ホーム >  タイ > バンコクでモーモーパラダイスを展開 ノブルレストラン株式会社

バンコクでモーモーパラダイスを展開 ノブルレストラン株式会社

LINEで送る
Pocket

タイで鍋料理といえばMKレストランに代表されるタイしゃぶ。
鍋の中で薄味のスープを沸かして肉、魚介、練り物、野菜、きのこなどを煮て、辛味の効いたタレにニンニクや唐辛子を入れて食べるのが一般的。
MKレストランはタイ全土で428店(2017年1月現在)を数えるほか、多数の全国チェーンやローカルチェーンがある。
そんな鍋事情のタイにおいて、2007年末に1号店をオープン以降、バンコクで日本スタイルのしゃぶしゃぶ、すき焼き店を着実に展開しているのがモーモーパラダイス。

今回は、モーモーパラダイスのフランチャイズをバンコクで展開するノブルレストラン株式会社のスラウェッチ・テラン代表にインタビューを実施した。

ノブルレストラン株式会社
スラウェッチ・テラン代表 41歳

モーパラ_170212_0030

記者:しゃぶしゃぶ、すき焼きとの出会いについて教えてください。

テラン氏:約20年前にタイで日本スタイルのしゃぶしゃぶをはじめて食べましたが、とても美味しい食べ物とは思えず、それからしばらくは食べていませんでした。
しかし、26歳でアメリカ、ボストンへ留学した時に知り合った日本人にホームパーティに誘われ、行ってみるとしゃぶしゃぶが用意されていました。
内心食べたくない(笑)
と思ったのですが、食べてみたらすごく美味しくてそれからは好んでしゃぶしゃぶ、すき焼きを食べるようになりました。

モーパラ_170212_0024

記者:モーモーパラダイス(以下モーパラ)とフランチャイズ契約した理由を教えてください。

テラン氏:留学していたアメリカから戻り、当時、日本企業とジョイントベンチャーでおせんべいや海苔巻きあられなどの工場を経営していた父の会社を手伝っていた関係で、よく出張で東京に来ていました。
仕事のあとは、当時1280円くらいでしゃぶしゃぶ、すき焼きが食べ放題、安くて美味しいモーパラが本当に大好きでよく通っていたんです。
父親の会社を手伝いながら自分でもビジネスをやりたいと考えていた時期で、大好きなモーパラをバンコクでやるのはどうか?と考えついた時に素晴らしいビジネスであると思いましたね。
しゃぶしゃぶ、すき焼きの美味しさはもちろん、価格の安さという点はバンコクでのビジネスを考えるうえで重要なポイントでした。
そして、2007年3月27日に株式会社ワンダーテーブルの林社長(現在の会長)、秋元取締役(現在の社長)と初めて面談させていただき、ぜひタイでモーパラのフランチャイズをさせて欲しいという話をしました。

しかし、私と同時にタイの大手レストランチェーンもモーパラの展開について交渉していたようです。
飲食の経験もない若造とタイの大手レストランチェーンとのモーパラのタイでのフランチャイズ権を巡るコンペ、普通なら到底勝ち目はありません。

モーパラ_170212_0023

しかし、私自身がモーパラを大好きだったことや、日本のモーパラをそのままにタイでやりたいという情熱、本部からの食材探しに関する課題などを積極的に解決したことなどが評価いただけたようで半年がかりでフランチャイズ契約を締結することが出来ました。

記者:1号店のオープンまで問題や事件などはありましたか?

テラン氏:1号店のオープンがセントラルワールドで決まり、私、日本人、タイ人の3名で日本のモーパラで研修を受けました。
セントラルワールド店と同規模の東京のお店を研修店として用意していただき、皿洗いから接客、調理まで全てご指導いただきました。
期間は私が1ヶ月間、他の2名は3ヶ月間です。
タイに戻り、オープニングメンバーとして18名雇用したのですが、まだお店が出来ておらず、店舗外の場所で研修を行うことに。
しゃぶしゃぶ、すき焼きという料理すら知らないタイ人スタッフに指導するのは本当に大変でした。
しかし、本部としても初の海外フランチャイズ店ということで絶対に失敗できないという思いもあり、しっかりと手厚いサポートをいただき、オープンまでに特に大きな問題はなかったです

問題はオープンした後でした。

フランチャイズ契約から3ヶ月後の2007年12月27日にソフトオープン(グランドオープンは2008年1月)しましたが、最初はお客様が全くこない。
大きな理由としてはタイ人が牛肉イコール美味しくないというイメージを持っていること。
(以前の記事:「タイにおける牛肉の現在と未来」も是非ご参照下さい。
http://e-asean.net/2178

(宗教上の理由で牛肉を食べないという人もいますがごく一部で私は関係ないと思います。)
そして、お客様がいらして食べ方をご説明しても、タイしゃぶの食べ方しか知らないお客様ばかりですから、 しゃぶしゃぶ鍋にゴマだれを入れて煮込んだり、しゃぶしゃぶを卵で食べたりと(これらは今でもありますが(笑))、しばらく混乱が続きました。

しかし、徐々に美味しい牛肉のしゃぶしゃぶ、すき焼きがリーズナブルに楽しめるお店と話題、評判になりお客様が定着していきました。

モーパラ_170212_0009

記者:牛肉はどちらの肉を使っているのですか?

テラン氏:牛肉は本部からおすすめいただいたオーストラリア産の牛肉を使用しています。
この牛肉を使わなくてはならないという規定はなく、いろいろ試してみたのですが、本部からおすすめいただいた牛肉がやはり一番美味しく、現在の店舗数で年間100トンくらいの 牛肉をオーストラリアから直接買い付けしています。
ちなみに、豚肉は途中からCP(タイNo.1の財閥で食肉最大手)の黒豚に変えたのですがこちらも人気で、お客様から注文いただく比率はオープン当初は牛肉と豚肉が70%:30%だったのですが、黒豚に変えてからほぼ半分半分と拮抗しています。

モーパラ_170212_0018

 

記者:鍋ぞうプレミアムについて教えてください。
日本の鍋ぞうとは異なりますよね?

テラン氏:はい。
鍋ぞうプレミアムはセントラルエンバシーという高級モールへの出店に際し、モーパラと異なる高級店を出したいと本部に相談してできたお店で、本部が運営する鍋ぞうをベースに新しく作った高級しゃぶしゃぶ、すき焼き専門店です。

_MG_3468

お一人様2,400バーツ(約7,920円)の近江牛のしゃぶしゃぶ、すき焼きコースのほか、タラバ蟹、和牛、黒豚など厳選した高級素材を使ったしゃぶしゃぶ、すき焼きコースや牛鍋コースを中心にアラカルトメニューも用意しています。
担当がテーブルについてしゃぶしゃぶ、すき焼きを調理したり、野菜、特にキノコ類満載の銀のボウルを持ったスタッフがお客様達のテーブルをまわり、ご提供するといったスタイルを採用しています。
食材だけでなく、接客とサービスにも注力しており、こちらもオープンから2年経った今では夜は予約で埋まるようになりました。

_MG_3401

記者:現在の店舗数と可能であれば売上状況や客層を教えてください。

テラン氏:1号店のオープンから9年になりますが、現在、モーパラが11店舗、鍋ぞうプレミアムが1店舗となっています。
前期の年商が3億7千万バーツ(約12億2千万円)です。
タイでのしゃぶしゃぶ、すき焼きの市場規模(タイしゃぶを除く)は現在約40億バーツ(約132億円)ほどと推測していますが、それの約10%を占めていますね。
客単価はモーパラで500バーツ、鍋ぞうプレミアムで2,000バーツ(ランチを含む)を超えています。
鍋ぞうプレミアムではお客様の70%から80%がタイ人ですが、お財布を気にせず近江牛やタラバ蟹をどんどん追加注文される姿には本当に驚いています。
タラバ蟹に限っては香港など中華系のお客様も多いですね。
モーパラについてはほぼ100%タイ人のお客様です。

記者:モーパラの多店舗成功の秘訣は何でしょうか?

テラン氏:本部であるワンダーテーブルと加盟店である弊社との間に信頼関係が築かれていることだ思います。
その 信頼関係を根底に日本のモーパラの美味しさをそのままバンコクのお客様にも伝えたいという思いで、困難があっても日本オリジナルのスタイルを一切変えなかったこと。
タレの味や具材もローカライズすることなくそのままです。
唯一、タイ人からリクエストの多い青唐辛子だけ追加しましたが、それもいくつかのサンプルから本部がタレにあった唐辛子を厳選して使用しています。

モーパラ_170212_0014

もう一つはしゃぶしゃぶ、すき焼きの召し上がり方のお客様への説明の徹底。
オープンから9年経った今でも、必ず最初に
「召し上がり方をご説明いたしましょうか?」
とお客様にお声掛けしていますし、一方で、しっかり説明できるよう従業員のトレーニングも徹底しています。

これは余談ですが、先日も本部の秋元社長と一緒にバンコクマラソンに参加するなど、公私ともに仲良くさせていただいています(笑)

モーパラ_170212_0011

記者:今後の店舗展開について教えてください。

テラン氏:多店舗展開するよりも、一店一店お客様から愛され信頼していただけるお店づくりを心掛けています。
お陰様で今では、チェンマイやパタヤなど地方都市のショッピングモールからもよく出店のオファーをいただくのですが、地方で満足のいくサービスやクオリティを維持する体制はまだまだ取れないのではと考え、お断りしています。
一年間に2店舗増くらいのペースで着実にバンコクにモーパラを出店していき、数年内に20店舗にしたいというのが当面の目標です。
鍋ぞうプレミアムも出店のオファーをいただくのですが、こちらはバンコクであってもサービスとクオリティを維持することがとても大変でなかなか次の店を考える余裕がありません。
しかし、まだ詳しくはお話できませんが、本部と鍋ぞうプレミアムに続く新しい業態をバンコクでやろうと構想を練っています。

記者:ありがとうございました。

今回のインタビューを通して、以前取材させていただいたとんかつまい泉(MAiSEN)をフランチャイズ展開するS&Pインターナショナルフーズのライバ・ティラコーン氏を思い出した。

■バンコクで9店舗とんかつMAiSENを展開するS&Pグループ
http://e-asean.net/2042

二人に共通しているのは、自らがそのお店が大好きであること、本部との信頼関係を大切にし、日本のオリジナルを忠実に守ろうという姿勢があることであり、その結果、それぞれのジャンルにおいてバンコクで最も成功している日系チェーンとなっている。

もちろん、局面によりローカライズが必要な場合も出てくるが、他国でフランチャイズビジネスを進めるにあたり、その加盟店候補がお店やメニューを本当に好きかどうか。
その加盟店候補と信頼関係を有することができるのかどうか。
考えれば当たり前のことであるが何が大事であるか改めて認識させられた。

モーパラ_170212_0028

モーモーパラダイス(モーパラ)タイランド
ノブルレストラン株式会社

■Mo-Mo-Paradise Seacon Squar
TEL:+66-98-286-9099
住所: 4th floor, 55 Srinakarin Road, Nongbon, Prawet, Bangkok 10250.

■Mo-Mo-Paradise Terminal 21
TEL:+66-2-108-0966
住所: Terminal 21 Shopping Center 4th floor Sukhumvit Soi 19 (Wattana), Sukhumvit Road, North Klongtoei, Wattana, Bangkok 10110, Thailand

■Mo-Mo-Paradise The JAS
TEL:+66-2-011-1442
住所: No.222, 2nd FL, The Jas Ramintra Ladplakao Rd, Anusawari, Bangkhen, Bangkok

■Mo-Mo-Paradise The Mall Bangkapi
TEL:+66-2-704-7544
住所: The Mall Bangkapi 3522 Larprao Rd, Klongian, Bangkapi, Bangkok 10240.

■Mo-Mo-Paradise The Promenade
TEL:+66-2-108-5023
住所: Room#2008 2nd floor,587, 589 Ram Inthra Road, Khan Na Yao, Bangkok, Thailand

■Mo-Mo-Paradise Zpell
TEL:+66-2-150-9057
住所: Zpell Future Park Rangsit 2nd floor, Prachathipat Rd., Thanyaburi District, Pathum Thani 12130

■Mo-Mo-Paradise CDC
TEL:+66-2-102-2050
住所: 1st floor, Crystal Design Center(CDC) Building E, Ekamai Ramindra,Ladprao, Bangkok 10230, Thailand

■Mo-Mo-Paradise Central Bangna
TEL:+66-2-745-7192
住所: 587, Room 606 6th Floor, Bangna-Trad Road, Tumbol, Bangna, Amphur Bangna, Bangkok, Thailand

■Mo-Mo-Paradise Central Rama 9
TEL:+66-2-103-4880
住所: Central Plaza Grand Rama 9 7 Floor, Rama 9 Rd., Huai-Khwang, Huai-Khwang, Bangkok 10310, Thailand

■Mo-Mo-Paradise Central World
TEL:+66-2-646-1055
住所: 7th Floor, Central World 9 Pathumwan, Bangkok, Thailand

■Mo-Mo-Paradise Crystal SB Ratchapruek
TEL:+66-2-102-5755
住所: 2 Floor The Crystal SB Ratchapruek 555/9, Moo 1 Ratchapruek Road, Tambon Bangkhanoon, Amphur Bangkrauy Nonthaburi 11130 Tambon Bangkhanoon, Amphur Bangkrauy Nonthaburi, Bangkok 11130, Thailand

鍋ぞうプレミアム
■Nabezo Premium Central Embassy
TEL :+66-2-160-5623
住所:Central Embassy 5 Floor, Ploenchit Rd, Lurnpini Pathnmwar. Bangkok, 10330, Thailand

 

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介