ホーム >  タイ > 【タイ】アジアを中心に活躍する日本人プロジャグラー、酒田氏インタビュー

【タイ】アジアを中心に活躍する日本人プロジャグラー、酒田氏インタビュー

  • 友だち追加

お祭りやショーなど、さまざまなイベントで、よく目にするジャグリング。
東南アジアでもショッピングモールなどのイベントで見かけることがあります。
大人も子どもも楽しめ、時間を忘れて見入ってしまうことがありますよね。
今回は京都とバンコクを拠点に、プロジャグラーとして活躍されている酒田しんごさんにお話を伺いました。

0093
プロジャグラー・酒田しんごさん(右)

記者:タイ進出以前は何をされていましたか?
酒田氏:9歳から独学でジャグリングを学び、高校在学中に7個のボールジャグリングの公式日本記録を樹立しました。
その後、立命館大学を卒業し、京都でロングラン公演を行うノンバーバル(=言葉に頼らない)パフォーマンス『ギア-GEAR-』のオーディションに合格し、プロジャグラーとしてのキャリアをスタートしました。

記者:タイ進出のきっかけを伺えますか?
酒田氏:2016年4月にバンコク郊外の大型デパート「Fashion Island」にてジャグリングショーのお仕事があり、人生で初めてタイに行きました。
それまでは海外旅行にも興味がなく、タイは途上国だと思い込んでいたのですが、いざ行ってみると高層ビルが立ち並ぶ大都会で、街全体が持つエネルギーに衝撃を受けました。
「アジアの中では、日本が一番優れている」という幻想に溺れていた自分を殴られたような気分でした。
その翌年からは、年間100フライトを超えるほどの海外旅行好きとなり、20ヶ国ほどを巡った結果、食文化や国民性も含めて一番しっくりきたのがタイでしたね。
2019年からバンコク中心地のコンドミニアムを契約し、京都とタイの二重生活をスタートしました。
東南アジアにジャグリングの文化を広めるためにも、巨大なハブ空港があり、経済発展の進んだタイはぴったりだと思いました。

バンコクのThawsi School(小学校)でのショーの様子
バンコクのThawsi School(小学校)でのショーの様子

記者:ジャグリングを始めたきっかけは?
酒田氏:幼稚園の頃、駅前で偶然見た大道芸がきっかけです。
たくさんのボールが魔法のように宙に舞うのを見て「なんなんだこれは!」と全身に電気が走るような衝撃を受けました。
気付いたら、家に帰ってみかんを投げてましたね。
まさか当時はプロになるとは思っていませんでしたが(笑)

  • 友だち追加
海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。