocket

日本でもお馴染みのUCCコーヒー。
ここバンコクでもUCC UESHIMA COFFEE (THAILAND) CO., LTD.が進出しており、コーヒー豆やコーヒー機器の販売が行われていますが、タイ在住の日本人にとってUCCの喫茶店「The UCC Oriental」は、日本の喫茶店のようにブラックで楽しめるストレートコーヒーや、喫茶店メニューでは定番のナポリタンなどが提供される、憩いのカフェとなっています。

The UCC Orientalの店舗

u_1

The UCC Orientalといえば、BTSエカマイ駅直結のゲートウェイ・エカマイMフロアにあるエカマイ店が有名です。
日本人が多く住むスクンビットエリアにあるエカマイ店は、日本人客が多く訪れます。
その他の店舗は、サイアムパラゴンのK’s Café、そして昨年12月にサイアム高島屋の1FにUCC COFFEE SHOP SIAM高島屋店がオープンしました。(高島屋店のレポートはこちら

タイと日本のコーヒーの違い

u_2

世界的に人気の嗜好品であるコーヒーは、ここタイでも人気です。
ただし、日本のようにノンシュガーのいわゆるブラックコーヒーで飲まれることはほとんどありません。
タイの町を歩けば、コーヒー屋台もよく見かけますが、ほんどのタイ人はこのコーヒー屋台で売られているコーヒーのように、コンデンスミルクや砂糖をたっぷりと入れた甘い味を好みます。

u_3

コーヒーに限らず、紅茶や、最近認知度が高まってきた抹茶などもクリームや砂糖の入った甘いものが販売されています。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。