ホーム >  インドネシア > 【インドネシア】中部ジャワ州の老舗パン屋「Roti GO」が話題に

【インドネシア】中部ジャワ州の老舗パン屋「Roti GO」が話題に

LINEで送る
Pocket

asean190417roti31898年のことである。

この年はアメリカとスペインの間で戦争が勃発し、結果的にスペイン領だったフィリピンがアメリカへ割譲される。
のちに「米西戦争」と呼ばれる出来事であるが、この戦争を日本海軍の若手士官だった秋山真之が観戦した。
キューバでアメリカ海軍が行った戦術は、秋山によって日露戦争に活かされることになったので、日本にも影響を及ぼした戦争と言える。

同じ頃、オランダ領東インドのジャワ島中部にあるプルウォケルトという都市に、1軒のパン屋が開業した。
現代の言葉を使えば「パパママショップ」というもので、要は夫婦二人で切り盛りする町のパン屋だ。

そして現代。
このパン屋『Roti GO』は、インドネシア一番の老舗として大きな注目を浴びている。

注目を浴びる老舗パン屋

インドネシア人の主食はコメであるが、同時にオランダの植民地だったこともありパン食文化も根付いている。

プルウォケルトは中部ジャワ州の地方都市で、その人口は30万人に満たない。
主だった観光スポットもないので、インドネシア在住歴の長い人でもプルウォケルトにはなかなか訪れたことがないだろう。

そんな町に所在するRoti GOは、今やインドネシア全国にチェーン展開している……というわけでもない。
良く言えば古風な、悪く言えば近代化に乗り遅れた設備の店舗で今も細々と営業を続けている。asean190417roti2そんなRoti GOが、近年、若者などから再注目されるようになった。

その最大の理由は、創業以来の製法を守り続けていることだ。

保存料は一切使わず

市民にスマートフォンが普及し、さまざまな情報を共有できるようになった昨今。

インドネシアの消費者に、ある大きな動きが起こっている。
それは健康志向だ。

毎日の食事にありつければ幸運と言われていた昔と違い、市民はパッケージの裏側の表示や原産地、そして添加物の有無に対してデリケートになった。
肥満の原因になるパーム油や過度な糖分、さらに着色料や保存料も極力避ける意識がここ数年で確立されたのだ。


そこで注目されたのが、19世紀以来のレシピを受け継ぐRoti GOである。
この店のパンには、現代的な食品添加物は一切入っていない。
さらにパンの種類の豊富さや、石窯で焼く昔ながらの製法を守っていることを、大手メディアがこぞって取り上げたのだ。

食の先祖返り

Roti GOの提供するパンは、どれも3000ルピア(約23円)から6000ルピア(約47円)の間で収まっていて、地方都市だからこその安価と言える。
しかも、19世紀以来の製法でパンを焼く店は、インドネシアのみならずアジア全体を見ても希少な存在だろう。
近年の健康志向が「食の先祖返り」を促しているとも言える状況なので、Roti Goはますます注目を集めそうだ。

大都市での動向ばかりが注目されがちなASEAN諸国の飲食業界であるが、地方都市に目を向けると我々の知らない老舗店が今も営業を続けているのだ。

Roti GO
Jl. Jenderal Sudirman, Kauman Lama, Purwokerto Wetan, Purwokerto Tim., Kabupaten Banyumas, Jawa Tengah 53147 Indonesia
TEL:0281-636241 /085100633241

【参考】
Roti GO-Instagram

※1インドネシアルピア=0.0078円で計算

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介