ホーム >  ベトナム > 【ベトナム】ダナンの本格ジャーマンソーセージ「M.Z. German Delicatessen」ドイツ人オーナーインタビュー

【ベトナム】ダナンの本格ジャーマンソーセージ「M.Z. German Delicatessen」ドイツ人オーナーインタビュー

LINEで送る
Pocket

ビールと言えばソーセージ!ですが、残念ながらローカルのソーセージは、あまりおいしいとは言えないのが現状です。
しかし、ダナンには本格的なジャーマンソーセージを楽しめるお店があります。
欧米人の在住者に人気のドイツ料理店「M.Z.German Delicatessen」は、ドイツ人オーナー自ら監修しておりクオリティーも間違いなし。
今回はオーナーのMichael Zanglさんにお話を伺いました。
IMG_4791
記者:ベトナム進出までの簡単な経歴を教えてください。
Michael氏:私は15歳から家業の食肉加工について学び始めました。
さまざまな食肉店で修行を積んだ後、2011年に「Master Craftman」(ドイツの食肉加工の国家資格)を取得しました。
ドイツでは、これを持っていないと後輩の指導にあたることができないなど、権威のある資格になります。

記者:ベトナムに進出したきっかけは何ですか?
Michael氏:友人に連れられダナンへ旅行に来た際、街のゆったりとした雰囲気が気に入り、ここで食肉加工と販売するお店を出したいと思ったのがきっかけです。
2017年に移住し、3ヶ月で「M.Z.German Delicatessen」をオープンしました。
IMG_4787
記者:進出前に準備したことは何ですか?
Michael氏:食肉加工用の機械はドイツから輸入しました。使い慣れたものがいいということもありますが、高性能なカッターでないと良いソーセージは作れないためです。また、本場ドイツの味にこだわるために、ハーブやスモーク製品に使うブナも取り寄せました。

記者:どのようなお客様がいらっしゃいますか?
Michael氏:「M.Z.German Delicatessen」のお客様は95%が欧米の方です。
その他にも、レストランやホテルに商品を卸しています。
実は、ドイツ料理や中東料理を提供するレストラン「The Last Corner」を2019年1月にオープンしたのですが、こちらはベトナム人を中心に、その他の海外のお客様が多くいらっしゃってくれています。
特に広告などは出していないので、口コミで知られていっている感じですね。

「M.Z.German Delicatessen」の商品一例。自家製のソーセージとプレッツェル、そしてジャーマンビール。本格的なドイツの代表料理が味わえる。
自家製のソーセージとプレッツェル、そしてジャーマンビール
LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。