ホーム >  カンボジア > 空前のカフェブーム!老いも若きもコーヒーが好き!(ローカルカフェ編)

空前のカフェブーム!老いも若きもコーヒーが好き!(ローカルカフェ編)

LINEで送る
Pocket

ルーツはフランス、カンボジアのコーヒー文化

キレイなお姉さんも近所のおじいちゃんも、学校帰りの学生も若いカップルも、老いも若きも街角のカフェに集い、コーヒー片手におしゃべりする。
カンボジアでは、首都プノンペンでも世界遺産の街シェムリアップでも、はたまた田園風景の広がる田舎街でも、街を歩けばあちらこちらにカフェがあり、のんびりとコーヒーを楽しむ人たちの姿が見られます。

コーヒーが生活に根付き、今やカンボジアの風景の一つとなったコーヒー文化。
そのルーツはフランス植民地時代と言われています。
カンボジア人が愛してやまないコーヒー文化について、まずはローカルカフェ編からお伝えします。


IMG_1160カンボジアの一般的なローカルカフェ

実はコーヒー生産国のカンボジア

日本ではまだほとんど知られていませんが、実はカンボジアは知る人ぞ知る、コーヒー生産国なのです。
カンボジアで栽培されているコーヒー豆は、日本で一般的な「アラビカ種」ではなく、低地でも栽培可能な「ロブスタ種」と呼ばれるもので、カンボジアの北東部、モンドルキリやラタナキリで生産されています。
ほんのり甘い香りと、酸味や苦味のない、日本人にもなじみやすい味が特徴的です。

自国で栽培されたコーヒー豆を飲むことのできるカンボジア人にとって、コーヒーは非常に身近な飲み物です。
そして当然のことながら、カンボジア人は自国で生産されているカンボジアコーヒーに誇りを持っており、皆が満面の笑みで「ベトナムコーヒーより美味しいぞ!」と口々に自慢してきます。
まさにカンボジア愛。
そしてコーヒー愛。
これは、カンボジアにコーヒー文化が根付いた要因の一つといえるでしょう。

「甘い」は最上級の贅沢?カンボジア人の常識

日本も昔はそうだったように、カンボジアでは、「甘い」ことは最大級の贅沢です。
料理にもおやつにも、とにかく砂糖を大量に投入します。
コーヒーもとにかく甘くするのがカンボジア流。
まずはグラスの3分の1まで、コンデンスミルクを注ぎます。
そこに砕いた氷を山盛りに入れて、その上からネルドリップで抽出した濃い目のコーヒーを注ぎます。
お店によっては、コンデンスミルクに加えて大量の砂糖が入っていることも。
とにかく甘い!
でもなぜだか次の日も、その次の日も飲みたくなる。
なかなか中毒性のある美味しさです。

ちなみに、ブラックコーヒーを頼んでも油断できないのがカンボジア。
ブラックコーヒーにも大量の砂糖が入っているため、ストローからザラザラと砂糖が口に入ってきます。
甘くないブラックコーヒーが飲みたい時には、「砂糖入れないで」と忘れずに伝えましょう。


IMG_1154コンデンスミルクたっぷりの2層式

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。