ホーム >  ベトナム > 【ベトナム】ゴルフ天国のホーチミンにインドアゴルフスクール「ホーチミンエイムゴルフ」が新規オープン

【ベトナム】ゴルフ天国のホーチミンにインドアゴルフスクール「ホーチミンエイムゴルフ」が新規オープン

  • 友だち追加

ベトナムで海外からの在住者や出張者に人気のスポーツの1つがゴルフです。
日本からゴルフ旅行に来られる方も多々見受けられます。
そんな中ゴルフのお悩みを解決すべく、2019年11月、ホーチミンに完全予約制のインドアゴルフスクール「ホーチミンエイムゴルフ」がオープンしました。
今回は、代表兼インストラクターの土橋さんにお話を伺いました。

オーナー兼インストラクターの土橋さん
オーナー兼インストラクターの土橋さん

記者:ベトナム進出までの簡単な経歴を教えてください。
土橋氏:2009年東京ゴルフ専門学校卒業後、講師になりました。2014年に室内ゴルフスクール「渋谷 de ゴルフ」、ゴルフ用品の通販「フェアウェイゴルフ」でスクールのインストラクターを担当し、2016年にはパーソナルトレーナーがマンツーマンで指導してくれる「RIZAP GOLF」立ち上げメンバーとして入社。
「RIZAP GOLF」ではインストラクターの他、店舗責任者も務めました。

S__24199170
マンツーマンによる懇切丁寧な指導

記者:ベトナム進出のきっかけは何ですか?
土橋氏:友人から「ベトナムでゴルフスクールをやらないか」と誘われたことがきっかけです。
ホーチミンにはたくさんのやる気に溢れた日本人ゴルファーがいることを知り、皆さんの悩みを解決するサポートをしたいという思いから渡越しました。
ゴルフの悩みを解決して上達のお手伝いをするために、スクールを始めました。

記者:ベトナム進出前に準備したことは何ですか?
土橋氏:ゴルフスクールをオープンするために必要なものをそろえていました。
弾道測定や、本格的なラウンドの疑似体験ができるシミュレーションゴルフの機械(ゴルフシミュレーター)はマストで必要ですが、ベトナムではまだまだゴルフがマイナーなスポーツのため日本で調達しました。
あとは、無料レンタルのゴルフクラブや練習器具などを用意しました。

記者:立地はどのように選びましたか?
土橋氏:日本人の方がターゲットですので、ホーチミンの日本人街・レタントン地区を選びました。
レタントン通りとトンドゥクタン通りに面してそびえ立つTECHCOM BANKの並び(トンドゥクタン通り側)の3階です。
街の中心地で、ゴルフスクールの場所を説明したらすぐに分かるような場所を選びました。

立地はレタントン通りとトンドゥクタン通りに面してそびえ立つTECHCOM BANKの並び(トンドゥクタン通りに面して)の3階。 写真の建物群の中にある、パンケーキの看板の建物。
目印のパンケーキの看板が目を引く

 

記者:営業時間を教えてください。
土橋氏:10:00~22:00(最終レッスンは21:00~)までです。

記者:どの様なお客様がいらっしゃいますか?
土橋氏:日本人のお客様です。
レッスンを受けられる方は、「コースでの自己ベストを更新したい」「ゴルフを始めたばかりなので、基礎からしっかり教わりたい」など、うまくなりたいと向上心を持っている方が多いです。

S__24199174
無料のレンタルクラブ(右利き用)を用意

 

  • 友だち追加
海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。