ホーム >  シンガポール > 【シンガポール】シンガポール人にとっての日本食材

【シンガポール】シンガポール人にとっての日本食材

  • 友だち追加

日本食は今やシンガポール人の食生活の一部

シンガポールには、日本食レストランが多数あります。
大抵のショッピングモールに、最低1軒の日本食レストランがあり、フードコートにも日本食は必ず入居しています。
そのため、日本食はシンガポール人の食事事情に浸透していて、ランチは友人同士とラーメン、夕食やデートのときは本格的な日本食レストランか居酒屋というのが定番になっています。
日本食はシンガポール人にとって、もはや特別なものではなく食生活の一部です。

最近では、自炊のために日本食材を購入するシンガポール人も増えているようです。
在住日本人が日本の食材を求めてよく訪れるのが、
・シンガポール伊勢丹スコッツ店B1Fの食料品売り場:ショッピングの聖地オーチャードロードに位置します
・MEIDI-YA:日本人駐在員が多く住むエリアにあり、明治屋が運営しています
・ドン・キホーテ(シンガポールではDON DON DONKI):最近店舗数が増えています
ですが、これらの店舗で買い物をするシンガポール人が増えている印象です。

それだけではなく、シンガポール人が多く住むエリアにあるローカル資本のスーパーマーケットにも、必ずといっていいほど日本の食材コーナーがあり、真剣に選ぶ現地の人の姿を見かけます。

 

ローカル資本のスーパーで販売されている日本の食材

シンガポールにはいくつかのローカル資本のスーパーマーケットがあり、各店舗によって置いてある日本の食品は異なります。
大体共通しておいてあるのは、カレールゥ(ハウス食品、ヱスビー食品など)、インスタントヌードル、お菓子、缶詰、インスタントみそ汁、のり、ふりかけ、乾燥わかめ、そば、ラーメン、うどん、そうめんなどで、みりん、料理酒、マヨネーズといった調味料もあります。
日本産の野菜や果物、こんにゃく、しらたきなども販売されています。
こんにゃくやしらたきは、ダイエットをしているシンガポール女性の間で愛食されているようです。
最近では、ちゃんこ鍋のスープの素なども販売されています。

IMG_3680 (2)

  • 友だち追加
海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。