ホーム >  ベトナム > 【ベトナム】ダナンの本格ジャーマンソーセージ「M.Z. German Delicatessen」ドイツ人オーナーインタビュー

【ベトナム】ダナンの本格ジャーマンソーセージ「M.Z. German Delicatessen」ドイツ人オーナーインタビュー

LINEで送る
Pocket

ビールと言えばソーセージ!ですが、残念ながらローカルのソーセージは、あまりおいしいとは言えないのが現状です。
しかし、ダナンには本格的なジャーマンソーセージを楽しめるお店があります。
欧米人の在住者に人気のドイツ料理店「M.Z.German Delicatessen」は、ドイツ人オーナー自ら監修しておりクオリティーも間違いなし。
今回はオーナーのMichael Zanglさんにお話を伺いました。
IMG_4791
記者:ベトナム進出までの簡単な経歴を教えてください。
Michael氏:私は15歳から家業の食肉加工について学び始めました。
さまざまな食肉店で修行を積んだ後、2011年に「Master Craftman」(ドイツの食肉加工の国家資格)を取得しました。
ドイツでは、これを持っていないと後輩の指導にあたることができないなど、権威のある資格になります。

記者:ベトナムに進出したきっかけは何ですか?
Michael氏:友人に連れられダナンへ旅行に来た際、街のゆったりとした雰囲気が気に入り、ここで食肉加工と販売するお店を出したいと思ったのがきっかけです。
2017年に移住し、3ヶ月で「M.Z.German Delicatessen」をオープンしました。
IMG_4787
記者:進出前に準備したことは何ですか?
Michael氏:食肉加工用の機械はドイツから輸入しました。使い慣れたものがいいということもありますが、高性能なカッターでないと良いソーセージは作れないためです。また、本場ドイツの味にこだわるために、ハーブやスモーク製品に使うブナも取り寄せました。

記者:どのようなお客様がいらっしゃいますか?
Michael氏:「M.Z.German Delicatessen」のお客様は95%が欧米の方です。
その他にも、レストランやホテルに商品を卸しています。
実は、ドイツ料理や中東料理を提供するレストラン「The Last Corner」を2019年1月にオープンしたのですが、こちらはベトナム人を中心に、その他の海外のお客様が多くいらっしゃってくれています。
特に広告などは出していないので、口コミで知られていっている感じですね。

「M.Z.German Delicatessen」の商品一例。自家製のソーセージとプレッツェル、そしてジャーマンビール。本格的なドイツの代表料理が味わえる。
自家製のソーセージとプレッツェル、そしてジャーマンビール

記者:人気商品を教えてください。
◆Bratwurst(ブラートヴルスト)
ハーブ入りのソーセージです。ハーブの爽やかな風味と粗びき肉の相性が抜群で、煮ても焼いてもおいしいです。
40932297_251109838878439_1988259971862626304_n

◆Pfefferbeißer(ペッパーバイザー)
3種類のこしょうを入れ燻製したソーセージです。ビールのお供として一番人気があります。
39814327_244737786182311_6089382788065132544_n

ベーコンやサラミは、お持ち帰りでも好評です。
脂と赤身のバランスを全てチェックしています。
IMG_4821

記者:ベトナムに出店する上で苦労したこと、大変なことは何ですか?
Michael氏:どの外国人起業家も苦戦すると思いますが、契約書などの書類事務が大変でした。
ドイツでも起業の際には、多数の書類事務があるので慣れてはいましたけど……(笑)。
また、起業後の数ヶ月は一人で全ての業務をこなさなければなりません。
事務から商品のクオリティーチェック、新規のお客様へ弊社のソーセージのクオリティーや価格設定の説明などまで、とにかくやることが多く大変でした。
ドイツ人は「自分の進みたい道があったら障害を壊してでもまっすぐに進んでいく」という気質がありますが、この国ではそれは通用せず、回り道も大事ということを学びました。

記者:今後のビジョンを教えてください。
Michael氏:現在、レストランを2店舗とソーセージなどの加工肉の卸し「Brothers Grimm」(ハノイ発のドイツ人経営陣によるクラフトビール会社)のセールスと4つの事業をしているので、それでいっぱいいっぱいですね。
もう少し時間ができれば、今やっていることとはまったく別の新しいことをやりたいと思います。
クラブとゲストハウスをミックスした施設とか……。
最高だと思いませんか(笑)。

工場にも自らチェックに行くMichealさん
自ら工場へチェックしに行くMichaelさん

記者:これからベトナム進出を検討されている方へのアドバイスはありますか?
Michael氏:「怠けないこと」だと思います。
ベトナムはゆったりとした環境で、ベトナム人自体も自由であまり急がない人が多いので、ついつい自分もゆったりしてしまいがちです。
しかし、ビジネスで成功したいという思いがあるなら、毎日動くことが大切だと思います。

記者:ありがとうございました。
こちらのソーセージは以前掲載させていただいた「Chef Meat」さん(参考:【ベトナム】「Chef Meat Vietnam」日本人工場責任者インタビューと共同で製作されており、有機豚を無添加・保存料なしで加工しているそうです。
起業から2年経つ今も、Michaelさん自ら「Chef Meat」の工場に赴きクオリティーをチェックするなど、こだわりのソーセージ作りをしています。
また、「ドイツの食歴史にソーセージ・パン・ビールの3点は欠かせない(ドイツの食歴史リストでは、ビールは飲み物ではなく、食事のリストに入れられているそうです!)」と仰るMichaelさんは、実家のレシピを使い伝統的なドイツパンも提供しています。
Michaelさんのこだわりがお店の人気につながっているのですね。

■店舗詳細
IMG_4786
◆ M.Z. German Delicatessen

住所: 38 Phan Tứ, Bắc Mỹ An, Ngũ Hành Sơn, Đà Nẵng 550000
電話: 090 171 39 60
営業時間:7:00~19:00
定休日:日曜
URL:tps://www.facebook.com/MZGermanDelicatessen/
IMG_4794
◆ The Last Corner

住所: 60 Phan Tôn, Bắc Mỹ Phú, Ngũ Hành Sơn, Đà Nẵng 550000
電話: 090 171 39 60
営業時間:10:00〜14:00、16:00〜22:00
定休日:水曜
URL:https://www.facebook.com/thelastcornerdanang/

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介