ホーム >  シンガポール > 【シンガポール】高級焼肉店「肉 勝又 Katsumata Singapore」の支配人インタビュー

【シンガポール】高級焼肉店「肉 勝又 Katsumata Singapore」の支配人インタビュー

LINEで送る
Pocket

肉 勝又 Katsumata Singaporeのこだわり

 

ー 勝又さんのこだわりを教えてください。
ひと言で言うと「水晶で赤身の肉を焼く」というスタイルにこだわっています。
日本でも珍しいと思いますよ。
また、肉はいろいろな種類の赤身に特化しています。
牛の産地やブランドにこだわらず、実際に食べてみておいしいものだけを提供しています。
産地やブランドにこだわらないことが「肉 勝又 Katsumata」の最大のこだわりです。

IMG_9583
赤身の盛り合わせ一例

ー 水晶でお肉を焼くんですか? 通常の鉄板で焼くのとは、どのような違いがあるのでしょうか?
石なので熱伝導率が低く、火が入るまでに時間がかかります。
鉄板や網で肉を焼く場合、300度くらいの高温になるため、水分が逃げてしまいます。
しかし、水晶ならじっくり中まで時間をかけて焼けるので、水分を逃さないようにできるのです。
水晶は温度調節が簡単なので、ゆっくりベストな状態で焼き続けることができるのも魅力です。

IMG_9580
水晶で焼くことで、赤身肉がジューシーに焼き上がる

シンガポールに出店するきっかけ

 

ー なぜシンガポールにお店を出すことになったのでしょうか?
日本の僕たちのお店は東京の恵比寿にあり、会員制になっています。
会員の中にシンガポールで投資会社をされている方がいらして、その方から「シンガポールに出店してみませんか?」というアプローチがあったのがきっかけです。

シンガポールの店舗では、会員制ではなく、どなたでも気軽に来店できます。

 

ー この近辺は、他にも日本人の方のお店があったのですか?
僕たちがお店をオープンさせたのは2年半くらい前ですが、その頃はあまりありませんでした。
最近は、日本人が集まるような業態のいわゆる居酒屋やラーメン店、他にも焼肉店などができてきました。
当店も含めてまだ新参者なのですが、かなり日本人の街らしくなってきました。

結構、韓国の方も多いですが、タンジョンパガー全体で日本の飲食店が盛り上がってきていますね。

IMG_9573
日本人経営の飲食店が増えつつある、タンジョンパガー界隈

ー それは日本人がお店を出すと、そこに日本人が集まってくるからでしょうか?
それもありますね。
また、日本から新しいお店がくるというよりは、もともとシンガポールにある既存のお店から独立するパターンが多いですね。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。