ホーム >  カンボジア > 【カンボジア】本格甘味処から学ぶ、和スイーツ&抹茶がカンボジアで愛される理由

【カンボジア】本格甘味処から学ぶ、和スイーツ&抹茶がカンボジアで愛される理由

LINEで送る
Pocket

今回はプノンペンで人気の抹茶カフェがあると聞き、行ってみました。
店名は「The MATCHART Café(抹茶アートカフェ)」。
お店の前に立つと、抹茶の良い香りがしてきます。
早速、入店!

IMG_3287

オーナーは日本人、京都宇治の抹茶を使用した本格甘味処

お店のスタッフに尋ねたところ、オーナーは日本人で、 普段は日本に滞在していらっしゃるそうです。
日本人経営の甘味処となれば、お味も素材も本格的なのでは、と期待が高まります。

ゆったりくつろげそうなソファーに座って、オーダーしたメニューが届くまでの間、しばし店内を観察。
壁一面にはずらりと本が並べられていたり、スタイリッシュなインテリアを採用していたり、デザイナーズカフェのような雰囲気です。
平日15時ごろに来店しましたが、1階席2階席共に店内はほぼ満席状態でした。

IMG_3285 (2)

工夫が光る、日本の味

お待ちかねのメニューが到着。
今回はあんみつUS$3.5(約385円)、白玉だんごUS$2(約220円)と、ドリンクはさっぱりしたものがいただきたかったので緑茶US$1.5(約165円)をオーダーしました。
残念ながら緑茶はティーバッグでしたが、趣のある急須で砂糖漬けのライムと一緒にサーブされたので満足です。

白玉だんごは、もちもちでみずみずしく作りたてのような味わい。
抹茶の寒天と抹茶アイスが楽しめるあんみつも本格的なお味で、ここがカンボジアということを忘れそうなくらいです。
スイーツは提供されるまでに少し時間が掛かったので、オーダーが入ってから調理されていると思われます。

IMG_3283

IMG_3284

IMG_3282

来店時の客層は8割カンボジア人、2割が外国人でした。
テイクアウトで抹茶ドリンクを買って帰る人も多く、カンボジア人に和スイーツと抹茶が浸透しつつあるように感じられます。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。