ホーム >  タイ > 【タイ】タイに日本の魅力を売り込め!バンコク日本博 2019レポート

【タイ】タイに日本の魅力を売り込め!バンコク日本博 2019レポート

LINEで送る
Pocket

タイのバンコクで、2019年8月30日(金)~9月1日(日)に「日本博2019」が開催されました。
会場となったのはバンコクの原宿と言われるサイアムの高級ショッピングモール「サイアム・パラゴン」5階「ロイヤルパラゴンホール」です。
日本の魅力をタイ人一般消費者や現地企業に伝えるべく、さまざまな分野の日系企業が参加しました。
縁日のような賑わいだった飲食ブースの様子などをお伝えいたします。

バンコク日本博について

np1

バンコク日本博は、2002年より「日本留学フェア」「日本留学&日系企業就職フェア」「JAPAN EXPO IN THAILAND」と名称を変更しつつ、現在のような大きなホールイベントに成長しました。
B to BやB to Cとして、日系企業がバンコクの人々に直接、商品やサービスを売り込める機会です。
年々知名度を上げており、文化交流による日タイの橋渡し的な人材発掘も期待されています。

バンコク日本博2019会場の様子

〈飲食関連のブース〉

np2

会場に入ると、飲食店ブースから漂ってくるいい香りが充満していて食欲をそそられます。
ホールの中心には、ブースで購入した飲食物を食べるスペースが設置されており、若者から家族連れまで多くの人で賑わっていました。

np3

マルコメのブースではみそバーというユニークなアプローチで、おみそ汁をアピール。

np4

今年オープンしたドンキモールでは即席みそ汁の販売といった、みそ商品を展開する「みそラボ」を出店するなど、タイで販売しているみその種類もますます増えてきているようです。

np5

今や東南アジアに多数の店舗を展開している「筑豊ラーメン山小屋」。
今回はラーメンだけでなく黒毛和牛ステーキやビーフシチューなどお肉のメニューも提供していました。
でもやはり人気はなんといってもラーメンだったようです。

np6

そうめんでおなじみの「揖保乃糸」のブース。
タイでも、米の麺ではありますがカノムチーンというそうめんに似ている細い麺がありますので、タイ人客にも注目されたのではないでしょうか。
日本人を含め、ブースには多くの人が集まっていました。

np7

キッコーマンのブースでは、しょう油を使った煮込み料理をサンプリングしていました。

np8

日本のサブカルチャーで人気といえばメイドさんですね。
こちらは、メイドカフェ「めいどりーみん」のブース。
メイドさんに話しかける若者も多く、賑わっていました。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。