ホーム >  シンガポール > 【8月28日更新】【シンガポール】新型コロナウイルス感染症対策の規制下にあるシンガポール生活の現状

【8月28日更新】【シンガポール】新型コロナウイルス感染症対策の規制下にあるシンガポール生活の現状

  • 友だち追加

※本記事は2020年8月24日時点の情報です。

6月19日からフェーズ2へ移行

サンズマーライオン夜景
サーキットブレーカーがあけて約2ヶ月たったおなじみの夜景

 

サーキットブレーカー(※1)からフェーズ2(※2)へ移行して約2ヶ月、さまざまなことが緩和されてきましたが、観光客がいないせいか観光名所は淋しいくらいほとんど人がいません。

(※1)サーキットブレーカーとは、シンガポールが新型コロナウイルス感染症対策として実施した部分的ロックダウンのこと。必須サービスや製造業などの活動を除く大半の職場が閉鎖された。

(※2)フェーズ2とは、シンガポールでは新型コロナ対策の規制を段階的に緩和していて、その第2段階のこと。全ての小売店の営業再開や、デリバリーとテイクアウトのみ営業が許可されていた飲食店で店内飲食が認められるようになるなど、ほぼ全ての経済活動が認められるようになった。

 

マスクやソーシャルディスタンスの確保など、感染症対策の義務化は変わらないままですが、私たちの日常の風景は徐々に戻ってきたように感じます。
そんなフェーズ2へ移行後、約2ヶ月間のシンガポールをありのままレポートします。

ハンズ行列
フェーズ2に移行直後 、久しぶりにオープンした東急ハンズには大行列ができた

 

フェーズ2移行後は、さまざまなお店や施設の営業が可能になり(無印良品、ユニクロ、東急ハンズなど)、街に人が戻ってきました。
日系のお店はどこも人気なので、再開直後は人数制限もあり、かなりの行列ができていました。
シンガポールでは全てのビルや店舗に入る際、入り口のQRコードをスキャンし発熱チェックを受ける必要があります。
これが意外に時間がかかるため、あちらこちらに行列ができます(笑)。

ドンキー行列
日系スーパー「DON DON DONKI(ドン・キホーテ)」の前にできた行列

 

待ちに待った外食OK!日常が戻りつつある

レストランなどでの飲食は5人まで入店OKとなり、友人など家族以外の人との会食も解禁になりました。
これが一番うれしいことかもしれません。
当たり前にできていたことが、こんなにもありがたく思えたことはありませんでした。
やはり「食」というのは人間の基本だと、今さらながら思います。

筆者はフェーズ2に移行後、すぐに外食を楽しみました。
訪れたのは、デリバリーでは味わえなかったメニューを提供する店舗。
やはりできたてのおいしさは、何事にも代えがたかったです!!

フェーズ2になって最初に食べたもの
上:ディンタイフォンの小籠包(左)、豆苗の炒め物(右)、左下:TORASHOのつけ麺 右下:三宝亭の味噌ラーメン

コロナ禍以前から公共の場での飲酒は22時半までと決められていますが、現在は許可されている飲食店でも22時半以降の販売が認められていません。
違反を取り締まる巡回もあるので、ニューノーマルでもアルコールに関してまだまだ厳しいのは変わらないシンガポールです。

シャンパン

友人と久々のワインコネクションでシャンパンを堪能
  • 友だち追加
海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。