ホーム >  タイ > バンコクの中心でタラバガニが泳ぐ!Shinsen Fish Market(シンセンフィッシュマーケット)

バンコクの中心でタラバガニが泳ぐ!Shinsen Fish Market(シンセンフィッシュマーケット)

LINEで送る
Pocket

昨年バンコクにオープンした中で、タイ人に非常に話題になっているレストランの一つがシンセンフィッシュマーケット。
駐車場を含む約4,000㎡の施設内には大きな生け簀が配置され3キロを超える大きなタラバガニが数十匹泳いでいる。
平日土日を問わず多くのローカル客で賑わいを見せている。

今回はオーナーのアユ・ ポチャナン氏(ニックネームはノットさん)にインタビューを実施した。

ノット氏③

記者: とても大きな施設ですが、オープンの経緯は?なぜこのような施設を?
ノットさん:この物件の持ち主やレストランチェーンの経営者、広告会社の経営などをしている私を含めた6人のタイ人の仲間で始めたビジネスなんです。
ここで何をやるか考え、日本や台湾のレストランを巡る中でヒントを得て、構想から約1年がかりでオープンしました。
日本や台湾のものをそのまま持ってくるのではなく、バンコクの富裕層の若者をターゲットとして考え、彼らの中で話題になるよう内外装もスタイリッシュでモダンにしました。

S__28237827

記者:シンセンフィッシュマーケットがオープンして以来、インスタグラムなどでタラバガニを抱えて記念撮影している写真をホントによく見るようになりました。
ノットさん:はい。店内に入るとすぐに大きな生け簀が並んでいます。
Live Aquamarineゾーンと名付けていますが、2キロ以上のタラバガニやロブスターなどが泳ぎ、その日のマーケットプライスで100グラム単位で販売、お客様のお好みに合わせて店内で調理しています。
購入される方、されない方に関わらず、積極的にお声掛けし、生きたタラバガニと記念撮影をしていただけるようにしています。

タラバガニと記念写真を撮る女性

記者:シンセンフィッシュマーケットについて教えてください。
ノットさん:大きく分けて以下の10のゾーンに分かれています。

生け簀

1.Live Aquamarine
タラバガニや毛ガニ、ロブスター、ミル貝、 赤貝など日本や世界から空輸された魚介類の生け簀が並びます。
マーケットプライスで販売しています。

Price list 1 price list 3 price list 4 Price list 2

2.Sushi Bar
90席あるバンコク一長い寿司カウンター。
セット寿司やお好みの寿司が1貫から気軽に食べられます。

SUSHI BAR

3.Raw & Steam Bar
ご購入いただいた魚介類を刺身にしたりボイルしたりして提供するバーです。

4.Grill Bar
魚介類を炭火焼きで提供するバーです。

5.Café
コーヒーやソフトドリンクだけでなく、北海道ソフトクリームやアイスクリームなどが食べられます。

6.Shabu & Sukiyaki
日本の和牛などのしゃぶしゃぶとすき焼きを提供しています。

7.Supermarket
海鮮だけでなく、日本産をメインとする牛肉、野菜、フルーツなどが並んでいます。
日本のマスカットや巨峰、イチゴなど高級フルーツも揃います。

日本産のマスカット

8.Beverage Bar
輸入された日本酒やクラフトビールが並んでいます。
例えば、こちらではかなり珍しい「梵 特別純米酒 720ml」を1,550バーツで販売しています。

9.Flora
デッキと芝生のアウトドアゾーン。
心地よい環境の中でドリンクやお食事が楽しめます。

SHINSEN MARKET

10.Cooking School
福岡から定期的に先生を招聘し、クッキングスクールを開催しています。

当初はゾーンごとに、提供するメニューもSushi Barなら寿司と分けていたのですが、お客様のあれも食べたいこれも食べたいというニーズに対応するために、今はどこのゾーンでも全てのメニューをお召し上がりいただけます。

記者:これだけのものを仕入れるのは大変ではないですか?
ノットさん:築地をはじめとする日本各地や、世界中から、海鮮、牛肉、フルーツ、野菜などを毎日仕入れています。
独自の空輸便をメインにしていますが、バンコクは日本食レストランも多く、サプライヤーも多数あるので困ることはありません。

記者:どんなメニューがよく出ていますか?
ノットさん:やはりタラバガニが人気で平日20杯、土日30〜40杯出ています。
1キログラムあたり2850バーツ。
1杯で大体2キロになります。
そのほか、煮魚や刺身、寿司がよく出ていますね。

タラバガニ足

マグロ刺身

SHINSEN MARKET_6596

記者:オープン前に想像していたものと実際は違いましたか?
ノットさん:富裕層の若者が集まることを想定していましたが、予想以上にファミリー層のお客様が多いです。
タイ人が80%、外国の方が20%、こちらはタラバガニを目当てにいらっしゃる香港など中華系のお客様が中心ですね。

多くの来客で賑わう店内

記者:今後の展開について教えて下さい。
ノットさん:オープンしてまだ半年で次のことは考えていません。
1月31日まではTUNA FESTIVALを開催し、キャンペーン商品やマグロの解体ショーを実施していますが、季節毎のキャンペーンの実施やクッキング教室の開催など、この施設を使ってまだまだ集客していけると思っていますのでまずはそれが第一と考えています。

マグロ解体ショー2

記者:最後に何かあればお願いします。
ノットさん:日本人のお客様にまだまだ知られておりませんが、シンセンフィッシュマーケットは寿司や刺身だけでなく、パスタやステーキなどのアラカルトメニューも充実しています。
スクンビット39と来やすいエリアにありますので、ぜひ気軽にお越しください。

ノットさん②

7月にオープン以降、集客もどんどん上がっているシンセンフィッシュマーケット。
バンコクへ進出を検討する上で、ぜひ見ていただきたい旬の施設である。

Shinsen Fish Market(シンセンフィッシュマーケット)

Address 163/6 Soi Sukhumvit 39 Klongton-Nua Wattana, Bangkok, Thailand 10110
Telephone +66 2 260 6511
Email: contact@shinsenfishmarket.com
Facebook: www.facebook.com/Shinsenfishmarket
IG: shinsenfishmarket
Line@ shinsenfishmarket
URL:http://www.shinsenfishmarket.com

2階から店内全景

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介