ホーム >  シンガポール > 【シンガポール】ホーカーセンター/フードコートとは②:観光客にも人気!「ラオパサ フェスティバルマーケット」

【シンガポール】ホーカーセンター/フードコートとは②:観光客にも人気!「ラオパサ フェスティバルマーケット」

LINEで送る
Pocket

引き続き、シンガポールのホーカーセンター/フードコートについてお届けします。
前回は、ホーカーセンターがローカルの食生活にとって、なくてはならない存在ということをご紹介しました。
今回は、そんなホーカーセンターの中でもおすすめの「ラオパサ フェスティバルマーケット(以下、「ラオパサ」)」について、ご紹介します。

前回の記事はこちら→【シンガポール】ホーカーセンター/フードコートの過ごし方①:ホーカーセンターって?

超都心に構える大規模ホーカーセンター「ラオパサ フェスティバルマーケット」

金融機関を中心としたオフィスビルが立ち並ぶDown town、チャイナタウンの外れにあるTelok Ayer、有名なマリーナエリアのマーライオンに隣接するRaffles Placeと、都心ど真ん中の3駅から徒歩5分以内の好立地に構えるラオパサ。

以前あったホーカーセンターを改築し、2014年にリニューアルオープンしました。
2000を超える席数を持つ、近代的で巨大なホーカーセンターです。

IMG_5771
ラオパサフェスティバルマーケット

昼はサラリーマンで賑わい、夜は観光客も相まって多くの人が訪れますが、十分なキャパシティがあり混雑時でも席に困ることはないでしょう。

広大なラオパサ内をぐるぐる回ると、どこに席をとったか分からなくなるなんてこともあるかも。

IMG_5772

また、ラオパサの目の前には道路沿いに、東南アジアの焼き鳥「サテ」の屋台が道に立ち並ぶエリアもあります。

道路を封鎖した青空で食事できるスペースと、もくもくと焼き鳥の煙が上がっていく様子は観光名所化。
次から次へとお客様が来て、購入していきます。

IMG_20190801_193056
東南アジアの焼き鳥「サテ」
IMG_20190801_190434
ラオパサの前に並ぶサテの店舗
IMG_20190801_190356
ラオパサ前の道路は歩行者天国になり、座席が設置される

Down townのビル群を背景に、道路の真ん中で食べるローカルフードとビール「タイガービール」は最高!
ぜひ体験してみてくださいね。

「ハラール (HALAL)」の存在

そして日本人には慣れないながら、意外と重要なこと。
それは「ハラール」の存在です。

「ハラール」とは、イスラムの教えで「許されている」ことやもの。
その反対である「許されていない」ことやものは、「ノンハラール(Non HALAL)」と言います。
食事に関してもハラール・ノンハラールがいろいろと定められていて、イスラム教では豚肉を食べてはいけない、というのは有名なところではないでしょうか。

食事におけるハラールは、実は一言で表すのは難しく、それ自体をすぐに暗記するというのは現実的ではないかもしれません。

多民族・多宗教国家のシンガポールですが、国民の14%(出典:外務省、2019年1月時点のデータより)を占めるマレー系の方々は、ほぼイスラム教徒。
ハラールへの配慮は必須です。

ということで、どのホーカーセンターに行っても「ハラール」「ノンハラール」が分けられています。

IMG_20190718_181814
KOPITIAMに出店しているローカルフード店。左側の白色のトレーがノンハラールで、右側の緑色がハラール

 

物理的に席を区切るわけではないので、どの店の料理がハラールかというのをそれぞれに表示しています。
例えば、観光客が大勢押し寄せるショッピングモール「Changi city point」にあるフードコート「KOPITIAM」では、ハラールとノンハラールを食器やトレーの色で分別しています。
実は、「調理器具」や「食器」がノンハラールと触れ合うのもNGです。
そのため食器自体はもちろん、使い終わった食器を下げる場所も区別されています。

IMG_20190718_181625
トレイの返却はハラールとノンハラールで別れている

ホーカーセンターでは食器を片付けながらテーブルを清掃するスタッフがいます。
そのため自分で片付ける必要はないのですが、日本人たるもの食後の食器をそのままにして席を離れるのは気になる……というときは、「ハラール」「ノンハラール」にご注意を。
分からないときはスタッフに聞くか、そのまま置いていく方がいいかもしれません。

さまざまなローカルフードが集まることにはじまり、シンガポールの生活の一部となっているホーカーセンター。

現地の食文化に触れられる、おすすめスポットです。
海外出店を検討されている方はもちろん、観光で訪れた方も、ぜひぜひ体感してください。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。