ホーム >  ベトナム > 【ベトナム】第1回ベトナム民俗芸能フェスティバルレポート!

【ベトナム】第1回ベトナム民俗芸能フェスティバルレポート!

LINEで送る
Pocket

2019年4月13〜15日に、ホーチミン1区のメインストリートであるグエンフエ通り(Nguyen Hue)にて、「第1回ベトナム民俗芸能フェスティバル」が開催されました。
イベントは通りを歩行者天国にして開催されるため、メインの演舞などは初日の夜のみ開催されました。
初日の夜に行われたセレモニーの様子などをお伝えいたします。

第1回ベトナム民俗芸能フェスティバルについて

v2

開催された4月13〜15日は3連休でした。
ベトナムでは、紀元前2879~紀元前258年にベトナム史上初の国家が栄えましたが、その18代にわたる歴代国王を総称してフン王と呼び、毎年、旧暦の3月10日を命日として祝日にしています。
今年は、4月14日がフン王の命日です。
フン王の命日は、ベトナムの祝日の中でも文化的な意味を持つ特別な日で、第1回目となる「ベトナム民俗芸能フェスティバル」はこの記念すべき日に開催されました。

v3

今回のフェスティバルには、ベトナム北部のxoeダンス、中央部の歌唱のbai choi、ゴングダンス、そして南部のアマチュアの歌唱don ca tai tuアートフォームなどが参加。
ベトナム各地のさまざまな民俗芸能の公演が披露され、民族的なオブジェを通りに配置し、観光客と地元ベトナムの人々の目を楽しませてくれました。

同フェスティバルは市民と観光客の交流を目的としており、今後は歩行者天国の恒例イベントにすることも視野にあるようです。

開催セレモニーの様子

v4

4月13日の18時30分過ぎ、日も落ちて照明が映える時間帯。
ホーチミンのランドマークであるホーチミン人民委員会庁舎前、グエンフエ通りに設置された巨大モニターを取り囲むように来場客が集まりました。

司会者のあいさつが終わると、一斉に少年少女のブラスバンドによる演奏が始まります。

v5

司会のナレーションを挟んで、今度は民族楽器による伝統音楽の演奏が行われました。

v6

続いて、ベトナムの竹笛や太鼓に合わせて鮮やかな衣装を着た民族舞踊が披露されました。 地域によって種類が違うのか、歌唱がメインで太極拳のように静かな動きの踊りや、大きくて華やかな扇を両手に持った女性たちの舞踊を楽しむことができました。

v7

何組かの演舞が終わった後、司会に誘導され、大勢の来場者と一緒に歩行者天国のグエンフエ通りを移動します。

v8

通りには各地域の田園や村を再現したセットが設置されており、舞踊や歌唱などのパフォーマンスが見られました。踊りながらベトナム語で語りかけてくる出演者に来場客も笑顔でした。

v9
写真奥に見える白い屋根のようなところが特設ステージ

民族衣装のアオザイを着た女性たちに迎えられ、特設ステージへ到着。

v10

ステージでは太鼓に合わせた舞踊ショーが行われました。

まとめ

ベトナムの民俗文化を紹介するボードや、竹などで作られた伝統的なオブジェ、そして村をイメージさせるセット、民俗舞踊など、ベトナムの芸能から土着の文化まで楽しめるイベントでした。
恒例行事として定着されることが期待されます。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介