ホーム >  ミャンマー > 【ミャンマー】ヤンゴンでコワーキングスペースが増えるわけ

【ミャンマー】ヤンゴンでコワーキングスペースが増えるわけ

LINEで送る
Pocket

ここ1~2年、ヤンゴンには続々と、コワーキングスペースができている。
そこにはヤンゴンならではの背景がある。

ヤンゴン中心部にあるコワーキングスペース、インパクトハブ・ヨーミンジー

 

ターゲットにより3タイプに分類できる

ヤンゴンのコワーキングスペースは、ターゲットとする客層によって大きく3つのタイプに分かれる。

①ハイエンド型
外国人やミャンマー人のエリートビジネスマンが利用するハイエンドの施設。
ヤンゴン中心部にそびえる複合商業施設「ジャンクションシティ」のオフィス棟に入居する「KLOUD Junction City Tower」や、ダウンタウンの「Hintha Business Centres」などがこれにあたる。
1日の使用料がUS$20~30(約2,120円~3,180円)くらいで、外国人ビジネスマンやミャンマー人エリートたちの姿が目に付く。

ヤンゴン中心部そびえる複合商業施設ジャンクションシティ
コワーキングスペース「KLOUD Junction City Tower」が入居するジャンクションシティ

 

②テンポラリー型
フリーランサーなど、個人の客を想定した施設。
webデザイナーやオンラインショップのオーナーなどIT系の仕事をする個人事業主が多く、20~30歳代の若者が中心。
1日の使用料が中心部の立地ならUS$10~15(約1,060円~1,590円)くらい、周辺エリアならUS$5(約530円)くらいからある。
このタイプで人気が高いのは、同じくダウンタウンの「Phandeeyar」だろう。
使用料金は1日US$7~12(約742円~1,272円)ぐらいが多い。

③レンタルオフィス型
新興の小規模企業に、区画ごとに長期契約でレンタルする施設。
3~5人くらいの小さな会社が、コワーキングスペースの一角を月単位や年単位で契約し、オフィスとして使用するパターンだ。
Impact Hub Yangonは②で紹介した個人事業主の利用も多いが、メインはこちら。
料金は②と同価格帯で、使用する席数分を月極めや年契約で支払うことになる。

レンタルオフィスも併設するインパクトハブ・ティンガンジュン
ヤンゴン中心部外れの中小企業が多いエリアにあるImpact Hub Yangonティンガンジュン店

ヤンゴンのコワーキングスペースは2016年頃からぽつぽつとできだし、2017年から2018年にかけて一気に増えた。
現在、筆者が確認できているだけで20ヶ所以上。
2017年まではレンタルオフィス事業とコワーキングスペースを兼ねた施設が目に付いたが、2018年に入ってからはテンポラリー型が増えてきている。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。