ホーム >  マレーシア > 【マレーシア】医療ツーリズムって何?「TRAMBELLIR Sdn Bhd」日本人ファウンダーインタビュー

【マレーシア】医療ツーリズムって何?「TRAMBELLIR Sdn Bhd」日本人ファウンダーインタビュー

LINEで送る
Pocket

皆さんは「医療ツーリズム」や「メディカルトラベル」をご存知でしょうか?
「医療ツーリズム」「メディカルトラベル」とは、医療サービスを目的または一部に組み入れた海外旅行を指します。
日本ではインバウンドを受け入れる方が多く、日本人にはまだなじみが薄いですが、現在世界各国では自国よりも良い医療サービスを求めて海外へ旅行する方が増えています。
アメリカの調査会社「グランドビューリサーチ」によると、2018年の「医療ツーリズム」「メディカルトラベル」の世界市場はUSD36.9 billionで、日本円では約4兆円規模になります。
今回はマレーシアを拠点に医療ツーリズムのオンラインブッキングサイトを運営する「TRAMBELLIR Sdn Bhd(トランベリア)」の日本人ファウンダーお二人、飯塚さんと山内さんにお話を伺いました。

右端:山内氏、左端:飯塚氏
左端:山内氏、右端:飯塚氏

記者:マレーシア進出までの簡単な経歴を教えてください。
山内氏:私どもは、さまざまなバックグラウンドを持つ日本人6人によって立ち上げたITスタートアップ企業です。
創業者二人はマレーシア在住で、この二人の企画を基にマレーシアで創業し、時間の経過と共にメンバーが増え、現在は日本在住日本人3人、マレーシア在住日本人3人と、マレーシア人4人の計10人体制で事業を行っております。
日本人メンバーはオンライン旅行会社出身者、事業オーナー、雑誌出版社社長兼編集長、飲食店経営者、内科医師、大手サブコン出身者などで構成されています。

飯塚氏:弊社のビジネスは医療ツーリズムに特化したオンラインブッキングプラットフォームで、ホテル予約サイトのブッキングドットコムやアゴダ、アクティビティ予約サイトのクルックなどと同じブッキングプラットフォームですが、取り扱い内容が医療・美容を専門としており、世界中の提携医療機関が提供する施術メニューを渡航前に予約できます。

記者:なぜマレーシアで事業を始めようと思いましたか?
山内氏:もともとマレーシア在住者が創業したということと、マレーシアはITビジネスを国家としてバックアップする体制に力を入れており、IT企業のベースとして他国より優位性を感じたからです。
他にも、優秀なIT人材が比較的低い賃金で確保できる点や、ASEAN諸国の中でも発展と未発展のバランスが良く、高いレベルのサービスを低価格で確保できる点も理由として挙げられます。
エアアジアなどのLCC網が発達しており、安価で近隣諸国への移動が可能なため、われわれが目指す、医療ツーリズムをもっと気軽で簡単なモノにしたいというビジョンに合致する地域性というのも理由の一つですね。
image5

記者:進出前に準備したことは何ですか?
山内氏:すでにマレーシアで他の事業を展開していたのと、マレーシアでの就業経験があったため、特段今回のプロジェクトに際して準備したことはありません。

記者:なぜ、医療ツーリズムに特化したオンラインブッキングの事業を始めようと思ったのですか?
山内氏:医療ツーリズムに着目した経緯としては、すでに4兆円規模となり、2025年には18兆円になると言われている世界の医療ツーリズム市場の巨大さが挙げられます。
小さな医療ツーリズム紹介代理店が、自国へ海外旅行者を誘致するビジネスを運営しているか、その逆に一つの国の人々を数ヶ国の提携医療機関に送客をしている現状を知ったことです。
また、旅行者・患者が、多国間の医療施術を比較して予約する仕組みができあがっていないことに不便を感じているだろうと思い、それを解決するのが社会にとって有意義と考えたからでもあります。
創業メンバーの二人は学生時代に海外留学、参画メンバーは海外での駐在や事業経験を持つ者がほとんどで、 異国で医療を受ける際の問題を当事者として感じていたため、医療ツーリズムに着目いたしました。

記者:どのようなお客様がいらっしゃいますか?
飯塚氏:現在は立ち上げフェーズで、予約件数はさほど多くありませんが、お客様の人種は多岐にわたります。
現段階では東京、イスタンブール(トルコ)、クアラルンプール、バンコク、バリ島の医療機関で受けられるメニューを扱っているのですが、やはり各地の周辺国から利用されるお客様が多いです。
例えば、東京へのお客様はASEAN地域から、イスタンブールへのお客様は北欧地域から、クアラルンプール・バンコク・バリ島へのお客様はASEAN内から予約をいただいております。

記者:どのプランが人気ですか?
飯塚氏:クアラルンプール・バリ島・バンコクなどのカジュアルな美容医療が人気です。 
ASEANでのスパやマッサージは日本人にも広く受け入れられ、旅先での人気アクティビティーの一つになっておりますが、日本よりも安価な上、ラグジュアリーな空間でトリートメントを受けられる美容皮膚科のプランなどがございます。
お顔のシミ取りや、美白レーザー、美容点滴など、低価格で短時間で施術が終了するため人気です。
現在旅行者がスパやエステ、マッサージを選択するように、今後5年、10年をかけて、医療・美容トリートメントも海外の旅先で気軽に選択する世界を作っていくために、われわれは事業を行っております。

記者:マレーシアで事業を行う上で、苦労したこと、大変なことはありますか?
山内氏:マレーシアだから苦労したということはありません。
ビジネスの立ち上げはどの国でもいろいろありますし、もともと海外経験の豊富な人間が運営しておりますので、ボーダーレスな感覚で事業を行っております。
むしろ、われわれは外国人としてマレーシアを拠点にビジネスを展開させてもらう立場ですので、その点には留意しています。

東京で美容点滴を受けられたマレーシア人のお客様
東京で美容点滴を受けられたマレーシア人のお客様

記者:今後のビジョンは何ですか?
山内氏:7月に香港で開催されるアジア最大のスタートアップテックカンファレンス「RISE」があるのですが、そのカンファレンスで世界中の有望なスタートアップを選出するプログラムに弊社が選ばれて、出展することが決まっております。
選ばれることだけでも光栄で大きなチャンスですので、現在はそこに向けて提携国・提携医療機関の大幅な拡大を図るべく、集中してパートナーシップを広げる活動を行っております。
RISEをきっかけに事業を拡大し、医療ツーリズム専門のオンラインブッキングプラットフォームとしての立ち位置を築いていきたいと思います。
のちのちのプランとしましてはブッキングプラットフォームという性質上、比較的簡単に世界中の医療機関との提携が可能ですので、そのルートを使い、世界中のパートナー医療機関へソフトウェアを提供するソフトウェアプロバイダーの事業も計画しております。
私どもはオンラインブッキングプラットフォームとして、世界中の医療機関と提携し、世界中のあらゆる美容・医療・最先端医療を提供するために事業を行っております。

飯塚氏:今までの医療ツーリズムや美容トラベル業界の問題点を挙げるとすれば、医療機関サイド、紹介代理店サイドの都合に合わせてプランが提供されており、旅行者・患者サイドに選択の決定権が無かったことだと思っております。
ホテル予約サイトができる前の旅行業界を思い出していただけると分かりやすいと思いますが、 旅行を希望するお客様は、旅行代理店に足を運び、旅行代理店がおすすめするホテル(旅行代理店にとって利幅の大きいホテル・提携ホテル・関係の深いホテル・融通のきくホテルなど)を一方的に提示され、旅行者に選択の決定権が無かった時代がありました。
今の医療ツーリズム業界もまったく同じ構図で、本当に旅行者・患者が求める医療・美容や行き先が提示されることはなく、全てが医療機関サイド・紹介代理店サイドの集客事情に大きく左右されています。
われわれとしてはそれを変えるべく、多種多様な選択肢を提供することに集中し、レビュー制度(導入予定)を設けるなど、ユーザー視点に立った機能を用意していきます。
おすすめプランもお客様主体で作り上げるのが正しい形だと考え、現在いろいろと検討しているところです。

記者:これからマレーシア進出を検討されている方へのアドバイスはありますか?
山内氏:どのようなビジネスを展開するかによって、さまざまな視点があると思いますが、全体的に日本から進出されてくる企業さんを見ていて感じることが一つだけあります。
皆さん、マレーシアが日本より遅れた発展途上国・中進国というイメージを持っていらっしゃいます。
まだまだ日本より遅れているから、日本ではやったモノを持っていけばそこそこうまくいくだろう、という考えの方も多くいらっしゃいます。
確かにそのような一面が残ってはいますが、マレーシアに限らず、世界は想像以上に追いついてきています。
ある面を見たら、日本より進んでいることすらあります。
その点を忘れてはならないと、自戒の念も込めてアドバイスしたいと思います。

記者:ありがとうございました。
こちらのサイトでは、海外旅行保険や海外在住者が加入している外資系保険適用のメニューもあるそうです。
お住いのASEAN諸国以外の医療や日本の医療に満足されていない方は、医療ツーリズムに参加されてみてはいかがでしょうか?
※美容や日本でまだ厚生労働省の認可が下りていない最先端のがん治療などは、日本同様保険外診療となります。
image3

■企業詳細
TRAMBELLIR Sdn Bhd
住所:H-1-3,Plaza Arcadia,No.3 Jalan Intisari Perdana,Desa Parkcity52200, Kuala Lumpur,Malaysia
電話番号:03-8408-2005
URL:https://trambellir.com
◉Registration Number: 1286513-X
Online booking website for medical tourism

※1アメリカドル=約109円で計算

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介