ホーム >  マレーシア > 全館改装オープン半年のクアラルンプール伊勢丹ジャパンストア

全館改装オープン半年のクアラルンプール伊勢丹ジャパンストア

LINEで送る
Pocket

2016年10月27日にリニューアルオープンしたクアラルンプールの中心部ブキッビンタン(Bukit Bingtang)の「ISETAN The Japan Store Kuala Lumpur」(三越伊勢丹ホールディングス、海外需要開拓支援機構)。
店舗面積は約1万1000平方メートルにも及ぶという。
同店はもともと「クアラルンプール伊勢丹LOT10店」として営業していたものを全館リノベーションし、「クールジャパン」をキーワードに日本の今をそのまま持ってきていることで話題となっている。
更に2017年2月17日には4階のレストラン街も一部オープンしたばかりだ。

改装前はモノレールのブキッビンタン駅と直結して立地がよいのにもかかわらず、あまり目立たない印象であった。
しかし今回訪れてみると噂どおりスタイリッシュに生まれ変わっていたのだ。
LGF〜4階(日本でいう地下1階〜地上5階)のフロア構成で各階ごとに生活、文化、究極の日本などテーマとコンセプトが決められている。

以前にもこちら(話題のISETAN The Japan Storeに行ってみた!)でレポートをしたが、LGF(デパ地下フロア)のザ・マーケット(The Market)ではオープンキッチンで調理された日本食の人気・定番メニューをカウンターで食べられる。
この日の天ぷらの銀座はげ天、蕎麦屋しげ、寿司翔家は満席。
客層としては在マレーシアの日本人の他、中華系マレー人、アジア近隣国を含む観光客といった印象。

和牛の人気も高く、わさび漬けで知られる田丸屋だが牛肉と鶏肉を売っている。

また奥のショーケースでは日本のデパ地下さながらに魚介の刺身やパックに入った牛肉も。(オージービーフなどもあり)
購入した後は、焼き方など好みの方法での調理が依頼可能、店内飲食ができるようにもなっている。

こちらはお茶、スイーツなどで知られる辻利茶舗(福岡県北九州市小倉北区)。
やはり食品サンプルがあると言葉で説明するよりもイメージがしやすいのか、まずショーケースを見てからメニューをチェックしている人が多いようだった。

壁の向こうはアジア感たっぷりの中華屋台街

このフロアのおもしろいのは、チャイナタウンの名物料理店を集めた庶民的な屋台街フートン(Hutong)と壁をはさんで隣合わせになっているところ。
東南アジアらしい雰囲気が感じられる。

これから進化が楽しみなジャパンストア

気になった点を挙げるとすれば、例えばローカルのブログなどを読むと席の確保が厳しいといった指摘もあった。
また以下は個人的な感想であるが、
1 まず店で頼んだものの注文票を発券してもらい、
2 フロアを総括しているキャッシャーでお金を払いレシートをもらう。
3 再度店に戻って支払い済みのレシートを見せて初めてオーダーができる。
この一連のプロセスはわかりにくように感じた。

「日本食のセレクションが多く、フードのクオリティも素晴らしい。日本がそのままここにあるようだ」と語っていたのは今回が2度目の来店だという中華系マレー人の30代女性。
家族旅行で訪日経験もあり、Isetan Members Card(マレーシアの伊勢丹ポイントカード)も持っているとのことだった。

ゆったりとした食料品コーナー

ダイニングエリアとそのままオープンスペースでつながっている日本食品及び関連商品売り場。
包丁など生活用品を扱う日本橋の老舗店のおろし金や、浅草有名すき焼き店のわりしたなど、日本のデパートとほぼ同じようなアイテムが取り揃えられていた。

お弁当はRM15(約390円)。
惣菜のテイクアウトなどもあり、ここでも日本のデパ地下の再現性がすごい。
お弁当や惣菜は日系のスーパーなどでも扱っておりこちらもすでに日本食の定番となっている。
ただしマレーシアではローカル食の持ち帰り、テイクアウトメニューはRM5(約125円)ほど。

日本式ホスピタリティのダイニング体験

 

4階にオープンしたレストラン街のザ・テーブル(The Table)。
2017年5月現在では、5店舗展開で11:00から営業している。
博多水炊き・とり田(TRORIDEN)、和ごころとんかつ・あんず(TONKATSU ANZU)、すし・麻布(SUSHI AZABU)、TORAJI(YAKINIKU TORAJI)、THE TOKYO RESTAURANT。
フロア全体が落ち着いた雰囲気で、オーセンティック(本物)のプレミアムダイニングという本物の和食を提供するというコンセプト。

ローカライズしない日本の料理を食べられるとあって、こちらも在マレーシアの日本人はもちろんローカルのマレー人にも話題となっている。
現在クアラルンプール首都圏には約600店もの日本食レストランがある(JETRO調べ)、その中でも最近は「日本から出店」というブランド性が重要な要素であるようにも思われる。

 

参照:
http://www.isetankl.com.my/pdf/ISETAN_TheJapanStore.pdf

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000354.000008372.html

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介