ホーム >  ベトナム > 副業が当たり前?!消費市場を攻略せよ! ベトナム人の資金源に迫る

副業が当たり前?!消費市場を攻略せよ! ベトナム人の資金源に迫る

LINEで送る
Pocket

IMG_0017

ホーチミン市内中心に位置するサイゴンセンターの風景。

2014年の帝国データバンクによれば、ベトナムは「注目の生産拠点先」と「注目の販売先」の部門で1位と4位に選出された。

「生産拠点」として注目されはじめて幾数年、
やっと「消費市場」としての側面も注目されはじめたか、と言うのがベトナムビジネスに携わる人々の共通認識のようだ。

確かに近年のベトナム人の消費動向にはめまぐるしい変化が感じられる。

定価700ドル以上もするIphone7を持つOLや、20万円近いバイクに乗り通学する大学生など、日本人と変わらない生活水準を享受するベトナム人も少なくない。

しかし、このような状況を鑑みるに
「これらの資金がいったいどこから捻出されているのか?」
といった素朴な疑問が頭をよぎる。

いくら経済成長率が高いベトナムと言えども、大卒の初任給が300ドル前後(工場労働者であればさらにこれを下回る)である彼らにスマートフォンやバイクを購入する事はかなりの負担になるはずだ。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。