ホーム >  シンガポール > 【シンガポール】Grabがシンガポール初のクラウドキッチンをオープン

【シンガポール】Grabがシンガポール初のクラウドキッチンをオープン

  • 友だち追加

シンガポールのみならず、東南アジアでの生活に欠かせないサービスといえばGrabではないでしょうか。
現在はシンガポール、マレーシア、タイ、ベトナムをはじめとする8ヶ国で配車、フードデリバリー、電子決済など幅広くサービスを展開しています。

そんなGrabがまた新しいサービスを開始しました。

クラウドキッチンとは?

2020年1月8日に新たにオープンしたのがGrab Kitchen。
これはシェアキッチン、あるいはクラウドキッチンとも呼ばれており、レストランに厨房(キッチン)を貸すというサービスです。

レストランはこのGrab Kitchenに入居し、料理を作り、それをGrabなどのフードデリバリーサービスを通じてお客様に届ける、という仕組みです。

Grab Kitchenの賃料や入居条件は明らかにされていませんが、レストランオーナーにとっては、Grab Kitchenを使う方が、新しく店舗を構えるよりも初期費用を抑えて出店できるというメリットがあります。
また、本格出店の前に新しいエリアの開拓や、テストマーケティングに使うこともできます。

Grab Kitchenはどこにある?

Grab Kitchenがオープンしたのは、Bukit BatokのHillview AvenueにあるLamSoon Industrial Buildingです。
一体どんな所なのか、さっそく現地に行ってきました。

Bukit Batokはシンガポールの中心エリアから約17kmほど北西に行ったところで、ビジネスの中心地・CBDからはタクシーで約20分ほどかかります。
Bukit Timah Nature Reserveに程近く、なかなか普段は行くことのないであろうエリアです。

Grab Kitchenが入っているLam Soon Industrial Buildingは、一見公団住宅(HDB)のように見える建物にあります。
エスカレーターで6階まで上がり、緑のGrab Kitchenの看板に従って進んで行くとその先は駐車場。

IMG_4826

IMG_4829

本当にここに?と不安になりながらさらに進むと、奥に大きな看板と入口がありました。

IMG_4828

一般向けエリアはこちら

IMG_4830

こちらは一般客向けで、ピックアップとイートインができるDine Inエリア。

オープン翌日のせいか、看板に「Coming January」と貼られているお店が多く、閑散とした印象でした。

地域の住民が食べに来ることを想定して作られたDine Inスペースですが、わざわざ駐車場の奥の目立たないここに食べにくる人はいないのでは?と思ってしまいます。

気になる出店一覧はこちら

まだオープンしていないお店もありますが、この16店舗が入っています。

IMG_4833

  • Grab Hawker Picks(ローカルの屋台料理)
  • Wolf Burgers(ハンバーガー)
  • WABORU(和食・どんぶり)
  • IRVINS salted egg(ポテトチップス)
  • CARVERS(洋食)
  • dessert story(ローカルスイーツ)
  • Drinkies(ドリンク)
  • Thai Dynasty(タイ料理)
  • TIFFIA WAKKA(不明)
  • GUZMAN Y GOMEZ(メキシコ料理)
  • Grandma’s Place(中華)
  • Bowl & Grill(どんぶり)
  • Rocket & Avo.(洋食)
  • Play made(タピオカドリンク)
  • Lady Boss Mala(中華・麻辣香鍋)
  • Byra Box(不明)
  • 友だち追加
海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。