ホーム >  タイ > 山小屋らーめんの展開からバンコク最高峰のおまかせ鮨まで ガストロノームグループ

山小屋らーめんの展開からバンコク最高峰のおまかせ鮨まで ガストロノームグループ

LINEで送る
Pocket

バード(アルバート・トンチャイ・メーキンタイ)やチョンプー(アラヤー・アルバータ・ハーゲート)などタイの国民的歌手や人気女優らが連日のように訪れ、バンコクで最も予約が取れないおまかせ鮨店と言われる珠鮨(たますし)。
2006年からバンコクでとんこつラーメンブームを起こすきっかけを作った筑豊らーめん山小屋のフランチャイズ展開。
海南鶏飯が名物でシンガポールで人気の文東記(Boon Tong Kee)のフランチャイズ店をバンコクで展開し大繁盛。
これら全てを運営するのがガストロノームグループ。

今回はバンコク飲食業界の仕掛け人として話題のガストロノームグループのビラワット・ダンスブトラ代表にインタビューを実施した。

S__1114119

【筑豊らーめん山小屋】

Q:筑豊らーめん山小屋の展開について教えてください。

A:ガストロノームグループは2003年8月15日に設立し、Le Vendomeというフランス料理店をスクンビット31で開業しました。
美味しい食材を求めて世界を回っていたのですが、2005年に九州の製粉工場へ商談に行った際、筑豊らーめん山小屋(以下、山小屋)を運営するワイエスフード株式会社の緒方正年会長(ワイエスフード株式会社の創業者で当時社長、現在の顧問。YAMAGOYA(THAILAND)CO.,LTD会長)をご紹介いただきました。
とんこつラーメンの美味しさと共に緒方会長の飾らない気さくな人柄に感動し、山小屋のフランチャイズをバンコクでさせて欲しいとお願いしました。

緒方会長にもすぐに市場調査の為にバンコクまで起こしいただき、当時バンコクで8番ラーメンさんが人気になっている中で、タイ人にとんこつラーメンを食べてもらいたいという思いを共有し、2006年にYAMAGOYA(THAILAND)CO.,LTDをワイエスフード株式会社、太陽製粉株式会社、私、そして、シンハービアグループのBoonrawd Brewery 社、サンティ・ピロムパクディ氏の共同出資他で合弁会社を設立、トンローに1号店をオープンしました。

2006年筑豊ラーメン山小屋タイ1号店オープン当時
2006年筑豊ラーメン山小屋タイ1号店オープン当時

Q:1号店のオープンから現在までいかがですか?

A:1号店のオープンまではとても順調に進みました。
トンローにした理由はやはり日本人の多いエリアであり、本物のとんこつラーメンを提供することでまずは日本人のお客様にたくさんお越しいただけるようになること、続いてそれを知ったタイ人のお客様が来ていただければという思いがありました。
当時、8番ラーメンさんが49バーツでラーメンを提供している中で、一杯160バーツという金額設定には勇気がいりました。
しかし、予想以上に繁盛し、現在では、直営店、フランチャイズ店合わせて14店舗展開しています。
YAMAGOYA(THAILAND)CO.,LTDではASEANでの筑豊ラーメン山小屋の展開権を持ち、昨年5月にはミャンマーのヤンゴン空港でオープン致しました。
今後、いい物件があればASEAN各国で展開していきます。

Yamagoya1

また緒方会長とのご縁から、2009年にソフトクリーム総合メーカーのNISSEI(日世株式会社)のタイでの販売代理店となり、Hokkaido Softなどのブランド名でサイアムパラゴンやエンポリアムなど6店舗展開する他、卸売も行なっています。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。