ホーム >  ベトナム > 本格日本食レストラン「立花」、Tachibana Japanese Restaurantに迫る 

本格日本食レストラン「立花」、Tachibana Japanese Restaurantに迫る 

LINEで送る
Pocket

昨今の日本食ブームでホーチミンにある日本食レストランは約500店を超えると言われていますが、その中で日本人料理人がいるレストランは限られています。
このような状況下において今回取材した日本食レストランの「立花」は、2名の日本人料理人を擁しており、日本食材(調味料含む)も日本から輸入するなど日本の味に強くこだわりを持っていらっしゃいます。
そんなこだわりのお店、「立花」ダイレクターの花岡氏にお話を伺いました。

Tachibana Japanese Restaurant
SENA CREO Co.,Ltd.
ダイレクター 花岡一騎(はなおかかずき)氏

1

記者:花岡さんの経歴を簡単にお願いします。

日本食料理人として約10数年のキャリアを持ち、前職は東京の和食店で料理人をしていました。
約1年半前にベトナムへ赴任し、昨年12月「立花」のオープンにも携わりました。
現在はベトナム側の「立花」の代表を務めております。

記者:ベトナム進出のきっかけは何ですか?

花岡氏:日本本社の社長が以前ベトナムに視察に来た時に、ホーチミンの活気に魅力を感じ、新規事業をベトナムで起業したいという思いから、飲食事業に参入いたしました。
ちなみに日本本社はまったくの異業種である建築会社です。

8

記者:営業時間は、何時から何時までですか?

花岡氏:7時から16時までのカフェタイム、その後1時間の休憩を挟み17時から23時までのディナータイムです。
今のところ年中無休で営業しています。

記者:この立地を選んだ理由は?
なぜ中心地ではない少し郊外のフーニョン区で?

ホーチミン中心部の1区にレタントンという日本人街があり、そこに次ぐ第二の日本人街を作るためにフーニョン区を選びました。
まだ日本人街になるには時間がかかりますが、中心地の1区からもタクシーで15分程度とそんなに遠くない立地です。
現在、近隣には寿司屋、ラーメン屋などの日本食レストランが何店舗かあります。

3

記者:どのようなお客様がいらっしゃるのですか?

花岡氏:ベトナム人のお客様が50%、日本人のお客様が50%の割合です。
ベトナ人のお客様は、お車でいらっしゃる富裕層の方が多いですね。
(※ベトナム人の自家用車の保有率は約2.2%です。
ベトナムでは、自家用車保有イコールお金持ちと言っても過言ではありません。)

日本人のお客様は、夜は駐在員や現地企業勤務のサラリーマンが多く、昼は日本人駐在員の奥様もご来店いただいています。
近隣で働くベトナム人サラリーマンの方々もお昼によく来店されます。
ご来店いただくお客様の人数はだいたい昼は40人から50人、夜は20人ぐらいといったところです。

4

記者:客単価は、いくらぐらいですか?

花岡氏:飲み物込みで約5,000円程度です。
ベトナム人のお客様はあまり食べたり飲んだりしないので約3,000円程度です。

記者:顧客ターゲットは?

花岡氏:主にベトナム人の富裕層がメインターゲットです。
レストランの近隣には高級住宅街があり、そこにお住まいの方によくご利用いただいています。

記者:ベトナムで仕事をするにあたり、大変だったことは何ですか?

花岡氏:色々ありましたが・・、

①和食へのこだわり

ベトナムの食材で日本食を作ると、本来提供したい味と異なるので日本から食材を仕入れています。
そのため、輸送コストがかかりますが、ベトナムの物価を考慮すると日本よりも廉価な価格設定をしないと来店誘致が難しいのが大変なところです。

②文化の壁

言葉に関しては通訳を通して、ベトナム人スタッフとコミュニケーションを取れていると思うのですが・・、
自分が考えていることが思うように通じないこと稀にあります。
また、日本食に馴染みのないベトナム人スタッフが多いので、実際に食べて体験してもらうことにより、日本食の味を覚えてもらいました。

記者:夜の人気メニューBEST3を教えてください。

花岡氏:そうですね、どのメニューも満遍なく人気がありますが、特にこちらが人気です。

①お刺身盛り合わせ(560,000ドン~)

日本から直送の看板料理で、これが売れないと始まりません!

5

②土鍋のご飯(240,000ドン)

宮城のお米を使っており、注文が入ってから炊き始めます。

6

③牡蠣鍋 (440,000ドン)

予想外にも牡蠣鍋が人気なんです!
もちろん、これも日本から直輸入の牡蠣を使っています。

7

 記者:他の日本料理店との違いは何ですか?

花岡氏:日本の味へのこだわりです!
素材だけでなく調味料も全て日本の物を使用しています。
また、日本人の料理人が日本の調理法で料理し、日本風でなく本来の日本の味にこだわっています。

日本風の日本食レストランはホーチミンにたくさんありますが、ここまで日本の味にこだわりを持ち、再現しているレストランは少ないと思います。

また、日本人料理人は私だけでなく、もう1人、和菓子職人の日本人料理人がいます。
ホーチミンで本格的な和菓子が食べられるのは、恐らく当店だけかもしれません。

記者:宣伝・広告はどんな方法を?

花岡氏:ネット媒体(Fest.vn、Foody 、Face Book)と雑誌媒体(週間ベッター、スケッチ)を利用しており、これからバウチャー媒体(Adayroi)を使う予定です。

8

記者:次のビジョンは?

花岡氏:最初は、日本人のお客様にたくさん来ていただきたいと思います。
その後はベトナム人のお客様、特に現地の富裕層の比率を高めていきたいと思います。

記者:多店舗展開は考えられていますか?

花岡氏:「立花」と同じ業態での多店舗展開はしないと思います。
「立花」は私の10数年の料理人経験に基づいて成り立っているので、同じ業態ではやらないです。
正確に言うと、代わりが見つけられないのでやれないのです。
日本人料理人の経験あってこそのこだわりを守っていくと決めているので。
「立花」の今後は、ベトナム人にも人気のあるうどん屋に徐々にシフトチェンジしていく予定です。
もしも多店舗展開するとしたら、系列店のChoice HotPotという鍋屋のほうになると思います。

記者:今後、ベトナムに進出を検討されている方へアドバイスをお願いします。

花岡氏:日本人ができることが限られているので、良きベトナム人パートナーを見つけてください。
私は実際に信頼できるスタッフが数名おり、非常に良好な関係を築けています。
この仕事面での充実は良きパートナーあってこそ、と感じます。

記者:教えてASEAN.NETを見た人への特典はありませんか?

花岡氏:この記事の掲載から3か月後まで、お刺身単品を無料でご提供します。
ぜひ皆さんお越しください!

記者:ありがとうございました。

インタビューを通して、花岡さんの日本食に対する強いこだわりを感じました。
私も頻繁に日本食をホーチミンで食べますが、まだまだ日本風のお店が多くクオリティーの低さを感じることも多々。
その点、「立花」では本物の日本食を食べることができます。
是非ベトナムの方々にもクオリティーの高い本物の日本食を味わっていただきたいです。

■Tachibana Japanese Restaurant

TEL:+81 08 3517 6668

住所:179 Hoa Lan,2 ward,Phu Nhuan dist.,Ho Chi Minh City,Vietnam

公式Facebook:Tachibana Japanese Restaurant
https://www.facebook.com/japaneserestaurant.tachibana/

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介