ホーム >  ベトナム > ベトナムのローカル薬局

ベトナムのローカル薬局

LINEで送る
Pocket

ベトナムで薬を購入する際、現地では大別して2つのタイプの薬局に赴く必要がある。1つ目が日本でも一般的なドラッグストアだ。経済都市としても名高いホーチミン市内にも多くはないが近代的なドラッグストアが存在する。

IMG_1616

外資系ドラッグストア Gurdian

IMG_1632

外資系ドラッグストア Pharmacity

ホーチミン市内では外資系のドラッグストアが主流となっており、上記のような店舗が市内中心街で見受けられる。

IMG_1621

IMG_1624

IMG_1633

店内には薬以外にも「歯ブラシ」や「お菓子」、「サプリメント」など、日本のドラッグストアと遜色ない品揃えとなっている。ベトナムのコンビ二はまだ取り扱い商品も数が少ないため、このような店舗があると非常に便利である。

しかし、特筆すべきはこれらのドラッグストアがまだ広く普及していない点にある。正確な統計データが無いため、明確なソース元を明示する事はできないが、弊社スタッフが行った薬剤師へのヒアリングによれば、ホーチミン市内には薬局が1,800店舗も存在するようだが、そのうち上記のようなドラッグストアはまだ100店舗にも満たないという。

では、現地ベトナム人は普段どのような場所で薬を購入しているのだろうか。

それが2つ目の薬局、現地の伝統的なローカル薬局だ。

IMG_1620

ローカル薬局

上記の店舗は閑静な住宅街に存在する市内ではごくごく一般的なローカル薬局だ。

IMG_1630

IMG_1625

外来のドラッグストアとは異なり店舗が非常に小さく、薬は消費者の手の届かない場所に陳列されている。そのため、ベトナムでは(たぶん薬剤師であろう)店員に「症状」「アレルギーの有無」「薬が必要な個数(日数)」の詳細を伝え、その内容に沿った薬を選んでもらい、必要な日数分だけを処方してもらう。受け取る際には薬の用法・用量に関して軽く説明をうけるため、パッケージをいちいちもらう必要はない。

IMG_1634

上の写真は実際に私が購入した薬になる。「咳」・「鼻水」の症状を訴えたところ、この3種類が処方された。上記は2日分の錠剤で、お値段3万ドン(約150円)と比較的安い。しかも、薬を小分けで販売してくれるため、私のような単身者でも薬を無駄にしてしまう事も無く非常に都合が良い。

とはいえ外来のドラッグストアと比較すると、やはり日常消費財(洗剤やトイレットペーパー、歯ブラシなど)を取り扱っていない点は利便性を享受してきた私としては歯がゆいところだ。しかし、ベトナム人に言わせると、バイクで乗りつけ、さっと薬を買える伝統的な薬局にも無くなられては困るのだそうだ。

今後も、近代的なドラッグストアがベトナムに多く出店される事が予想されるが、ベトナム人の生活に則している店を考慮すると、伝統的なローカル薬局の牙城を崩すのはそう容易いことではないように感じる。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介