ホーム >  ベトナム > 【ベトナム】デザイン×ゲストハウス!「anettai」日本人建築デザイナーインタビュー

【ベトナム】デザイン×ゲストハウス!「anettai」日本人建築デザイナーインタビュー

LINEで送る
Pocket

ホーチミンの主要エリアで人気を集めているゲストハウス「anettai apartment」。
こちらは日本人の建築家がデザインしている物件となり、さまざまな国の方が利用されているゲストハウスです。
今回は「anettai」の建築デザインから運営までこなす、山田貴仁さんにお話を伺いました。
60339941_381553709121549_4197985229354303488_n

記者:ベトナム進出までの簡単な経歴を教えてください。
山田氏:東京の大学で建築設計を学び、卒業後そのままベトナムの設計事務所に就職しました。
大学在学中は歴史意匠(デザイン)を専門とする研究室に所属していたのですが、そこはヨーロッパやアメリカといった海外へ調査旅行に行くのが魅力でした。
しかし、僕が調査旅行に行く年だけアジア地域となり、当時は密かに悲しかったです。
実際にアジアを巡り各国の建築を見渡すと、伝統的な工法、職人の手作業など、先端技術が深く進入していないからこその建物の魅力が見えてきました。
熱帯気候ならではの無骨で力強い造形は、日本で学んできた繊細な建築とはまったく違っていて、非常に印象的だったのを覚えています。
卒業を控え、日本で就職活動をしていたら、大学の先輩がベトナムにある設計事務所でスタッフを募集していることを教えてくれました。
すぐに、あの調査旅行で感じた東南アジアへの想いがよみがえり、思い切って応募しました。

記者:初めての就職が海外というのは、確かに思い切った決断ですね。他にも何か後押しとなることはあったのでしょうか?
山田氏:はい。応募した事務所自体が、とても魅力的だったのです。
事務所のボスはベトナムの建築業界にとって先駆者的な存在で、ベトナムの建築が海外メディアに取り上げられるようになったのは、この会社が始まりといっても過言ではないでしょう。
しかも、ボスは日本で10年間建築を学んでいたため、事務所にはものすごく優秀な日本人スタッフがそろっていました。
世界的に有名な事務所で南国の魅力的な建築デザインを勉強しながら、同時に日本的な働き方も学べると思い、ベトナムへの進出を決めました。
anettai_Thao Dien1

記者:当初は建築設計やデザインを手掛けていたそうですが、「デザイン×ゲストハウス」という形態に行き着いたのは、どのようなきっかけがあったのでしょうか?
山田氏: 最初に思ったのは、”自分が自身のクライアントになり設計したモノを、自分たちで運用したい” ということです。
建築設計という仕事は飲食店、宿泊施設、学校施設などさまざまな職種のクライアントを相手にします。
彼らと密に交流していると、時に、建築よりも魅力的な世界が広がっていることに気が付かされます。
他分野へ参入する際の障壁が低いこの国で、もはや自分の専門を建築分野だけに絞る必要はないと感じるようになりました。

そう考えた時に、他業種で最も興味を引かれたのがホテル業です。
実は事務所を退職する1年程前からベトナムのリゾートホテルの物件を担当していたのですが、文化的・建築的に面白いリゾートを作りたいと考えるわれわれと、単なる会社の投資事業としてプロジェクトを捉えているクライアントの間では、大きな隔たりがあったのです。

このプロジェクトを1年もやっていると、「自分がクライアントだったら、もっと魅力的で人々が自然と訪れたくなるような空間を造るのになぁ」と考えることが増え、建物の運用方法やPR、どのようにしてサービスをゲストへ届けるか、ということまで徐々に興味を持ち始めていきました。
想いもどんどん変化していき、自分の好きな建築デザインの仕事を掛け合わせて、ベトナムの宿泊業をアップデートするような事業をしたいという気持ちが強くなっていったのです。

折しも街は急速な都市化に伴って、先進国を模した小奇麗なシティーホテルやアパートがそこかしこに建設されていっています。
一見、それらはクリーンで快適な環境をゲストに提供していますが、そこでの体験は無個性でベトナムらしさを感じられません。
宿や住まいを探している人たちには、もっと選択肢があっていいはずです。
アジアらしい喧騒と熱帯の木々の下でローカルライフを楽しむような、ベトナムならではの体験をもたらす施設を造ろうと決めました。
いきなりホテルに投資するようなリスクは負えないので、まずは小さく、いろいろな方法を試せそうなゲストハウスから始めることにしました。
anettai_Thao Dien3

記者:立地はどのように選びましたか?
山田氏:比較しながらそれぞれの敷地状況を把握するために、ホーチミン市内でも特色が異なる3つのエリアを選びました。
1. Ham Nghi—観光エリアでもある一区中心街のド真ん中のエリア。
2. Thao Dien—外国人が数多く住むファッショナブルな郊外エリア。
3. Binh Thanhー上記二つのメインエリアのちょうど間にあって、比較的家賃も安く、アクセスも良好なエリア。
このうちHam Nghiのプロジェクトはストップしていますが、他の二つはゲストハウスとしてすでに運用が始まっています。

記者:どのようなお客様がいらっしゃいますか?
山田氏:弊社には、物件のオーナーと宿泊者であるゲストの2種類のクライアントがいます。
オーナーは不動産を所有しているが、運用とデザインに悩みを抱えるベトナム人です。
彼らにわれわれのデザインと運用方法を提示し、共同で部屋の改修および運営を行います。
物件の所有権はオーナーのままですが、施工後の運営管理はわれわれです。

Binh Thanhの物件
Binh Thanhの物件

ゲストに関しては、それぞれの物件で明確に客層が別れているのが面白いです。
Binh Thanhの物件は中心街へのアクセスが良く比較的安価で宿泊できることから、海外のバックパッカー、または他の都市から来たベトナム人の若者が多いです。
こちらはほとんどリノベーションをせず、照明と植栽をアレンジして即運用を始めました。
素人の僕が宿泊施設のノウハウを得るために、実験的にスタートさせたからです。
Thao Dienの物件では欧州やオーストラリア、日本などさまざまな国からご予約をいただいています。
中心街へのアクセスが少々不便なため、ほぼ全員が仕事目的で来越しており、1〜3週間以上滞在することが多いです。
こちらの物件はオープンするに当たり、オーナーに家具の再設計や壁の塗り直しを提案し、内装を全面的にリノベーションしました。

そのため、デザインを好んでご予約をいただく方が多く、最近はインスタグラムなどのSNSを通じて連絡をいただくことも増えてきました。
といっても、この物件の運用が始まったのはつい最近のことなので、まだまだこれからといったところです。

Thao Dienの物件
Thao Dienの物件

記者:次のビジョンは何ですか?
山田氏:自社の設計した物件の数を市内にもっと増やしたいです。
それぞれの物件は大きくある必要はありません。
中〜小規模のモノが都市の中に散らばっていて、それぞれがその場所の魅力をすくい取ったような、熱帯らしい魅力的な宿泊施設になっていればいいと思っています。
マンションのような巨大開発を否定はしませんが、白くて清潔な部屋ではなく、もっとこの場所ならではのデザインに住みたい人もいるのではないでしょうか。
ベトナムを訪れた人、住む場所を探している人にもっと選択肢を増やしてあげたいです。

記者:これからベトナム進出を検討されている方へのアドバイスはありますか?
山田氏:ベトナムで学んだことは、”始める前にいろいろなことを想定しても、ほとんど意味がない”ということです。
どんなに一生懸命図面を描いても、現場に行くと、そこには職人の思う“より良い”デザインが勝手に採用されたりしています。
一瞬こちらは青ざめますが、すぐにその場で修正を指示したり、時には設計自体をまるごと変更したりしなければなりません。
予測するのはほとんど不可能です。
まずはこの場所に来て、そして青ざめるような経験をして、その度に軌道修正をしながら物事を進めるのがコツじゃないかな、と思います。

in Vo Trong Nghia_2
ホーチミンにある大学のキャンパスの設計も担当

記者:ありがとうございました。
Binh Thanh、Thao Dienのどちらの物件も、スタイリッシュなデザイナーズマンションといったテイストで、リゾートのようなリラックスできる空間になっています。
短期・長期に限らず、宿泊したくなります。
現在、物件を所有しているベトナム人の方、ベトナムで物件を運用したい日本人の方を募集中とのことです。
ご興味をお持ちの方はぜひ、一報を。

■企業詳細
会社名 : anettai
プロジェクト名 : anettai apartment

メール : yamadatakahito2002@gmail.com
電話:077 202 1001

Instagram : @anettai_apartment
Facebook : https://www.facebook.com/anettai/
実績:https://issuu.com/yamadatakahito/docs/190322

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介