ホーム >  マレーシア > 【マレーシア】そばをマレーシアに!「Japanese Soba Shinanoji」オープニングスタッフにインタビュー

【マレーシア】そばをマレーシアに!「Japanese Soba Shinanoji」オープニングスタッフにインタビュー

LINEで送る
Pocket

2017年にクアラルンプールにオープンした伊勢丹ジャパンストア(ISETAN The Japan Store)の4階にあるジェーズ・ゲート・ダイニング(J’S GATE DINING)。
以前も紹介したが、共有スペースに加えて、各専門店内にも飲食スペースを設けたフードコートスタイルになっていて、日本から出店した飲食店が軒を連ねている。

手頃な価格でオーセンティックな日本食ダイニング体験ができるため、在マレーシアの日本人、ローカルのみならず国内外のツーリストも訪れる日本食スポットだ。

J’S GATE DININGを紹介した以前の記事はこちら【マレーシア】マレーシア最大級の日本食フードコート!日本から和食専門店が進出

クアラルンプールlot10信濃路
オープニング以来、同店に勤務するプリシェルさん

そのJ’S GATE DININGに、信州そば・うどんを主とした和食専門店を和歌山県で展開する「信濃路グループ」が、Japanese Soba Shinanoji(信濃路)を2018年1月にオープンした。
マレーシア初出店となる同店で、オープン時から働くプリシェル(Ms.Prishel)さんに話を伺った。

 

麺文化の盛んなマレーシアに「そば」を根付かせたい

― 信濃路で働くことになったきっかけとは?
プリシェルさん:多民族国家のマレーシアでは洋食、中華、インド、アジアンなどは、すでに普遍化された料理なんです。
日本食はここ数年で一気に広がりましたが、信濃路で提供しているのは寿司、ラーメンといったすでにマレーシアでも一般的な日本料理ではなく、「そば」がメインのレストランです。
今までにないジャンルの専門店ということで、新鮮な印象を持ちました。

実は今、料理人になるために学校に通い勉強している最中なのです。
日本食は奥が深く、繊細なので勉強のしがいがあります。

 

 どのようなお客様が多いのでしょうか?
プリシェルさん:お客様の9割がローカル(中華系マレーシア人)、もしくはツーリストですね。
当店のあるブキビンタン(Bukit Bintang)は、クアラルンプールの中でも屈指の繁華街であり、観光スポットだからだと思います。

― ツーリストでは、日本人の方が多いのでしょうか?
プリシェルさん:アメリカ、イギリス、そして中国本土からのお客様が多い印象です。
彼らにとっても「そば」は「何か新しい(something new)」食べ物として、試してみたくなるような魅力があるようです。

クアラルンプールlot10信濃路
精巧に作られた食品サンプルに関心を持つツーリストのお客様も

― 人気のメニューを教えていただけますか?
プリシェルさん:ざるそば(Standard Japanse soba)です。
ベジタリアンやムスリムのお客様にも好評です。
グループで来店するお客様用のシェアメニューとして3人前盛りもご用意しています。
天ぷらをトッピングするのが人気で「海老天ぷら」「ベジタブルかき揚げ」がよく出ます。

クアラルンプールlot10信濃路
「肉盛りそば」は同店の人気メニューの一つ

また肉好きの方におすすめなのが肉盛りそば(Nikumori soba)ですね。
トッピングの肉は牛肉、鶏肉から選べます。
当店はムスリムの方が自己判断しやすいように配慮しているムスリムフレンドリーなので、豚肉を扱っていません。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。