ホーム >  マレーシア > 【5月8日更新】【マレーシア】ロックダウン中はデリバリーで食事を楽しむ

【5月8日更新】【マレーシア】ロックダウン中はデリバリーで食事を楽しむ

  • 友だち追加

※本記事は2020年5月8日時点の情報です。

活動制限が発令されているマレーシアでは、店内での飲食は禁止されていました。
5月4日に規制が緩和され、一部の州では店内での飲食が認められるようにはなりましたが、各テーブルの間は
2m以上空ける、テーブルの人数を制限、来店客の検温、店内や食器の消毒などが求められるため、まだまだテイクアウトやデリバリーが主流です。

規制緩和前に、日系飲食店のデリバリーを利用しましたので、今回はそちらをリポートします。

8216A1DE-CC80-4447-A571-EC6BE6230410
以前ご紹介させていただいたDining & Bar Sionのデリバリー。左上から時計回りにハンバーグステーキ(和風)、ハンバーグ(デミグラス)、ポテトサラダ、フレンチフライ、明太子カルボナーラ。GrabDeliveryを利用

デリバリーの利用方法

マレーシアでデリバリーを利用する際は、主に2種類の方法があります。

GrabFoodやfoodpandaを利用
配達サービスアプリGrabFoodfoodpandaからオーダーします。
このサービスに登録している飲食店が一覧表示されるので、好みの店を選び、料理を注文すれば配達してくれます。
ロックダウン以降は、バイクの配達員が足りていないようで、車で持ってきてくれるようになりました。
その分配達料も少し割高になっています。
ただし、このサービスを利用できるのは、アプリに登録している飲食店のみです。

  • 友だち追加
海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。