ホーム >  タイ > 【タイ】ドン・キホーテがタイ初進出!入居する複合モール「ドンキモールトンロー」とは?

【タイ】ドン・キホーテがタイ初進出!入居する複合モール「ドンキモールトンロー」とは?

LINEで送る
Pocket

日本でおなじみのディスカウントストア、ドン・キホーテの東南アジア向け新業態「DON DON DONKI(ドンドンドンキ)」が入居する複合モール「ドンキモールトンロー」が2019年2月22日にオープンしました。
飲食・雑貨・化粧品の他、スポーツ施設なども備え、日本にルーツのあるテナントを中心に展開し、話題を呼んでいます。

ドンキモールトンローのロケーション

dq1
トンローソイ10またはエカマイソイ5。この通り沿いにドンキモールトンローがある

ドンキモールトンローは日本人在住者や欧米人が多く住むエリア、バンコクのエカマイにあります。
アクセスはBTSエカマイ駅からスクンビットソイ63を北上し、トンローソイ10(トンロー側の名称)またはエカマイソイ5(エカマイ側の名称)に入ると、通り沿いにあるのですぐに分かります。
徒歩でも行けますが駅から15分はかかるので、タクシーかバイタク、路線バスを利用する方がよいでしょう。
バンコクの公共交通に慣れてない方にはタクシーをおすすめします。

モール内の様子

dk2

外観はタイ人好みの装飾的でオープンエスカレーターのあるおしゃれなつくりです。

〈1F〉
dk3

1Fはドンドンドンキのスーパーです。
日本のお菓子やカップラーメン、調味料などが並んでいます。
異国のタイにもかかわらず、インスタント食品などは日本の格安商品が多数そろっていて、そのラインアップはさすが!です。

dk4

日本では総菜やお弁当を取り扱うドンキは少ないけれど、タイではずらりと並びます。
その他、丼ものや刺し身などがあり、バリエーションが豊富です。

dk5

タイの少し高級なスーパーでは、売り場にカウンターを設けて食事ができるスペースを用意しているところがありますが、ドンキも食事ができるタイスタイルを取り入れています。

スイーツやドリンクがメインの「リトルダイニングトンロー」というフードコートもありました。

〈2F〉

dk6
2Fではコスメや文房具など、日本で販売されているのと同じ商品ラインアップです。
日本同様、商品が溢れかえっているような印象でした。

dk7

ドンドンドンキ以外のショップもあります。
みそや発酵食品などを販売する老舗メーカー「マルコメ」と長野県の観光情報を提供している「発酵らぼ」では、日本が誇る発酵食品の「みそ」を取り扱っています。
さまざまな味の即席みそ汁がありました。

dk8

すっかりモールでは常連店舗となったダイソー。

dk9

バンコクで店舗数を着実に増やしているツルハドラッグ。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。