ホーム >  インドネシア > 【インドネシア】中京圏とジャカルタをつなぐ直行便が登場!

【インドネシア】中京圏とジャカルタをつなぐ直行便が登場!

LINEで送る
Pocket

asean190413garuda2出張でインドネシアへ行くとしよう。

インドネシアと陸上で国境を接するのはマレーシアとパプアニューギニアのみだ。
そのため、マレーシアとパプアニューギニア以外からは飛行機でアクセスすることになる。
LCCも含めると、さまざまな航空会社を利用できるが、その中で最も使い勝手の良い便は何か、という問題はナンセンスだろう。
どの航空会社を選ぶかというのは、人それぞれの都合で決まる。

しかしそれを差し引いても、近年のガルーダ・インドネシア航空の躍進は目覚ましい。

一昔前までのガルーダ・インドネシア航空といえば、サービスが悪くてよく墜落するというイメージだった。
一時期、欧州では乗り入れが禁止されていたことがあるほどだ。
しかし、それはもはや過去の話。
最近ではサービスが大幅改善され、名のある格付け会社から五つ星評価を獲得している。

そのガルーダ・インドネシア航空が、中部国際空港からジャカルタへの直行便を就航させた。

インドネシアにとって中京圏は重要なエリア

インドネシアの都市部を走る自動車の9割以上が、日本メーカーの製品と言われている。

これが二輪車ならなおさらで、ツーリング愛好家がハーレーダビッドソンに乗っている場面を除けば、登場するのは日本企業の社名だ。
スズキ、ヤマハ、カワサキ、ホンダ。
これらの社名を聞いたことのないインドネシア人はまずいない。

しかし考えてみれば、スズキ、ヤマハ、そして四輪車のトヨタは日本の中京圏に本社を置く企業である。
愛知県豊田市からジャカルタへ出張に行く場合、あるいはインドネシア側の社員がジャカルタから豊田市へ出向く場合も、中部国際空港-ジャカルタにフライトがあれば便利だ。

3月23日、ガルーダ・インドネシア航空は名古屋とジャカルタをつなぐ直行便を開始した。

この便は、中京圏の重工業地帯に所在する企業にとっては極めて大きな意味合いを帯びる。
それまでは中京圏からジャカルタへ出張するとなれば、東京か大阪の空港へ行くか、第三国での乗り継ぎ便に甘んじるしかなかった。
それが直行便の登場で、中京圏企業関係者にとっての利便性が比較的に向上する。

大幅なアクセス改善

asean190413garuda1出発時刻を見てみよう。

名古屋発ジャカルタ着のGA885便は10時のフライトで、ジャカルタ発名古屋着のGA884便は22時15分の出発に設定されている。

チェックイン時間を考慮すれば「早朝に出て夜に帰る」という形になる。

いずれにせよ、中京圏在住者がジャカルタ直行便を利用するのに東京や大阪への移動が必要なくなった、という点は注目すべきだろう。
逆に言えば、今まで名古屋からのジャカルタ直行便がなかったことが不思議だ。
それだけこの地域の重工業は対外的な影響力が大きく、ジョコ・ウィドド大統領も2015年の訪日時にはトヨタの本社を訪れている。

そして対外的な影響力という視点で見れば、話は重工業だけに留まらない。

中京圏の飲食店進出の好機か

日本の郷土料理を取り扱う飲食店は、インドネシアでも好評を得ている。

主に関東と関西で区分されがちの食文化だが、中間に位置する名古屋周辺も独自の進化を遂げている。
次々に大型ショッピングモールが新築されるASEAN諸国へ、中京圏の飲食店が進出するのは必然とも言えるのではないだろうか。

都市間をつなぐ直行便の意義は、今後大きな成果となって発揮されるだろう。

【参照】
ガルーダ・インドネシア航空

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介