ホーム >  マレーシア > 【ASEAN✏STUDY】マレーシアで働く!駐在員が取得する就労ビザ「雇用パス」について

【ASEAN✏STUDY】マレーシアで働く!駐在員が取得する就労ビザ「雇用パス」について

LINEで送る
Pocket

※本記事は2019年7月29日現在の情報です。

日本人が住みたい国ランキング13年連続1位(出展:財団法人ロングステイ財団「ロングステイ希望国・地域2018」)に選ばれたマレーシア。

日本の企業もマレーシアに注目し、続々と進出をしています。マレーシアで駐在員として働く予定の方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな駐在員の方が取得する就労ビザをご紹介します。

ああああ

海外に駐在する場合、通常は1年以上の長期滞在になると思います。マレーシアで1年以上就労する場合、一般的に取得するビザは「雇用パス(Employment Pass)」です。

雇用パスとは、マレーシアの雇用主(マレーシアで法人化された子会社、マレーシアで登記された外国企業の支店、マレーシアの駐在員事務所)に雇用される管理職・専門職の外国人に発給されるビザです。その取得条件と申請方法について、みていきましょう。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。