ホーム >  ベトナム > 【ベトナム】ハノイの人気ハンバーガー店「Jewel Diner」オーナーインタビュー

【ベトナム】ハノイの人気ハンバーガー店「Jewel Diner」オーナーインタビュー

LINEで送る
Pocket

ハノイ市内にある最大の湖で、地元ハノイっ子の憩いの場にもなっているタイ湖。
湖畔に佇む「Jewel Diner」は正統派ハンバーガーを味わえる店として欧米人を中心に大人気のレストランです。
そしてこちらのオーナーは、実は日本人で、脱サラした元駐在員の平野一孝さん。
ただの元サラリーマンではなく、名古屋の伝説的なアメリカンスタイルのレストラン「UPTOWN DINER」のDNAを受け継ぐ平野さんに、出店の経緯から今後の展望までお話しを伺いました。

20190719165538_IMG_0131

筆者:以前、ベトナムに駐在されていたということですが、駐在時代も飲食業界だったのでしょうか?
平野氏:駐在時代は、プラスチック精密部品のサプライヤーとしてハノイで働いていました。
ハノイのオフィスを任されていたので、経営から人事までさまざまな仕事を経験することができ、とてもやりがいがありました。
ですが2年半たったころに会社から帰任を言い渡され、さらにやりがいのあるポジションを本社で用意していただいたのですが、「年齢的にもやりたいことができる最後のチャンス」と、会社を辞めてハノイで起業することにしたのです。

筆者:前職は飲食とはまったく関係なかったのですね。
飲食店を出店するきっかけとは?

平野氏:1990年代にアメリカンダイナーのブームが日本であったのですが、当時名古屋の栄にあった「UPTOWN DINER」で学生時代にアルバイトをしていました。
UPTOWN DINERはハンバーガーがとてもおいしく、地元では有名でしたね。
シフトが入っていない日も店にいって暇をつぶすような落ち着ける店で、とても気に入っていました。
そこで一緒にアルバイトをしていた仲間たちが飲食業界に就職し自分の店を構えていくような姿を、サラリーマンをしながら少しうらやましく見ていたのがきっかけです。

20190719175049_IMG_0167

 

筆者:飲食経験はアルバイトのみですが、ベトナムでの出店はスムーズにいったのでしょうか?
平野氏:レストラン出店までに1年の準備期間を費やしました。
どんなお店をやりたいかは決まっていましたが、最初は本格的なキッチンがなかったため、自宅の浴室でシャワーからお湯を出しながら湿度管理をしてパンを試作する日々でした。
ちなみに、前職のプラスチック成型とパン作りは、どちらも型にはめてつくるので、意外と似たところがありました。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。