ホーム >  カンボジア > 【カンボジア】プノンペンに焼肉やお鍋が人気の「虎二郎」がオープン!オーナーにインタビュー

【カンボジア】プノンペンに焼肉やお鍋が人気の「虎二郎」がオープン!オーナーにインタビュー

LINEで送る
Pocket

2019年4月。
プノンペンでも外国人が多く住み、おしゃれなエリアであるトゥールトンポン地区に、昭和レトロな雰囲気が漂う飲食店が誕生しました。

torajiro_01

左端に“笑々酒場”と書かれたのれんの奥をのぞいてみると、とびきり明るいオーナーの浦久環さんと、にこやかなスタッフさんが迎えてくれました。

「虎二郎」は、2016年6月からプノンペン市内中心部のプランピーマカラ地区で営業されていた「Pache Grill & Beer Restaurant」が、移転・リニューアルしたお店です。

新たな場所で、店名から店構えまでを一新することになった背景には、どのような経緯があったのでしょうか。

リニューアル後のお客様の反応や目指すべき店舗像に至るまで、じっくりとお話を伺うことができました。

内装業を展開する伸さんの課題検証のため出店

torajiro_02
オーナーの浦久環さん

兵庫県出身の浦久さん。
日本では、弟さんとともに立ち上げた会社にて、20年以上飲食業を営んできました。
これまで経営に携わった業態はイタリアン、寿司、焼肉、バーベキュー場、屋台事業、居酒屋などと実にさまざま。

カンボジアで飲食店を出店することになったのは、内装業を営むご主人の伸さんがカンボジア進出を決意したことがきっかけだったといいます。

「主人の会社は神戸を拠点にしつつ、日本全国のお客様から店舗の内装工事案件を請け負っていました。
2015年頃から、日本国内に留まらず新しい市場に展開していきたいと考えるようになり、着目したのがカンボジアでした」

2015年といえば、プノンペンで飲食店の出店ラッシュが続いた時期でもあります。
伸さんのみ先行してプノンペンに移住し、店舗内装事業をスタートさせました。

「異国の地で事業をスタートさせたものの、扱う素材は主人にとって初めてのものばかりでした。
そこでお客様の店舗工事を手掛ける前に、まずは自分たちでさまざまな課題を検証しようと思い、自社で飲食店を施工して運営することにしたのです」

そのような経緯で誕生した旧店舗が「Pache Grill & Beer Restaurant」。

立ち上げ・運営に関しては、飲食業の知見が豊富な環さんと弟さんが中心となり、現地スタッフと連携しながら行ったといいます。

移転前の顧客層と移転先の環境を考慮し、「日本の酒場」色を前面に

torajiro_03
元気をくれる黄色を基調とした内装は、“笑々酒場”というコンセプトにぴったり

ご主人に遅れること2年余り。
お子さん達とともにプノンペンへ本格移住した環さんは、「Pache Grill & Beer Restaurant」の移転・リニューアルを行いました。

そもそも、装いを新たにオープンすることになった背景には、どのような経緯があったのでしょうか。

「オープンから3年目に入り、物件の契約更新時期がやってきました。
カンボジアではよくあることですが、更新のタイミングで家賃が大幅に引き上げられることになってしまって。
このまま同じ場所で続けるべきか迷っていたところ、現在の物件が空くことを知り移転することにしました」

お客様の層がオープン時の想定と変わってきていたこともあり、リブランディングを兼ねて移転・リニューアルオープンすることにしたそうです。

「当初『Pache Grill & Beer Restaurant』は、ローカルのお客様をメインターゲットとしていました。
価格は抑えつつ、ローカルBBQ と日本式焼肉の中間路線を狙っていたのです。
ところが、内装がおしゃれ過ぎてしまったせいか、現地の方々には入りづらい部分があったようです。
そうした経緯もあり、途中から日本式のメニューを増やしていった結果、最終的には全体の9割近くが日本人のお客様で占められるようになっていました」

移転先の顧客層を踏まえ、「虎二郎」では日本人経営の酒場であることがひと目で分かるように、店名や内外装までを一新したとのこと。

torajiro_04
鶏・牛・豚のかわいらしいのれんのロゴマークが、看板メニューの焼肉・しゃぶしゃぶをアピール

「日本人のお客様には、これまで通り喜んでいただけるようなお店になっていると思います。
加えて、近隣に多く住んでいる欧米人の方々の他、地元のカンボジア人や観光客の方々にも入りやすいお店にしたいと考えました。
価格は、そのような視点から設定しましたね」

メニューについては、旧店舗時代から看板メニューであった焼肉、鍋はそのままに、一品物を拡充したといいます。

思う存分お肉を食べたい方も、つまみながら1杯やりたい方も大満足

リニューアル後1ヶ月経った取材時点での顧客層は、約8割が日本人。
場所柄、欧米のお客様の飛び込み来店も見られるようになったようです。

torajiro_05
ローカルになじんでもらうことを目指し、タイルや木目調で統一した店内

平均客単価はディナーでUS18〜20ドル(約1,926〜2,140円)、ランチでUS5ドル(約535円)。
ランチは、お肉をメインにした一律US5ドルの定食を頼まれる方が多いとのことですが、お昼から焼肉・鍋メニューをオーダーすることも可能です。

現時点での人気メニューを、お客様の層別にお伺いしました。

■日本人のお客様に人気のメニュー

【焼肉】
・ホルモン US7ドル(約749円)
・ハラミ US8ドル(約856円)
旧店舗時代からの2大人気メニュー。
アメリカ産またはニュージランド産の柔らかいお肉で、とろけるような味わいです。

右:豚バラカルビ、左:ハラミ、中央:ホルモン
右:豚バラカルビ、左:ハラミ、中央:ホルモン

・中落ちカルビ US7ドル(約749円)
お肉の濃厚なうま味を味わえる、焼肉定番の部位。
torajiro_07

【鍋】
・豚しゃぶセット US15ドル(約1,605円)/1人前
「掛川完熟酵母豚」のしゃぶしゃぶ肉が一番注文されています。

薬品類を使用せず酵母発酵飼料のみで飼育された豚肉は、柔らかいだけでなく、ヘルシーで甘みがあります。
焼肉は注文せず、お鍋のみを目当てに来店される「鍋派」のお客様もいらっしゃいます。

torajiro_19

【一品物】
・もろこしフライ US2.5ドル(約268円)
からりと揚がったしょう油風味のとうもろこしは、おつまみに最適。

torajiro_08

・おかんの煮物 US3ドル(約321円)
だしとしょう油で炊いた里芋の煮物は、懐かしさを感じさせてくれるおふくろの味です。

torajiro_09

・冷麺 US5ドル(約535円)
焼肉の締めとして食べたくなる冷麺は、男女問わず大人気。

torajiro_10

・チキンソースかつ丼 US5ドル(約535円)
ボリューム満点のご飯系メニューは、男性のお客様から高い支持を集めています。
ビールとともに1品で頼まれるお客様も。

torajiro_18

チキンソースかつ丼

■欧米人のお客様に人気のメニュー

【焼肉メニュー】
・ファミリーセット US20ドル(約2,140円)
お肉(牛中落ちカルビ、牛バラカルビ、豚肩ロース、鶏もも肉)と巻き野菜がセットになったお得なメニュー。

・豚バラカルビ US3.5ドル(約375円)
・豚肩ロース US3.5ドル(約375円)
・鶏もも肉 US3.5ドル(約375円)
単品では、上記のような比較的リーズナブルなお肉がよく出ます。

【鍋】
欧米のお客様は、断然焼肉派。
鍋はあまり注文されないそう。

【一品物】
・ガーリックライス US4ドル(約428円)
・ビビンバ US5ドル(約535円)
まんべんなく注文されているものの、特に人気があるのは上記の2品。

torajiro_17
ビビンバ

■カンボジア人のお客様に人気のメニュー
まだ目立った注文傾向は見られないものの、鍋よりも焼肉派の方が多い印象です。

カンボジアでの最大の苦労は衛生管理

長年飲食業に従事されてきた環さんに、カンボジアで店舗運営する上で苦労している点を伺うと、一番は衛生管理だといいます。

「1年中暑い国なので、衛生面には常に配慮する必要があるのですが、日本とは衛生管理のスタンダードが違うので困ることが多いです。
どれだけ注意していても、気候や周辺環境は変えられないですし。
店内の害虫駆除やスタッフの手指衛生については徹底していますが、現地のスタッフたちにその重要性を理解してもらうまでには結構な苦労を要しました」

torajiro_11
スタッフとの会話が楽しめるカウンター席

仕入れに関しても、時にもどかしく感じることがあるのだとか。

「一通りの食材は現地でそろうのですが、一品物で使用する加工食材は選択肢が少ないので、他店と差別化を図るのが難しいと感じることがあります。
現在は、入手可能な食材との折り合いをつけつつ、最善のメニューを考えています」

一方、海外で難点になりがちな現地スタッフの育成面については、特別苦労は感じないといいます。

「課題がないわけではありませんが、日本でスタッフ教育をしていくのと何ら変わりはないと思っています。
カンボジア人だからやりづらいということはないですね。
相手が誰であっても、要望は単刀直入にはっきり伝えるというのが私の方針です」

torajiro_12
昭和の酒場感を引き立てる寅さんのポスター。「つらい」が「フライ」になっているところがユニーク

駄目なものは駄目としっかり伝えつつ、任せられる部分はスタッフに一任することで、トラブル対応もスムーズに行えているのだとか。

「オープン後に設備関係の不具合がいくつか出たことがありましたが、業者さんとのやりとりをスタッフに任せることで、問題なく修繕されています。
カンボジア語で直接話した方がスムーズですし、スタッフ自身が急ぎで必要だと思うことは、相手にもきちんと伝えてくれますから。
『修理業者さんが約束の時間に来ない』といったような話もよく聞きますが、連絡をスタッフに任せることで、大幅な遅延なく問題解決ができていますね」

「あの店、めっちゃ元気やな!」と言われるようなお店にしたい

終始にこやかな笑顔で接客される環さんが今一番力を入れていきたいことは、「トゥールトンポンで一番元気なお店をつくること」だそう。

torajiro_13
周囲をパッと明るくする浦久さんの笑顔

「お客様には賑やかで、みんなが楽しそうにしている空間で食事を楽しんでいただきたいのです。
私の強みは声が大きいところなのですが、スタッフにもとにかく元気を出すように伝えています。
『ビール モーイ(カンボジア語で“一丁”)!』というような注文時の掛け声からはじめて、活気溢れる雰囲気を作っていきたいですね」

メニューについても、徐々に拡充していきたいと考えているそう。

「今検討しているのは、カンボジア人スタッフ達が日頃食べている賄い料理をアレンジしてメニュー化することです。
意外と日本人好みの味付けのものもあって、本当においしいんですよ!
『ローカル食堂で食事をするのはハードルが高い』と感じている日本人の方々にも、ぜひ味わっていただきたいですね」

さらに、ドリンクについては、女性目線で充実させていきたいといいます。

torajiro_14
たっぷりのレモンスライスで、さっぱりとした風味がアップしている「生レモンチューハイ」

「ビールやハイボールといった定番のお酒に加え、チューハイメニューを増やしていきたいと思っています。
カンボジアで豊富に採れるフレッシュフルーツを使い、女性に喜んでいただけるようなメニューをいろいろと考えています」

これからも、身近にある素材から、オリジナリティーに溢れたメニューが続々と生まれていくのが楽しみです。

笑顔とお酒をお供に、おいしいご飯を召し上がれ

torajiro_15
青空に映える真っ赤な看板と門が目印

装いを一新してオープンした「虎二郎」は、仕事帰りにふらっと気軽に立ち寄るのもいいし、仲間や家族とワイワイ楽しむのもいい、親しみ溢れるお店です。

お客様一人一人を笑顔でお迎えする環さんと、細やかな気配りを欠かさないスタッフの皆さんが出迎えてくれます。
笑いの絶えない明るい雰囲気を楽しみに訪れるお客様も、ますます増えていくことでしょう。

■虎二郎
住所:#54D, St. 123, Sangkat Toul Tompoung 1, Khan Chamkarmon, Phnom Pehn
電話:061333106
定休日:不定休(原則週1日休み)
※休業日程はFacebookページなどで都度告知
営業時間:ランチ11:00~14:30(L.O.14:00)、ディナー17:30~22:30(L.O.22:00)
Facebook:https://www.facebook.com/torajiro123/

※1アメリカドル=107円で計算

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介