ホーム >  シンガポール > 【シンガポール】日本人会計士が見たシンガポールとアジアの市場(前編)

【シンガポール】日本人会計士が見たシンガポールとアジアの市場(前編)

  • 友だち追加

日本とアメリカの公認会計士の資格を持ち、多角的に仕事をこなしている山下英男さんに、シンガポールを中心としたアジア市場についてインタビューいたしました。

濃密なお話をお伺いできましたので、2回に渡ってご紹介させていただきます。

SGビジネスビル (3)
シンガポールの大動脈金融街

 

【山下英男公認会計士プロフィール】

日本の大手監査法人、国際金融監査部で7年間上場企業向けの業務を経験。培ったスキルを活かすため、2017年に成長著しいアジア市場の中でも躍動感みなぎるシンガポールのコンサルティング会社へ転職。アジアで100社以上の日系企業のサポートを経験している。

山下先生写真
山下英男公認会計士

記者:現在のお仕事内容を教えてください。
山下氏:既存の日系企業の財務相談はもちろんですが、新規の進出会社などの財務、事業進出のアドバイザリー、現地法人マネージメントサポート、M&Aアドバイザリーなど、垣根なく多角的に業務を行っています。

記者:現在は会計士に加えて、コンサルティングも増えているということでしょうか?
山下氏:はい、税金関係のアドバイスやご提案などは会計士知識としてもちろんですが、前段階のコンサルティングが非常に重要で必要不可欠となります。企業のオーナー様は言葉も文化も違う未知の市場に挑戦するのですから、単一的なお付き合いではなく、市場調査からはじまり現地顧客の獲得、クライアント引き渡しまでの業務などを行っています。よりオーナー様と近い距離・感覚で信頼いただき、成功に導けたらと思っています。

サンテックジャパニーズ
シンガポールによく見られる日本食街の風景

 

記者:お客様(オーナー様)と接することで、心掛けていることを伺えますか?
山下氏:できるだけFACE TO FACEでコミュニケーションをとることです。お客様が成功するためには、さまざまな不安や疑問をどれだけ聞き出せるかが重要です。しっかりと信頼関係が築けていないと、あまり込み入った話はできないですよね。私の仕事は、目に見えるものを製造している仕事ではないので、成果が分かりにくい部分があります。人間関係を構築して信頼いただく作業は、最も大切と考えています。引いては、仕事の効率化にもつながりますので。

記者:どのような企業からの進出相談が多いですか?
山下氏:最近は、日本で長年堅実に事業をしてきた中堅企業が多いです。日本は人口減少など、待ち構えている現状が厳しいです。この先50年の経営を見据え、巨大な東南アジアマーケットの開拓をしたいという相談が増えています。特に業種に偏りはありませんが、国別にみるとシンガポールは物流、教育、IT、飲食などサービス産業や銀行が目立ちます。ちなみにインドネシアにもお客様がいらっしゃいますが、こちらは製造業が多いです。

 

ボートキー海沿い (1)

観光客にも大人気な川沿いにずらりと並ぶおしゃれなレストラン、バー他、日本の居酒屋も
  • 友だち追加
海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。