ホーム >  ベトナム > 【ベトナム】まるで迷路!ホーチミンの日本人街レタントンのヘム「路地」での商い

【ベトナム】まるで迷路!ホーチミンの日本人街レタントンのヘム「路地」での商い

LINEで送る
Pocket

発展目覚ましいベトナムのホーチミンには、他の東南アジアの国にも見られる日本人街があります。
大抵の〇〇人街は一つのストリートがメインになっていて、その周辺に日本食などのお店が集まっていますが、ホーチミンにある日本人街は少々変わっています。
ベトナム語で「路地」を意味するヘムと呼ばれる場所にあり、小さな路地がまるで迷路のように入り組んでいるのが特徴なんです。
ヘムにはバーや居酒屋などの飲食店が建ち並び、独特のにぎわいをみせています。
ではこのヘムの様子をちょっとのぞいてみたいと思います。

日本人街にあるヘムのロケーション

h6

ホーチミンの日本人街は観光のメインストリートであるドンコイ通りから徒歩圏内で、サイゴン川に近いレタントン通り周辺になります。
飲食店やマッサージ店が並ぶレタントン通りには、裏路地ともいうべきヘムの入り口がいくつかあります。

ヘムにある日系のお店いろいろ

h7

ヘムには、100軒を超えるさまざまな日本人向けのお店があります。
カウンターバーやスナックのようなお店に次いで、居酒屋やラーメン店、小料理店などの飲食店が多く、20時過ぎともなると日本人の姿が多くなり活気が出始めます。
まずは居酒屋や小料理店で食事をして、周辺のバーで再び飲むという流れでしょうか。

ヘムでは2019年に入り「でびっとラーメン」、味噌ラーメンのお店「千蔵」、「串カツ天晴れ」がオープンしており、人気店には駐在員向けの定食メニューがうれしい日本食レストラン「和香菜」、おばんざい盛り合わせがおすすめの和食料理屋「わか葉」、昭和レトロな雰囲気の「鶏笑(とりしょう)」などがあります。

h4

また、たこ焼きや焼き鳥といったテイクアウトが可能なメニューを取り扱うお店は、周辺店の従業員への差し入れや、夜食として利用されてもいるようなので、ヘムを訪れる日本人以外にベトナム人もターゲットになっていると言えるでしょう。

意外に多い韓国人客

h5

ホーチミンには7区に韓国人街があるほど、多くの韓国人が住んでいます。
そのため、このヘムには日本人の他に韓国人客もよく訪れます。
日本語のできる韓国人客も少なくないようですね。
飲食店では韓国人のお客様をターゲットと捉え、積極的に集客しているようにはみえませんが、日本人客が7割くらいだとすると、残りの割合を多く占める韓国人のお客様は無視できない存在になってきていると言えそうです。
実際、ヘムにあるバーなどでは、Facebookにハングルで投稿しているのをよく見かけます。

ヘムの家賃

h3

ヘムでの出店を検討する際に気になるのが、家賃ですよね。
いくらくらいなのか、チェックしてみましょう。
ちなみに、日本の店舗のようにワンフロアやフロアの一部を貸すという方法ではなく、タイなどでも同様ですが、一軒まるごと貸し出すスタイルです。
日本と違い、高層ビルが少ないベトナムならではの事情もあるかもしれませんね。

ネットなどで見かける家賃の相場は1ヶ月20万円程で、デポジット(保証金)2〜3ヶ月分からあるようですが、何しろこの迷宮のような路地です。
あまりにも奥まっていると、宣伝してもお客さんがお店を探しきれないということがありえるので、ある程度家賃は高めでも分かりやすい区画を選ぶべきかもしれません。

賃貸情報は日系の不動産会社で探すことができます。また、自身でヘムを歩いてみて、FOR RENTの看板を見つけることができます。

まとめ

h2

ヘムのお店は狭いスペースではありますが、気のおけない仲間と和気あいあいと楽しめたり、隣り合わせたお客さんと知り合ったりする出会いの場でもあります。
ホーチミンで日本人客をターゲットに小さなお店を経営してみたいと考えていらっしゃる方には、選択肢の一つとして検討するのもおすすめです。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介